My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 嫌いな食べ物シリーズ:八角 | Main | 健康才是硬道理 »

2004.05.11

お気に入りの店:西域情

 私が住んでいる深センの蛇口地区にはたくさんのレストランがあります。特に日本料理屋がたくさんあって、ちょっと過当競争なんじゃあ……という気すらします。

 というわけで、あまり中華料理(というか中国地元の料理)には行かなかったりするのですが、その中で一軒だけお気に入りの中国料理屋さんがあります。

 その店は「西域情」と言いまして、陝西省と甘粛省の料理が食べられるというお店です。深センにも陝西料理屋さんはたくさんあり、私の大好物・岐山sao子麺も、いろんな店で食べましたが、はっきり言ってほとんどがニセ物でした。が、ここで食べる岐山sao子麺は、「麺再現度0%」「スープ再現度80%」「具再現度60%」と本場のものとはかけ離れているものの、深センで食べることを考えれば合格点をあげてもいい料理に仕上がっています。あと、蘭州ラーメンもおいしいよ……って、あまりにこの二つがおいしいのでそれ以外を食べたこと無かったりして……(^^;。

 ほぼ毎週行っていますが、この二つのメニューだけで事足りてしまっているので他のメニューについてはよくわかりません。あと、岐山sao子麺も、辛くて酸っぱいので、普通の日本人の口には合わないと思われます。……というか、頼んだら服務員が必ず「この料理は辛くて酸っぱいけど、いいですか?」と確認してくるという……つまり、深センの中国人にもかなりきつい味と言うことですね。(蘭州ラーメンはかなりあっさり目の豚骨ラーメンという感じの味です)

 ちなみに私は麺を食べるときは、生のニンニクを頼みます。生のニンニクをちょっとずつかじりながら麺を食べるとこれがまたおいしいんですね~、でも、この技は土曜日にしか出来ません。(時々、日曜日にもやってしまう(^^;)

 まあ、中国料理店の場合、通っているうちにイヤな目に遭い(主にサービス面(^^;)、結局行かなくなるというパターンがあるんですが、この店の場合、今のところイヤな目には遭っていません。

« 嫌いな食べ物シリーズ:八角 | Main | 健康才是硬道理 »

中国生活情報」カテゴリの記事

Comments

この記事を読んでいて、ふと思い出したんですが、中国で蘭州ラーメンといえば一般に日本のとんこつラーメンのようなものなんでしょうか?
数年前、広州に行ったとき、人民南路あたりの歩道橋の中二階につながっている食堂で食べたのが日本のラーメンそのものという味(とんこつかどうかは記憶にないですが)で、日式ラーメンかひょっとして日本のチェーン店かとまで思ったんですが、そこの店がたしか蘭州ラーメンなんとかだったと思います。店自体も日本によくある中華料理店と言う雰囲気で、日本にいるような、居心地のいい店だったように記憶しています。

 蘭州に行ったことがないので、私には「これが蘭州ラーメンだ」とコメントすることはできないでしょう。西安でもあまり食べたことないし……。

 とんこつスープといえば一番のお薦めは「小肥羊」……火鍋の店ですが、ここの三鮮スープがとんこつ味です。

 まあ、本当においしいのは「竹園村」だけど、この店は西安にしかありません。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お気に入りの店:西域情:

« 嫌いな食べ物シリーズ:八角 | Main | 健康才是硬道理 »