My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 中国のお米 | Main | 蒋彦永氏が拘束さる!! »

2004.06.12

窩窩頭

 窩窩頭というのは、トウモロコシの粉で作った三角形の形をした食べ物です。

 私は日本にいることからこの食べ物に注目していました。私がこの窩窩頭について知ったのは、中国語学習のテキストにしていた『戯説乾隆』というドラマからでした。当時の私はこの窩窩頭に関心を持ち、私の先生(中国人)に窩窩頭について聞いてみました。ですが、先生の返答はどうも要領を得ず「あなたが中国に行ったら、きっと判るはず」というだけでした。

 で、実際に中国に留学して、密かにこの食べ物を探していたのですが、どうにも見つかりません。留学後、一年ほどしてから、先生が中国に帰ってきたとき、「どうしても窩窩頭を食べたい」とお願いしてみました。で、先生が連れて行ってくれたのが「雑糧店」というレストランで、ここは、昔風の食べ物を食べさせてくれるレストランでした。

 実際に食べてみると、窩窩頭にはほのかに甘みがあり、とてもおいしかったです。その旨を先生に告げると、先生は「この店は高級な店で、この窩窩頭も特別なものだ。それにこの窩窩頭だって、毎日こればっかり、食べているとイヤになるよ」と言いました。

 この先生の答えからも判るように、窩窩頭というのは、どちらかというと貧乏人が食べる食べ物なのです。(しかも、小米のように健康食・ダイエット食として注目されているワケでもありません(^^;)

 私が北京に旅行したとき、スーパーで窩窩頭を見つけたので、うれしくなって「明日の朝ご飯用に」と一ケース買いました。次の日食べてみたら、全然おいしくなくて全部食べることが出来ませんでした。このとき、初めて先生の言った言葉の意味を知ったような気がしました。

 また、同時に、

 天搭下来也不用愁、腰里別着個窩窩頭

 と言う『戯説乾隆』の賈六のセリフの意味もはっきり理解できたような気がしました。

« 中国のお米 | Main | 蒋彦永氏が拘束さる!! »

中国生活情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 窩窩頭:

« 中国のお米 | Main | 蒋彦永氏が拘束さる!! »