My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« イギリスで貝拾いの中国人多数死亡 | Main | 秦桧の墓はニセモノでした »

2004.02.12

北京で外資企業の設立が規制緩和

 どうも中国人個人が中方代表となって合弁企業を設立することが出来るようになったようです。外国側も個人名義でokですから、私と妻(中国人)で合弁会社を設立することが出来るようになった……ようなものですか(^^;。それ以外にも、外国企業がM&Aで中国企業の株を買ったら「外資企業」として登録できるようになるとか、かなり規制緩和が行われたようです。下記日本語版にはありませんが、中国語版にはその他手続きが簡素化されたことなども書かれております。

【北京】外資系との合弁 個人にも認可へ

北京市工商局は11日、外資系企業の登録制度に関する一連の改革措置を発表した。新措置では、域外の経済体や個人との合弁企業の設立を、個人にも新たに認めた。

« イギリスで貝拾いの中国人多数死亡 | Main | 秦桧の墓はニセモノでした »

中国ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北京で外資企業の設立が規制緩和:

« イギリスで貝拾いの中国人多数死亡 | Main | 秦桧の墓はニセモノでした »