My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 満月 | Main | 会見中止問題 »

2005.01.13

翻訳のやり方

 おとついは愚痴りましたが、実は、翻訳の仕事は結構好きです。わたくしの場合、法律を翻訳することが多いのですが、法律というのは、日本語も中国語も同じで、「誰がどう読んでも同じような意味になる」ことを目指しているため、かなり不自然でわかりにくい文体になりがちです。……で、そう言う文章を時にはパズルを解くがごとく解読していき、しかも、意味を絶対に間違ってはいけない……という法律の重みも感じながら訳していくのは、きついですがやりがいのある仕事です。

 わたくしの場合、まず、中国語文をプリントアウトし、紙にします。画面で見ると、目が疲れるので、こうしていますが、紙にしても字が小さすぎると目が疲れるので、フォントサイズは12くらいにして、プリントアウトします。で、紙を見ながら、画面を見ず、ひたすらタイピングをします。タイプするときは、気持ちと手をシンクロさせないとタイプミスが続出します。この辺は、感覚ですが、心で思っている速度が速すぎて、手がついていかない……と言うことがよくあるのです。ですので、ちょっと抑えめのスピードでタイプして行きます。(ただ、のってくるとスピードは速くなってきます)

 画面を見ないとタイプミス、誤変換の嵐になります。その辺は、少し入力したら画面で確認し、発見したものだけをその場で直していきます。ただ、この段階では、気持ちがのっていくことが大事で、とにかく、前に進むことを考えます。ですので、確認も細かくするわけではなく、おおざっぱにやるのがコツです。

 で、最後まで行ったら、訳文をプリントアウトし、原文とつきあわせてチェックします。これも、画面を見ると目が疲れるので、紙でチェックし、間違っているところはパソコンで修正する……という塩梅です。実は、この段階が一番しんどい……というか、やる気が起きないプロセスですが、仕事なのでそうも言っていられません。突っ走っている分、誤変換やタイプミス、日本語の間違い(特に「は」と「が」とか、てにを……とか)を厳重にチェックします。

 実は、昨日まで長文の法律を訳していました。それは、日本語文の方がA420ページになる長文で、きつかったのですが、何とか最後のチェックする段階まで来ていました。で、そう言う頃になって、初めて某銀行さんより、この法律の日本語文が来まして……ちょっとガッカリしたのですが、その日本語文を使って、自分の翻訳のチェックをしました。

 こうやって、チェックすると原文とつきあわせるよりも効率がいいのです。どっちもが同じ箇所を間違っていない限り、お互いがお互いをカバーして、より完全なものになります。そして、何より人の翻訳というのは、見ていて楽しいです。訳すのに苦労した部分を「この人はどういう風に訳したのか?」とか……すごく参考になりますし。でも、一番楽しいのは間違いを発見したとき(^^;。今日参考にした訳文は、かなり間違いが多かったですね。しかも、肯定と否定を取り違えるとか、段落が抜けているとか──結構致命的なミスが多かったような……。こんな人でも、プロとしてやっているのなら、わたくしだって、プロになれそうな気がしました。まあ、プロと言っても、いろいろあるんでしょうが……。

 以上、翻訳仕事について、だらだらと書いてみました。

« 満月 | Main | 会見中止問題 »

中国語」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 翻訳のやり方:

« 満月 | Main | 会見中止問題 »