My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 西安東線編 | Main | 宝鶏編 »

2003.12.27

西安市内編

時系列目次へ / 省別目次へ

みな さん、こんにちは。花の都は長安の西安交通大学という一流大学に語学留
学している三流留学生こと河村であります。

 というわけで、今回は西安市内編。そろそろワケの分からないマイナー遺跡が
出てきます(^^;。

 1,秦襄王陵

 動物園の東にある「地元の人は『韓信の墓』と勘違いしているが、本当は『伝
荘襄王陵』で、ホントのホントは『孝文王陵』かも知れないナゾの墓」です(^^;。
(詳しくは中国歴史ML過去ログ参照) 当方が行ったときは、ゴミ捨て場のよう
なところを通り抜けねばならず、かなり苦しかったです。

 2,大雁塔

 ここは超有名……なだけに土日休日に行くと人が一杯であると思われます。当
方は、平日に行ったのでとても静かでいい雰囲気を味わえました(^^)。なぜか蘇
東坡先生や王羲之の拓本を売っていました。あと、精進料理屋らしきものも見つ
けたのですが、入っていません。

 3,城壁

 明代に作られたもので今や西安のシンボル。お金を払うと上まで登らせてくれ
るらしい。
(後日談)
城壁の上にカートが走っていて、お金を払うとかなり遠くまで連れて行ってくれます。私も乗りましたがなかなか楽しかったです。


 4,碑林博物館

 ここは、いろんな石碑がたくさん集まっているところ。書道に関心のある人に
は垂涎でしょう。あと、三国志ファンにも「司馬懿のお父さんの事績を記した石
碑」などがあり、結構楽しめるかも?
(後日談)
三国志といえば、蔡ヨウの書いた書道作品もあったような……。あと、石刻美術館もあり、ここには仏像や画像石などが展示されていてなかなか面白いです。

 5,陝西省歴史博物館

 ここは昔から清代くらいまでのものを古い順番に展示してある博物館です。こ
こは日本で見たことある「アレ」や「コレ」が置いてあります(^^;。噂によると
永泰公主墓の壁画(本物)がここに保存してあり、200元払うと見せてくれる
らしいです。(昔は無料だったらしい)

 6,青龍寺

 弘法大師が修行されていたと言う「日本人しか行かない」遺跡です。日本から
寄贈された「ソメイヨシノ」が植えてあり、そういう意味でも日本人にとっては
貴重な場所です。(他の場所にも桜は有りますが、全て八重桜です(T_T))

 7,興慶公園

 ここは、昔、唐玄宗と楊貴妃が住んでいたという場所。交通大学の北にありま
す。李白の詩に出てくる沈香亭なども再建されています。阿倍仲麻呂記念碑も有
ります。

 ……とりあえずこれくらいかな? あと、小雁塔・曲江・秦二世皇帝墓なども
行きたいのですが、まだ行っていません。もし、行きましたらまたレポートする
かも知れません。

 ではでは、再見!!

01/09/16(日) 09:13 河村 豊(HQE01543@nifty.xxx

時系列目次へ / 省別目次へ

« 西安東線編 | Main | 宝鶏編 »

中国遺跡巡り」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西安市内編:

« 西安東線編 | Main | 宝鶏編 »