My Photo
July 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

2021.07.31

「荒海式」と「スクール式」

外国語の習得にはいろいろなやり方があるのでしょうが、どのやり方にしても、とてつもない努力(仕事量)が必要になります。いつでも学習の結果は才能に努力を乗じたものです。

そのやり方の例として、「荒海式」と「スクール式」の2つの違いについて書きたいと思います。「荒海式」とは、外国語が全くわからない状態でいきなりネイティブ環境に掘り込まれるというやり方です。泳げない人を荒海に掘り込んで泳ぎを覚えさせるというあのやり方です。「スクール式」とは、ちゃんとした先生について文法や発音を基礎からみっちりやる方法です。スイミングスクールに通って泳ぎの基本的フォームから練習するイメージです。

往々にして「荒海式」は、誰でもできる、できて当たり前、オレでも同じ環境だったらできた、ように思われがちです。しかし、「荒海式」経験者は、それぞれ死ぬ想いをしてきているのです。無意識かもしれませんが、そこには必死の努力があったワケです。自分が留学時代にも帰国子女っぽい人もいました。正直、自分なんかじゃ逆立ちしてもう敵わないくらいの差がありました。だけど、上述のような負け惜しみは少しも思いませんでした。人に環境や才能の差があるのは当たり前で今さらそこを愚痴っても無意味だからです。しかも、相手は無意識ながらも死ぬ想いの努力をしてきているのです。

しかし、神さまは我々に逆転の道具を用意してくれました。初代貴乃花は、若嶋津に対して、「体の小さい者は大きい者の3倍努力してやっと同じ条件になれる」と言いました。環境や才能の欠如は、努力で縮めることができるのです。結局自分はその人との差を努力で埋めることはできませんでしたが、それは自分の努力が足りなかったからです。努力ですべてがなんとかなるのはマンガの世界で、現実には「縮める」くらいしかできないこともありますからね。

話がとりとめのない方向に進んでしまいました。この他にも「荒海式」と「スクール式」の長所短所など書きたかったのですが、今日はここまでにします。

2021.07.19

ストレスの話

ストレスを溜めてはいけない、とか、ストレスを発散させなければならない、とか、良く聞く話です。しかし、実は往々にして、自分たちは、どういうストレスがあるかすら気づいていないということがあるのです。

と、いきなり結論から書いてしまいましたが、こういうことがあったのです。

自分は健康のため、朝夕の「健康自転車運動」をしております。普段はロードレーサーというも烏滸がましいドロップハンドル(形だけ)の自転車を使っておりますが、雨天時や荷物積載の必要性から、時々ママチャリを使うこともあります。

で、そのママチャリですが、最近後輪から異音が発せられることがあり、家の近くの自転車屋さんで見てもらいました。自転車屋さんはさすがプロですね。すぐに「ベアリングの異常」と診断を下しました。ついでに気になっていたブレーキの異音(キーッというヤツ)についても相談してみたら、劣化しても異音を発しないブレーキに交換できるとのことでした。ふたつで金6000円とのことで少し張りますが、思い切ってお願いしました。

直してもらった結果、すごく快適です。実はこの二つの異音は自分にとってストレスだったことがわかりました。「本来の自分はこんな上機嫌な人間なんだ」とすら思ったくらいです。特にブレーキ。スーッと止まれるのがこんなに気持ちがいいなんて、思っても見なかったです。

というわけで、冒頭の結論に至ったという次第であります。

2021.07.12

免疫の話

免疫というものは、それ自体が生命の根源と言っていいほど、原始的で原理的な話になります。簡単に言うと自家製でないタンパク質が体内に入ってきたらそれをやっつけるということです。生きるということは「自分の免疫系を保ち続ける」ということでもあります。

この免疫という仕組みは人類がまだ単純な生物だったころからあるとても原始的なものでそれに起因する不快感はかなり強烈なものがあります。

例えば、寄生虫というものに対して、我々は強烈な嫌悪感を抱きます。それは、彼らが体内に存在する別の生命体であるからです。

あと、免疫という仕組みは、縄張りという仕組みに似ています。犬が散歩をするのは縄張りの確認のためです。犬は縄張りを確認し、所々にマーキングをします。マーキングをした場所には自分の匂いがついて、安心感をもたらし、いい匂いに感じるでしょう。もし、ほかの個体の匂いがついていたら、それは不安だし、不快感を感じるでしょう。他人の匂いが不快に感じるのはそういうことなのです。

また、ゴキブリという昆虫は、人間の住居で繁殖することに適応し、家の中にたくさんいます。ゴキブリが気持ち悪いのも家の中にいるからです。自分の縄張りと関係ない外の野原や木葉の下にいても、そんなに気持ち悪くないでしょう。

次に女性にとっての性行為について書きます。女性にとって性行為とは、「他の生命体が体内に入ってくる」ことを意味します。望まないそれがいかに気持ち悪いものか想像できるでしょう。

最後にイジメについて。イジメは人間の集団の免疫活動です。構成員が均一な集団にとって、変わった個体が入ってくることは、集団の危機とみなされることがあるようです。鶏の群れの中に違う色のトサカの鶏を入れるとみんなからつつかれるというアレと同じです。いじめられるのは、弱い人ではなくて、変わった人なのです。それが集団にとって有益なこともあるでしょうが、大概は過剰反応でアレルギーのような害しかもたらしません。

いろいろ書いてしまいましたが、まだあると思います。

2021.07.06

令和3年度司法書士試験

今年の試験も終わりました。

択一は、自己採点で午前27問、午後24問と昨年より一問づつ増加しました。難易度は、今年の方が難しかったと思います。今年はどちらも基準点突破といきたいところです。

記述は、ボロボロです。午後の部で最後時間に余裕があったのがよかったです。

結果は不合格でしょう。これからもう一年がんばります。

2021.06.27

全国模擬試験残りのまとめ

試験まであと一週間となりました。

模試も第三回まで受けました。

第二回の午前の部と第三回の商業登記記述でB判定をとりました。これは以前にはなかったことです。

今年の試験ですが、正直無理でしょう。「コレだ!」という学習法が3月になってやっとわかったということで、これからこの是田学習法を使って積み上げていきたいと思います。

合格は時間の問題です。

2021.06.22

奇妙な考え方の話

ウチの子供は2人とも不登校です。子供が不登校になると、先生と接する機会が多くなります。その中で奇妙な考え方に出会うことがあります。

その考え方は「嫌なことを一生懸命にやっていると必ず成功する」という謎理論です。この考え方は、保護者である自分に向けて発せられることはないのですが、子供本人に発せられることが多いようです。

まぁ、世の中には嫌なことを一生懸命にやって成功した人もいるでしょう。同時に同じようにして、成功できなかった人もたくさんいるでしょう。また、別の方法で成功する人もいるのです。

そういう成功を否定する気はありませんが、絶対必要条件ではないことがいえますし、成功しなかった人は「努力が足りなかった」という負い目を持ち続けて生きていかなければなりません。また、そのやり方で成功しても、さらなる「嫌なこと」が目の前に現れたら、それをやり続けなければなりません。そういう考え方にとらわれてしまった人は往々にしてそういう人生になりがちです。

例えば、嫌で嫌で仕方なかった勉強を一生懸命やって、大学に行って、一流企業や官公庁に就職したとしましょう。そこで上司から「チャレンジ目標達成のため」とか「官邸案件」とか言われてデータ改竄やウソの報告書を書くように言われても逆らえないわけです。それが自分の良心に反し、「嫌なこと」であってもやらなければ成功できないわけです。

あくまでも仮定の話ですが、そういう人生って、正直羨ましくないですね。

2021.06.03

第一回全国模擬試験

先月の23日に第一回全国模擬試験がありました。その結果が出たので、総括します。

自分としてはB判定が欲しかったのですが、不動産登記の記述がD判定(派手に枠ズレ)だった以外はC判定と「あまり去年と変わってないんじゃないか?」という結果に終わってしまいました。

今回の試験では、午後の部の民事訴訟民事執行民事保全の科目が高得点だったことが挙げられます。これには理由があって、今年の3月くらいに新しい学習法を始めまして、そのやり方は、どちらかというと入力に重点を置いたやり方で、効果も実感できていました。今回の高得点はこのやり方が2ヶ月近くが過ぎても効果が衰えないことを表しています。

ところが、4月になって、直前期になったので、マイナー科目ではなく、メジャーな民法の勉強を始めました。民法はもう何回もやっているので、手を抜いてしまいました。今回の試験で民法の得点が他の教科とほぼ同じだったのでこのやり方ではダメだということもわかりました。

今回の試験で3月のやり方が正しく、4月のやり方が間違っていることがわかりました。

今は不動産登記法の学習に入ってますが、3月のやり方に戻しています。おそらく、第二回第三回と不動産登記法の得点が上がっていくでしょう。それと共に3月でやった科目の点数の下がり方に注視したいと思います。

2021.05.26

髭剃りの話

自分はヒゲが濃い方で若い頃からいろいろなヒゲ剃りを試して来ました。いろいろやってみて、自分には電気式よりカミソリ式の方が良いことに気づきました。ただ、かみそり式の難点は、洗うのが難しいことでした。そこで「シックウルトラ」という髭剃りを使っていたのですが、やはり、最新のものが気になります。

そこでいろいろ調べたところ、フュージョンという機種が(これはシックではない)洗いやすく、5枚刄で良さそうだと気付きました。

で、変えてみたら、やっぱりすごいてすね。さすが21世紀って感じです。

まぁそれだけの話です。

2021.05.21

【漢詩】自河南経乱関内阻飢兄弟離散各在一処因望月有感聊書所懐寄上浮梁大兄于潜七兄烏江十五兄兼示符及下[圭β]弟妹

こういう題の詩です。律詩や絶句といった近体詩は内容が短いので、詠んだときの背景まで書ききれないということがよく生じます。でも、背景を入れたいというときは、序文を付けるか、こうやって題名にダラダラと書き連ねることになります。逆に背景を知られたくないときは「無題」などといった題名をつけることもあります。

だから、漢詩において題名というものはとても重要で、漢詩じゃなくても、題名をおろそかしている文章を見ると「なんだかなぁ」と思ってしまいます。

で、この詩ですが、七言詩です。内容は暗いです。これは、前に書いた「あまりにも暗すぎる曲を長調で作曲する」ような感じがします。そこで題名を見てみると「寄」の文字があります。つまり、この詩は各地のいとこたちに郵送したものなのですね。

手紙を受け取ったいとこたちからするとこの内容で五言詩だったとすれば落ち込んでしまうでしょう。でも、七言詩であれば救いを感じるんじゃないでしょうか。

そんなことも感じました。

2021.05.17

【備忘録】アホウドリとウンカ

アホウドリは鳥島で繁殖した後、アラスカ沖まで行く。アラスカ沖から鳥島まで正確に帰ってくるが、星や太陽を見て、位置を掴んでいるようだ。

ウンカは、インドあたりで発生し、上空に上がって気流に乗って日本まで飛んでくる。

«【備忘録】鳥の食べ方