My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« NHKテレビ講座 | Main | 玉田選手、初ポール!! »

2004.09.05

プレイ日記4

 これは以下のゲームのプレイ日記です。

高校野球シミュレーション3

 練習試合についてですが、最初の一年間でそこそここなし、はじめて新入生を迎える頃には指導力が70~80くらいでした。当時、すでに甲子園夏春連続出場を果たし、名声も80くらいありましたので、新入生にはちょっと期待していました。結果としては、入ってきた新入生のレベルは大したことなく、新入生には指導力が大事ということを思い知らされました。

 その後、必死になって練習試合をした結果、次の年に迎えた新入生はなかなかのレベルでした。……というわけで、最初は練習試合をやりまくるのが大事なんだなあ……と言うことをつくづく感じた次第であります。

 ちなみに名声ですが、今までやった感じでは、80と100とで新入生のレベルにそう差があるとは思えません。まあ、あるに越したことはないでしょうが……。

 さて、練習試合に戻ります。強豪校であれば、適当にGクラスの高校を選び高速モードで楽できますが、わたしが今やっている最新データ(新設校)のように弱小校だと相手選びが大変です。……で、試行錯誤を経て、自分なりの相手校選びを発見しましたので以下に紹介します。

 まず、県予選の大会ガイドを毎回保存します。そして、相手を選ぶときは大会ガイドを参考にして、エースのコントロールレベルがFであるチームを探し出します。「キレで勝負するタイプ」とか「四球で自滅することが多い」というコメントがポイントです(^^;。

 もっとも良いのは全部の投手が「コントロールF」というチームを見つけることです。そういうチームと対戦できると、「待球策」をしているだけで、点がバカスカ入ります。5回までに20点くらいは期待できます。うまくすれば40点以上入ることも……。

 実はそういう対戦相手を見つけまして、名声と指導力を稼がさせてもらいました。あげくに一人「打点王」で殿堂入りしました。打撃レベルCで、打率も.245なのに、四死球が146です。こんなんでプロでやっていけるんだろうか……ちょっと心配(^^;。

 次回は、今やっているデータについて書こうかな?

(つづく)

« NHKテレビ講座 | Main | 玉田選手、初ポール!! »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プレイ日記4:

« NHKテレビ講座 | Main | 玉田選手、初ポール!! »