My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 三蘇村編(+鄭州) | Main | 広西壮族自治区編 »

2003.12.29

承徳編

時系列目次へ / 省別目次へ

みな さん、こんにちは。

 今回はメジャーな場所というわけで、承徳にしました。何と言っても世界遺産
ですから、一応メジャーにしておいてもバチは当たらないでしょう(^^;。ちなみ
に承徳は、街が小さい、ゴミだらけ、電柱に法輪功の宣伝ビラ発見、などの印象
があります。が、一番の印象は、とにかく暑い、ということでした。ここは、皇
帝の避暑地だったはずなのですが、むちゃくちゃ暑かったです。また、ここで印
象的だったのは安宿(一泊20元くらい)のおじいさん。むちゃくちゃやすい宿
に(中国人に化けて)泊まったのですが、そこのおじいさんのサービスが素晴ら
しかったです。

 ちなみに避暑山荘と外八廟が世界遺産です。外八廟については、記憶を補完す
る写真が出てこないので、完全におぼろげな記憶が頼りです。で、おぼろげな記
憶によると、普佑寺は工事中、溥仁寺は存在せず、殊像寺は記憶なし……という
状況です。というわけで、外八廟は、五つだけ紹介します。

148,避暑山荘

 ここは、清王朝の歴代皇帝が夏の間住んでいた場所。というわけで、故宮と同
じような機能を持っていたのですが、故宮よりは地味目。私にとっては、ここは
『戯説乾隆』の撮影場所になったという意味合いの方が強いです。実際、「ここ
はあのシーン」という場所もありました。(二三カ所だけですが)

 149,安遠廟

 外八廟の一つ。ここは、小さいながらもチベット仏教の雰囲気があって、なか
なかよかったです。あと、ここだったか、次の普楽寺だったか、高台にあって、
他の外八廟の全景なども見ることが出来てなかなかよかったです。(実際に行く
より、ここで見た方がきれいという気も……(^^;)

 150,普楽寺

 外八廟の一つ。ここは、北京の天壇風の建物があります。

151,普寧寺

 外八廟の一つ。ここには世界最大の木彫り観音像があります。確かに大きく、
迫力がありました。

 152,須彌福寿之廟

 パンチェンラマの寺を模して造られたというお寺さん。やはり、外八廟の一つ
です。かなりでかいですが、壁の赤い塗装がはげてきていて、ちょっとみすぼら
しいかな、という気もしました。

 153,普陀宗乗之廟

 ここも、外八廟の一つ。ポタラ宮を模して造られたそうですが、やはり、塗装
がはげてきていて……う~ん、な感じです。ここに来て、本物のポタラ宮を見た
くなりました。(ただ、規模はやたらでかいです)

 154,金嶺山長城

 承徳から北京に行く途中(北京市と河北省の省境)にある万里の長城の一部。
私は、承徳からバスで行きました。ここの観光は、登山になります。私が行った
のは夏だったので、かなりきつかったです。ここから、司馬台まで歩いて行ける
そうなので、時間と体力のある方は是非挑戦してみてください。

 というわけで、今月は承徳でした。ちなみに承徳といえば、中国では有名な飲
料「露露」の本社があることで有名です。で、「露露」の本社に行って、「露露」
のみ放題とか、やってみたかったのですが時間の関係上断念しました。(たぶん
行っても出来ないと思います(^^;) まあ、私的には、『戯説乾隆』のロケ地を
見ることが出来ただけで満足でした。

 それでは、また。

03/12/06(土) 21:27 河村 豊(HQE01543@nifty.ne.jp)

時系列目次へ / 省別目次へ

« 三蘇村編(+鄭州) | Main | 広西壮族自治区編 »

中国遺跡巡り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 承徳編:

« 三蘇村編(+鄭州) | Main | 広西壮族自治区編 »