My Photo
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« はじめに | Main | 西安東線編 »

2003.12.27

西安西線編

時系列目次へ / 省別目次へ

みなさん、こんにちは。

 と言うわけで、今回は西安の西に連なる一連の遺跡群です。この西線には残念
ながら東線のような便利なバスがなく、まとめてみるのはタクシーをチャータす
るかツアーに参加するかしかありません。当方は中国人ツアーに参加したのです
が、どちらかと言えばタクシーの方をお奨めします。(値段は張りますが)

 4、咸陽博物館

 ここは小さい兵馬俑(漢代)とひとこぶラクダの唐三彩が印象に残っています。
後は……何があったっけ(^^;?

 5、茂陵

 ここは漢の武帝の墓です。ここに霍去病の墓とかもあるのですが、ツアーに参
加していたため登る時間がありませんでした。ツアーの弱点はここにあります。
見たいものを思い切り見ることができないのです。(そのくせ変な遺跡とか土産
物屋とかにはたっぷり時間をとる(^^;)

 6、乾陵

 ここは武則天と高宗がまつられている墓です。ガイドさんの話によると皇帝二
人が1つの墓にまつられているのはここだけだそうです。まあ、ここは超有名な
無字の碑とか首なしの使節像などがあります。本で見たものを実際に見ることが
出来るというのもいいものですね(^^)。

 7、法門寺

 ここは仏舎利があることで有名なお寺です。道路工事中だったので本来は行く
予定ではなかったのですが、ツアー参加者の中に熱心な仏教徒がいまして、道無
き道を行く羽目に……(^^;。まさに「セガラリー」の世界でした。これはこれで
楽しかったのですが、仏教徒たちは、菩薩に感謝はしても一生懸命がんばったガ
イドさんには全く感謝していませんでした(^^;。で、肝心のお寺ですが、なかな
か雰囲気があって良かったです。……が、後日博物館など結構重要な場所を省略
されていることを知り、「もう一度行く遺跡」に加えられることになりました。
これだからツアーは……(^^;。
(後日談)その後、ここには二回ほどいきました。博物館はかなりおすすめです。展示物はきんきらきんでなかなか豪華でした。

 あと永泰公主の墓なんかも行ったのですが、「入って出てきただけ」と言う感
じです。ガイドさんの中国語もちょっと離れた場所で聞いていたのでよくわから
なかったし……(^^;。

 というわけで、今日はこれまで。次回は西安市内編を予定しております。

 ではでは、再見!!

01/08/23(木) 15:53 河村 豊(HQE01543)

時系列目次へ / 省別目次へ

« はじめに | Main | 西安東線編 »

中国遺跡巡り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9900/54758

Listed below are links to weblogs that reference 西安西線編:

« はじめに | Main | 西安東線編 »