My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 四川省編 | Main | 岳陽・赤壁編 »

2003.12.29

当陽編

時系列目次へ / 省別目次へ

みな さん、こんにちは。

 今回は当陽編です。当陽は宜昌(三峡下りの船は大体ここで降りる)から車で
1時間か2時間くらい東北に行ったところにある小さな町です。ここは、長坂坡
や麦城など三国ファンにはたまらない史跡の宝庫です。

 68.長坂坡公園

 ここは、趙雲が劉備の息子・阿斗を抱えて突進した有名な古戦場を記念して作
られた公園です。公園内にはいろんな楽しい塑像がいっぱいあって三国ファンな
ら楽しめること請け合いです。

 69,関陵

 ここは関羽の死んだ場所の近くでもあるので大きな関帝廟があります。ここの
関帝廟は中国三大関帝廟の一つだそうです。ちなみにほかのふたつ(解州、洛陽)
はすでに踏破済み(って、旅行ばっかりしてないで、勉強しろよ!!って感じっ
すか(^^:)

 70,張翼徳横矛処

 ここは張飛が矛を横たえたところ(多分、橋のたもとにたって叫んだところだ
と思う)です。今は、川の流れが変わってしまって川はありません。(石碑があ
るだけ)

 71,靡夫人像

 ここは当陽の町中から周倉墓に向かう途中にあります。劉備の奥さんで、阿斗
を守るために死んだ方。

 72,周倉墓

 これは麦城村にあります。行ったら閉まっていました。まあ、騒いだら開けて
くれただろうけれど周倉は架空の人物だし、むしろ、下に書く麦城跡の方が大事
なので外から写真を撮るだけにしておきました。

 73,麦城跡

 ここに行くのは苦労しました。土地の人に聞いても言うことが食い違うし……
最後は土地の古老のお世話になりました。今は石碑と土まんじゅうが残っている
程度。それでも当時を思い浮かべるのにちょうど良い環境でしたし、古老の人柄
と相まって忘れられない場所の一つです。(思えばこのあたりからマイナー遺跡
探訪への危ない喜びが目覚め始めたような……(^^:)

 実はすでに夏休みに突入してしまいました。夏休みは旅行しまくる予定だった
のですが、野暮用で帰国しなければならなくなり、あまり旅行はできないでしょ
う。まあ、そんなこんなで連載の方も間が空いてしまいますがご了承下さい。

 ではでは、再見!!

02/06/30(日) 09:14 河村 豊(HQE01543@nifty.ne.jp)

時系列目次へ / 省別目次へ

« 四川省編 | Main | 岳陽・赤壁編 »

中国遺跡巡り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 当陽編:

« 四川省編 | Main | 岳陽・赤壁編 »