My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« ついに妻が退院 | Main | 金メダルランキング »

2004.08.22

MotoGPチェコの結果

 以下は、本日行われたチェコGPの結果を含みます。











 ……というわけで、さっきまで見ていました。今回、NHKの放送は一週間後だそうで、上記ネタバレ標記も一週間おいとくべきかどうか……ちょっと悩んでいます(^^;。

 そんなことはともかく、今回生で見たのは250ccクラスとMotoGPクラスのみ。スタースポーツでしか放送していなかったので125ccは録画ダイジェストのみでした。

 250ccクラス

 このレースはヘンな展開でしたね。と言いますのも、序盤に5台のマシンがトップ集団を形成し、激しいトップ争いをしていたのですが、途中で雨が降り出し、トップグループの何台かが手で危険であると言う意味の合図をして、スローダウン。これは、赤旗中断か?……と思いきや、赤旗は出ず、結局スローダウンしなかったポルト選手がトップに。トップ集団は、一時的に結局大量にふくれあがりましたが、結局中盤以降には、4台に絞られました。序盤の5台のうち、青山選手だけがセカンドグループに飲み込まれるという結果になってしまいましたが、結局序盤と同じ展開で残り五周というところまできました。すると、トップ集団で様子を見ていたペドロサ選手が急にラストスパートをかけ、一気に独走状態になり、他のライダーを引き離しました。こうなると、ペドロサ選手で決まり……というパターンですが、最後の3週目くらいにまた雨が……。ここで、ペドロサ選手、合図をしながらスローダウン。しかし、やはり赤旗は出ず、結局、ペドロサ選手は3位に後退してそのままゴールイン。勝ったのはポルト選手で、雨が降っても赤旗が出るまでスローダウンしなかった、と言うのが最終的な勝因……というちょっとすっきりしないレースでしたね。

 MotoGPクラス

 結果的にはジベルノー選手のポールトゥウインでした。終始トップを走っていたジベルノー選手。残り五周くらいのところで、ロッシ選手の強烈なアタックを受けると、逆に本気を出してスパートし、ロッシ選手を引き離す「余裕の勝利」でした。ロッシ選手は、終始トップグループで頑張っていましたが、最後にはスパートしたジベルノー選手についていけず二位。三位には、ビアッジ選手が入りました。

 このレースでは、五台のマシンがトップ集団を形成していたのですがそのうちの4台はホンダ……というわけで、まさに「ロッシ選手対ホンダ」という図式がぴったり来るレースでしたね。

 日本人選手は玉田選手が4位の大活躍。これは16番グリッドからの猛烈な追い上げによるものです。予選は雨続きでBSタイヤとの兼ね合いもあってかいまいちでしたが、決勝では実力を見せてくれました(^^)。


« ついに妻が退院 | Main | 金メダルランキング »

二輪レース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MotoGPチェコの結果:

« ついに妻が退院 | Main | 金メダルランキング »