My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« プレイ日記:尾屋高校09年秋 | Main | 貧乏の典型2 »

2004.09.13

貧乏の典型1

 以下は中国農村話です。

 以前申し上げたとおり、私たちのボランティア活動は「農村貧乏な家庭巡り」でもありました。というわけで、わたしは、数々の貧しい家庭を訪問することになり、ある程度のパターンというのをつかんでしまうことになりました。あまり、こういうことをおおっぴらに書くものでもないかも知れませんが、備忘録として、また、もしかしたら、こういうことに(まじめな)興味を持っている人がいるかも知れないので、その人のためにも書きます。

 パターンのその1は、両親が精神病……というパターンです。これは見ていて一番つらいパターンでもあります。中国の農村では、どういう訳か精神病患者が多いです。先天的な人も、後天的な人も、どっちもいます。これは、栄養不足のためなのか、地域的な問題なのか、閉鎖された地域の中で、血統が濃くなってしまうためなのか、よくわかりません。ただ、わたしたちが訪ねた農村で、こういう家庭が多かったのは事実です。

 中国の農村では、結婚率はほぼ100%です。早い人で、10代(たぶん違法)、遅い人でも20代で結婚します。中には、事情があって30代になっても結婚できない人がいますが、そういう人は「異常な人」と見なされます。そして、精神病の人も、結婚します。彼らの場合、周囲が結婚させる、という方が正しいかも知れません。そして、その相手は、だいたい同じ病気の人か、身体障害者であることが非常に多いです。

 しかも、そういう家庭に限って、何人も子供がいます。そうなると、どういう状況になるかは想像できるでしょう。それは、見るに耐えない状況です。また、中国では精神病に対する偏見も強く残っています。中国では「神精病(精神病の意味)」と言うだけでののしり言葉です。また、「農民」と言うだけでもののしり言葉になります。言葉狩りをするようですが、こういう言葉が平然とののしり言葉として使われるのは、つらいものがあります。(まあ、日本でも似たようなののしり言葉はありますが)

 この家庭訪問は、学校の先生も同行するのですが、学校の先生ですら、精神病患者に対する蔑視をあらわにするくらいです。そんな家庭の子供たちは、学校でもいじめにあい、家では貧しい暮らしに耐え……本当につらい目に遭っています。わたしも何例も見ましたが、もう、これ以上書きたくないくらい……見ているだけでつらかったです。

 世の中にはこんなにかわいそうな子供たちがいる……わたしは何もしてあげられないけど、ただ、なにがしかのお金を出して、この子たちの学費を出してあげることは出来る……実際に見ると、ボランティアなんて、バカにしていたわたしでもそのように思い始めました。

« プレイ日記:尾屋高校09年秋 | Main | 貧乏の典型2 »

中国生活情報」カテゴリの記事

Comments

うーん……

実際に体験された話なので、すごく重みがありますね。
われわれも、ちっとも中国の現実を理解していないということ。

 まあ、これも「中国の現実」である、ということですね。

 わたしの体験など、知れています。この前紹介した『中国農民調査』を読んで、本当にビックリしましたもの……。わたしは、この本の著者ほど、ディープに関わったわけではありません。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 貧乏の典型1:

« プレイ日記:尾屋高校09年秋 | Main | 貧乏の典型2 »