My Photo
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 一本の油条と二個の鴨蛋 | Main | もう少しで開幕です »

2004.04.14

紅牛(レッドブル)

 もう一つ、oachianさんへのトラックバックネタ。

蓮霧の季節: 蠻牛

 上のリンクに台湾のスポーツドリンク蛮牛について、書かれています。

 これを読んで思い出したのが、紅牛=英語名は、レッドブル=と言うスポーツドリンクです。私が中国に来て、この紅牛を見たときは、本当にびっくりしました。

 と言いますのも、レッドブルといえば、ヤマハのサテライトチームレッドブルヤマハのスポンサーであり、レッドブルヤマハといえば、ギャリーマッコイという個性満点のライダーを擁するチームだったからです。ギャリーマッコイは、ロードレースなのに、オフロードレースのようにドリフトしながらバイクを操ってしまう変わったライダーで、コーナーを横になりながら曲がってくるあの映像を見れば、誰もがビックリ……という独特のスタイルを持ったライダーです。

 日本にいたときは、レッドブルというのは、甘いイチゴ味のスポーツ飲料で、ヨーロッパなどで売られている、とは聞いていましたが、飲んだことがなくて、どんな味がするんだろう……と思っていただけに、まさか中国でこの飲み物に出会うとは思っていませんでした。……で、実際に飲んでみたのですが、むちゃくちゃ甘いイチゴ味です。これは日本では売れないだろうな……という甘さでした。私は好きですが……。

 ちなみに今、チームレッドブルヤマハはありません。また、マッコイ選手も、昨年カワサキワークスで鳴かず飛ばず、今年は結局Motogpから去り、スーパーバイク選手権にまわらざるを得なくなりました。今、レッドブルのHPを見たら、レッドブルは、どうもマッコイ選手のスポンサーもやめたようです。(かなりガッカリ)

 日本語でしたら、以下のページにレッドブルの詳しい解説が載っています。(でも、中国で売っているレッドブルとカンのデザインと大きさが違います)

レッド・ブル

« 一本の油条と二個の鴨蛋 | Main | もう少しで開幕です »

二輪レース」カテゴリの記事

Comments

中国の紅牛(RedBull)はとても懐かしいです。日本に来る前に北京で広告会社に勤めた時に、紅牛の広告代理でした。あのカンのデザインは私も参加しました。ただで、よく飲みました。私はまあまあすきでした。体に良さそうよ。
でも、紅牛はもともとタイに生まれて、欧米に伝わったと思います。時間があればhttp://www.redbull.com.cn/about01.htmを参考してください。

 え~っ!! あのレッドブルのカンのデザインに参加されたんですか~。すごいっす。かなり尊敬です。

 で、紹介されたURLに行って来ました。確かに紅牛維他命飲料有限公司の説明だとタイで生まれたことになっていますね。オーストリアの「オ」の字も出てきません。

 また、オーストリアのレッドブル社のHPにある各国支社一覧にも中国がないんですよね。

 ……と言いながら、マークは一緒、でも、カンのデザインは違う(私は、中国の方がかっこいいと思いますよ)

 う~ん、なぞですね。ちなみに紅牛維他命飲料有限公司のHPにあるバイクはレッドブルヤマハのデザインにそっくりです。あと、私は、中国でレッドブルヤマハの卓上カレンダー(販促用)をゲットしたことがあります。

 ……ということは、レッドブルヤマハのスポンサーはオーストリアレッドブル社ではなく、紅牛維他命飲料有限公司だった……というあり得ない結論に達しました(^^;。

結論は面白かった^^。世界は結構大きいですけど、時々に狭いですね。不思議です。ただ紅牛飲料のことだけで、人と人の距離はぎゅっと縮まった感じします。
そうか、深圳と京都はもともと遠くないか。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9900/441768

Listed below are links to weblogs that reference 紅牛(レッドブル):

« 一本の油条と二個の鴨蛋 | Main | もう少しで開幕です »