My Photo
January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 中国:外資企業の試練 | Main | 中国テレビ事情(1) »

2004.03.22

ついに寛帯導入!!

 ついに我が家も寛帯(ブロードバンド)導入にいたりました。実は去年の12月から申請していたのですが、なんじゃかんじゃとありまして、結果的に三ヶ月以上もかかるロングラン申請になってしまいました。で、半分あきらめていたところ、今日家に帰ったら「寛帯入ったよ」という妻の言葉が……。

 早速、いろいろとやってみました。まず、やってみたのがグーグルツールバーのDL。英語版をDLしましたが、どういう訳か、ページランクが表示されません。まあ、いいですけれどもね。

 あと、これで新しいパソコンでネットできるし……ついに「にふたーむ」やめて「しゅりけん」をメーラーに使っているし……10daysbookというサイトに行って、『唐詩三百首』をDLしたし……テレビ電話したいけど、カメラを買ってないし……ほかにおもしろい使い方ありますかね。

 ちなみに私、日本にいたときはまだブロードバンドが普及していない時期でして、未だダイアルアップしか知らない世代なんです。欧吉桑もこれで少しは時代に追いつけたかも?

« 中国:外資企業の試練 | Main | 中国テレビ事情(1) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

中国生活情報」カテゴリの記事

Comments

ブロードバンドを「寛帯」って言うんですか?中国語では。
河村さんは、日本製のパソコンをお使いですか?私には中国の生活は分からないことだらけです。

ところで私は、今ネットはほとんどドコモのPHSの使い放題を使っています。一応アナログ回線仕様のDIONもキープしています。(外にいることが多いです。)でもPHSは64キロなんで速度は遅いです。うちのあたりは光なんでADSLはもう引けない
しで・・・
ネット方法は今検討中です。

すみません。こんなコメントで・・・

寛帯導入おめでとうございます。いきなりですが、こちらでは先日紹介した台湾テレビ局の網路直播が見られなくなってしまいました(^^;)。
「10daysbook」は知りませんでした。「青空文庫」はご存じですか?著作権切れの本が無料で読めます。
http://www.aozora.gr.jp/

 MERIさんへ。私の使っているパソコンについては、こちらをご覧ください。

http://zuiyue.air-nifty.com/blog/2004/02/post_45.html

 64キロですか、昔私がやっていたPHSのピアフとかいうのもそれくらいだったような気がしますね。あと、ピアフを使わないときは、セルラーケーブルを使ってモバイルしていました。欧吉桑=台湾ではおじさんの意味=の昔話になってしまいました。

 あと、岸上さん、私もうまくみることができなかったのですが、マシントラブルという訳ではないのですね。まあ、仕方ありません。

 あと、青空文庫は忘れていました。昔の人が書いた漢詩の本とか読んでみたいですね。

 それでは、また。

BBの醍醐味はやはりチャット(時間を気にしなくていい)とネットワークゲーム(データ量を気にしなくてもいい)ではないでしょうか?ということで、ぜひ中国のネットゲームに参加して感想をお聞かせ下さ~い。
自分も興味はあるんですが、PC環境や言語能力がもひとつなので二の足を踏んでおります。。。

 ゴムの人さん、どうもコメントありがとうございます。

 チャットは日本語でもあまり得意でないし、ネットゲームは、はまると怖そうなので(^^;、とりあえず、やる予定はありません。

 というわけで、私も二の足ですが、いつか参加したならば、必ずレポートいたしますです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9900/339715

Listed below are links to weblogs that reference ついに寛帯導入!!:

« 中国:外資企業の試練 | Main | 中国テレビ事情(1) »