My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 中国農村の教育レベル | Main | 貧乏の典型1 »

2004.09.13

プレイ日記:尾屋高校09年秋

 これは以下のゲームのプレイ日記です。

高校野球シミュレーション3

 史上最強投手陣が引退し、秋の県予選を迎えた尾屋高校。レベルは投C打C走C守Bの総合Bです。守だけBと言う結果は「剛球、豪打」(「ノーコン、ザル守備」)をモットーとしている尾屋高校としては、ちょっと不本意ですが……つ~か、「剛球、豪打」というのは、145キロのエースがいたから言える言葉で、今となっては恥ずかしい限りの努力目標ですな(^^;。

 まあ、そんな状態ながら、秋の県予選では、準決勝までいきました。結局T川二に2対4で惜敗しましたが、相手が優勝したのでブロック大会へは出場できました。これで、甲子園を……と意気込んだブロック大会、一回戦の相手は、総合AのT弁和歌山。言うまでもなくゲーム内超強豪です。結果は、1対11の大敗で、ブロック大会でもコールドがあるということを知りました(^^;。

 ここんところ、甲子園まであと1勝とか2勝というところで、ことごとく敗退しています。ただ、敗退した相手はすべて格上ですので、運がないと言うよりは、実力が足りない……というのが本当のところでしょう。やはり、Aクラスのチームを作らなければ……CとかDでは、甲子園に行っても恥ずかしいですよね。Bでも、楽勝な相手になってしまうのがオチです。

 あと、Bクラスの投手が3人いないと甲子園は苦しいですね。今のようにベンチにはCクラスの控え投手がゴロゴロ、と言う状態では苦しいです。

 ただ、こういうのは新入生のレベルで決まってしまいます。結局は、監督の能力上げが今の課題ですね。特に名声が大事で……となると、県予選で負けているようでは名声がいつまでたっても上がらない、と言うことに(^^;。まあ、練習試合をこつこつやりますかね。

(つづく)

« 中国農村の教育レベル | Main | 貧乏の典型1 »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プレイ日記:尾屋高校09年秋:

« 中国農村の教育レベル | Main | 貧乏の典型1 »