My Photo
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« March 2005 | Main | May 2005 »

April 2005

2005.04.27

中国の人工雨

 以下のブログに中国で人工雨という話題がありました。

人工の雨

 まあ、宮沢賢治あたりが聞いたら泣いて喜びそうな話題ですが、わたくしは、これに対して実に懐疑的であります。

 ……と言いますのも、あれは、雨が降りそうなときにしかやらないものだからです。これを逆に言いますと、雨が降りそうなときに人工雨対策をやって雨が降ったと言うことは、対策が成功したとも言えるし、天気予報が当たっただけとも言える……というわけで。事実、上海で去年(でしたっけ?)見事に失敗しております。(というか、天気予報がはずれた?)

 あと、地震予知にも同じようなことが言えます。しょっちゅう予知しておいて、当たったときだけ大々的に宣伝すれば、地震予知成功率100%になるわけです。中国の地震予知についてはわたくしの書いた以下のリンクを参考にしてください。

中国遺跡巡り: 中国の地震予知

 まあ、本当に中国に人工的な雨を降らせる技術があるのなら、砂漠化や沙塵暴(黄砂)も防げるはずなんですが……というか、そんなすごい技術があるんだったら、全世界に輸出してほすぃ

中山「陵」って……

Sankei Web 国際 連戦主席、孫文の墓を参拝 数千人の市民が歓迎(04/27 14:37)

 上記は、連戦さんが、孫文の墓を参拝したと言う記事です。で、これを見て、改めて孫文の墓に「陵」という名称(中山陵)が使われていることにビックリしました。(って、わたくしも行ったことあるんですが、その時はなにげにスルーしてたわw)

 遺跡巡りを趣味とするわたくしの感覚では「陵」という名称は、皇帝の墓にのみ使われるものなのです。始皇帝陵とか、乾陵(武則天とだんなの墓)とか、昭陵(唐太宗の墓)とか……一般人の場合は、「○○墓」という呼ばれかたをするのが普通です。まあ、中には黄帝陵とかいうお笑い遺跡もあるけどw。

 で、孫文ですが、彼を皇帝と同格にしてまつるのはたぶん彼の本意ではないのでは?と思いますが……三民主義を唱えた人を封建君主と同列扱いというのは生前の業績に対してどうなんでしょうか? あと、国民党的にはわかりませんが、共産党的には革命の功労者(というか、創業者)にたいして、皇帝格の扱いをするのは如何なものか……と。

 まあ、どうでもいいのですが、ちょっと気になりました。

(追記)
あとで、中国語の辞書を見たら「陵」の意味として「革命烈士の墓」とありました。でも、しっくりこない……つ~か、中山陵以外に革命烈士の「陵」があるんですかね~。

我慢できず半日(ママ)ネタ

 今まで自粛していましたがコンクラーベに負けてアレをやってしまった、ソーリのごとく、我慢できずにやってしまいます。この文章が、読みにくいのは逆SEOのせいです。ご了承ください。

 で、考えたネタはハンニチ乞食であります。まず、チョークを用意します。そして、歩道に以下の内容の文章(中国語)を書きます。

 わたくしは、とあるニッケイ企業で働いておりました。ある日、上司とレキシについて口論になり、わたくしは、クビになってしまいました。その後、職を探したのですが、わたくしが働いていたニッケイ企業が裏から手を回しているせいで、どの企業に応募しても断られてしまい、このような状況になってしまいました。みなさま、どうか、わたくしに愛の手を……

 そして、その側でうなだれて体育座り

 これだけで、実入りがだいぶん違うと思いますがね。誰かもうやってたりして……

2005.04.26

29日上海に行きます!!

 前にも書きましたが、エアーチケットと入場券をさきに買ったのは良いものの、急に仕事が忙しくなってきて、いけるかどうかわからなくなってきた上海行きですが、結局29日の夜出発と言うことになりそうです。

 元もと、28日夜発の予定でエアーチケットを買っていたのですが、「休ませてください」と言おうと思った頃に非常に重要な仕事が入ってきまして、様子を見るしかない状況になってしまいました。で、本日、「これは行けそうかな?」と判断し、会社の偉い人に相談しました。すると、その偉い人から「29日休むのはやめてほしい」と言われ、結局、断念することになりました。

 ただ不思議なことに、そう言う風に言われて気持ちがすっきりしたし、逆にうれしかったです。休みをなかなか言い出せなかったのは、偉い人からすると「休むな」と言いづらいだろうな、と言う遠慮があったからです。もし、偉い人が「休んで欲しくない」と思っていながら、ムリして「休んで良いよ」と言われるのは自分としてもイヤだったし、逆にはっきりと言ってくれたことがお互いのためにもなったんじゃないか……なんて思ったりしました。また、そう言ってくれるのは、この会社の大事な時期にわたくしが必要な人物だと思ってもらっているからで、そう言う意味でもうれしかったです。

 問題は、買ってしまったエアーチケットですが、こっちもうれしいことがありました。安売りのチケットだったので変更はムリだろうと思っていたのですが、聞いてみると29日に変更することは可能だという話でした。ただ、わたくしは、28日の40%ディスカウントチケットを持っていたですが、29日は20%ディスカウントしかなく、当日、差額の20%分(280元)を払う必要があるそうです。そして、何よりもうれしかったのは、帰りの5月4日のチケットで、安い55%ディスカウントのものが見つかり、今持っている正規価格のチケットを払い戻して、そっちに乗り換えることでお金がかなり節約できたからです。

 29日の予選とフリー走行が見られなくなるのは残念ですが、30日の予選、1日の本戦を見ることは出来ます。そのあとは蘇州に観光に行く予定。このゴールデンウイークは、MotoGPと蘇州観光で楽しめそうです。

2005.04.25

土日もお仕事

 久々に昨日おとついと休日出勤しました。仕事が急に忙しくなってきて、MotoGPにいけるかどうか微妙になってきましたが、エアーチケットも買ってしまったので是非とも行きたいと思っています。

 今日は、上海のホテルを予約しました。昔120元くらいで泊まったところで、「連休期間だから多少高くても……」と思って電話したら、「220元です」というお答えが……。思わず、「高すぎる~」と交渉し、相手の「じゃあ、最低額の140元で」と言う言葉にOKを出しました。連休期間中ですから、それくらいの値上げは許してあげないとね。

 ただ、うちの家内はこの価格に不満があるようです。わたくしとしては、連休中の上海で140元だったら、上出来だと思いますがね~。

2005.04.23

MotoGP中国GPのワイルドカード

 中国GPのワイルドカードの選手が発表されているようです。

MotoGPクラス
#72 Thoru Ukawa JPN (Moriwaki)
#19 Olivier Jacque FRA (Kawasaki)
250クラス
#58 Shi Zao Huang CHN (Yamaha)
#59 Zhi Yu Huang CHN (Honda)
#60 Zhu Wang CHN (Aprilia)
#61 Zheng Peng Li CHN (Aprilia)
#62 Zi Xian He CHN (Yamaha)
125クラス
#38 Cheung Wai On CHN (Honda)
#39 Ho Wan Chow CHN (Honda)
(moto38: MotoGP 中国GP・ワイルドカード)

 まあ、MotoGPクラスの2人はおなじみですから、説明を省きますが、250ccと125ccで中国人選手が7人もエントリーしています。この7人について、以下のリンクを参考にしながら書いてみます。

体育在线-MotoGP月末登陆上赛 多名中国摩托车手蓄势待发

 同記事によりますと、250ccでアプリリアに乗る2人は、わたくしが以前紹介した宗申チームのようです。アプリリアのキット車に乗るのでは?と予想していましたが、やはりその通りになりました。それ以外の三人は、ナゾのチーム(?)珠海GB(原文ママ)と重慶新感覚のようです。人数から言って、ヤマハに乗るのが珠海GBでホンダに乗るのが重慶新感覚のようです。125ccの2人に到っては、「それ以外に2人の中国選手が125ccに参加」と書かれているだけで、チーム名すら不明です。ただ、この2人の登録名は、ピンイン(大陸で使われている中国語のアルファベット表記)ではないようなので、もしかしたら香港人なのかも知れません。(珠海GBの2人については、コメント欄を参照してください)

 今ググって調べたら、重慶力帆新感覚と言うサッカーチームがありますので、重慶新感覚はもしかしたら力帆(中国の大手バイクメーカー)と関係があるのかも知れません。珠海GBはググッてもなんのこっちゃらさっぱりわかりませんでしたw。

 上記中国語記事によりますと、宗申の2人が「中国を代表して参加」とありますので、この2人がこの中で一番実力があると記者氏は見ていることになります。何でも今はフランスで練習中なんだそうです。まあ、頑張って、予選くらいは通過できるようにして欲しい……というか、他の選手の邪魔をしないような走りを希望しますw。

 ちなみに250ccと125ccは、2サイクルエンジンのマシンでレースが行われております。現在、環境問題などの原因で、市販車ベースで2サイクルエンジンのバイクは販売しにくい状況にあります。そんなこんなで、完成車メーカーとしては、2サイクルエンジンを開発するメリットがなくなっており、そう言う意味でMotoGPクラス(4サイクル990cc)が作られたわけですな。実際に250ccクラスのマシンは「開発が終了した」とも言われており、250ccでは、ロッシ選手や加藤選手、中野選手などが数年前に作ったレコードがいまだに残っていたりします。(125ccは、逆にKTMとかデルビとか、いろんなメーカーが入ってきてそう言う意味では面白くなってきています)

 で、何が言いたいかと申しますと宗申とか、力帆とか、大手のバイクメーカーがレースに参戦するのに250ccクラスは無いだろう……と言うことです。バイクメーカーがレースに参加するのは、宣伝もありますが、技術のフィードバックという点も見逃せません。まあ、彼らが参加するのは、自社のマシンではなく、他社のマシン(キット車)を使って参加するのですから、たとえ上位に入っても、宣伝効果があるのはアプリリアとかホンダになってしまうわけで、宣伝という意味合いは全くないのでしょうが、他社のマシンを使って技術を盗む(?)というのであっても、上記の理由で250ccでは全く意味がないと思います。

 中小企業のモリワキですら、フレームを自作してMotoGPに参加しているのですから、大企業としての意地を見せて欲しいですな。KRのような「夢のある参戦」というのは、どんな結果でもアリだと思うし、それで負けても挑戦する姿勢があれば明日につながると思うんですけど……って、それ以前に参戦権が取れなかったのかな? いずれにしても、ケニーパパのような個人ですら、日本メーカーに対抗して自力でバイクを作っていたのに、それに比べると情けないですな。

 ところで、宗申はなんでスーパーバイクの参戦を止めたんでしょうね。今年のスズキの強さから言って、去年に引き続いて人のふんどしで参戦していたらそれなりにいい成績を上げることが出来たかも知れないのに……。(ちなみに宗申は、世界耐久選手権でチャンピオンになったとか言うのを宣伝に使っているようですw。以下のリンク参照)

[ば]小林ゆきBIKE.blog: 中国GP上海はどうなってしまうのか

2005.04.21

MotoGP中国GPにまつわる不安について

 MotoGPが開幕し、2戦終わったところです。今は、二週間のちょっとしたお休み……で、このお休みが終わると、5月1日はいよいよ上海で、中国GPがあります。

 この中国GP、いろんなMotoGP系ブログや2ちゃんなどで「ちゃんと開催できるのか?」と危ぶむ声が満ちあふれています。と言いますのも、MotoGPと言えば、日本メーカーの祭典と言っていいくらい、日本企業が表に出た国際スポーツだからです。例を挙げますと、MotoGPクラスで日本の4大メーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ)を除けば、トップテンに入れそうなのは、ドカティだけ。そのドカティもタイヤはブリヂストンですから、日本メーカーの強力なサポートのもとで戦っていることになります。

 もし、これらのチームが日本製品排斥運動吹き荒れる上海の地に入ったものならとんでもないことになるのでは……というのがおおかたの予想です。そして、日本関連のチームが出場辞退した場合、出られるのは、WCMとKRの弱小チームだけ。しかも、どういう訳かKRは今回出ないみたいだし……日本企業無くしては成り立たないと言うのがMotoGPの現状なのです。(そのわりには日本では全然人気無いですがw

 以下はネタにマジレスすることになりますが、この件について、わたくしは、心配することはないと思います。と言いますのも、中国人は誰もMotoGPなんて知らないからです。人気がない……というのを通り越して、誰もその存在を知らないと言った方がいいでしょう。こっちの人からすると、ロッシ? 誰それ? 玉田? ああ、あのサッカー日本代表の? と言うような感じです。

 と言うわけで、抗議行動や暴動を起こそうにも「そんなものがあることすら知らない」人たちにとっては、スルーすることしかできないでしょう。また、残念ながら、日本人ライダーが上海で勝つ可能性もかなり低いです。125ccと250ccの日本人選手は、一ケタでフィニッシュできれば上出来……みたいな感じですし、MotoGPクラスも、カワサキの中野選手は長いストレートを持つ上海では絶対に表彰台に乗るようなリザルトは望めないだろうし、ホンダの玉田選手も、開幕から調子が出ない上に、前戦ポルトガルGPでは、手を負傷して、上海に間に合うかどうかわからないような状態だし……。あと、宇川選手がモリワキに乗りますが、こっちは周回遅れにならないようにね、と言うしかない状態ですし……。

 いずれにしても、チケットも買いましたし、エアーチケットも買いましたので、わたくしは行きますよ<上海GP。サーキット以外の場所での暴動が怖いけど、気をつけていれば大丈夫でしょう。

2005.04.20

わたくしは太りすぎで長生き?

以下のリンクをご覧ください。

ZAKZAK肥満手前の「太り過ぎ」がいい?…死亡少なかった

題名の通り、「太りすぎ」の人が他のグループと比べ、一番死亡率が少なかったと言う研究データについての記事です。

で、この記事に基づいて、わたくしは、どのレベルかな……と計算してみますと、ちょうど「太りすぎ」レベルでした。

さすがは肥満大国アメリカ。日本基準ではデブなわたくしも、肥満の一歩手前という評価になってしまうようですw

この記事によると、わたくしくらいの太り方が長生きできるようですが、引き続きダイエットを続けることにします。全然効果でないけど……w。

自慢じゃないですが、子供の頃から「あんた長生きするわ」というほめ言葉(予言?)を頂いてきたと言う実績もございますし、今後も長生きに励みたいと思います?

2005.04.19

コンクラーベの日本語

 下の記事を見た感じでは、コンクラーベって、きちんとした日本語訳(法王選出会議)があるようです。

asahi.com:20世紀のコンクラーベ 平均3日、投票8回 - 国際

 だったら、ニュースなどでも、きちんと日本語で言って欲しいと思います。このニュースが長引けば長引くほど、個人的にはつらいものがあります。ああ、ついつい言ってしまいそうで……w

 基本的には、カタカナ外来語賛成派なんですが、これだけは精神的につらいものがありますなw。

名・字・号:名にまつわるタブー

 むかし、こういう話題を書こうと思って、ずっとほったらかしにしてきた話題を続けます。

 中国人の名前の付け方について、(だいぶ前にw)書きましたが、今回はタブーについて書きます。

 タブーはなんと言っても、親の名に使われた文字は使わないと言うモノです。日本であれば、親から一字を取ると言う命名法が伝統的ですが、中国ではそれは親不孝な(?)行為です。しかも、名前に字を使わないだけでなく、普段生活するときも親の名に使われた文字は使えません。

 ……これと似たようなようなことは、丹梅さんのブログでも書かれていましたが、実は、これ、本式になると先祖代々に広がっていくのです。ただ、本気で先祖代々、家系図に載っている名に使われている字を使わない……なんて、やっていたら、文章が作れなくなるので、その辺は適当にやります。ただ、おじいさんあたりまでは普通にやっていたようで、わたくしの尊敬する蘇東坡先生は、おじいさんの名(蘇序)を避けて、文学作品のプロローグにつける「序」という部分を「引」という風に書いていました。

 あと、名に使われた字を使わないのは歴代皇帝も同じです。もし、その時の王朝の歴代皇帝が即位する前の名前に使われている文字を使えば不敬罪になります。例を挙げれば、唐王朝の有名な皇帝・太宗の本名は李世民と言いますが、そのおかげで唐代の人にとって「世」と「民」は使いにくい字になってしまいました。本当は観世音菩薩と言うべき菩薩さまも、「世」の字が使えないために観音菩薩になった、というのは、とある偉い中国学の先生に聞いた話です。ちなみにそのセンセイ、同じ席で「悟空の息子が悟飯なのはおかしい!」とおっしゃられておりましたです。

 ……と、適当に書いてきましたが、次は字(あざな)に行きます。でも、atokって、なんでイミナが変換できないの? 面倒なので、名で通してしまいましたw。

 あと、ついでに書いておきますが、これは昔の話でいまだにこんな習慣守っている人はまずいませんのであしからず。(いたら試験で正解がかけなかったりするしw)

2005.04.18

05年MotoGP エストリルの結果

 昨日は☆で三クラスとも生中継してくれたのですが、見たのは250ccとMotoGPクラスのみでした。125ccは、眠くなったので見ませんでした。と言うか、最近の125ccは一年ごとにライダーが変わってよくわからなくて面白くありません。(昔は一番面白いクラスだったんですがね)

 250ccクラスは、最初ポルト選手がトップを独走するという展開でしたが、途中からマシンの調子が悪くなったのか、コーナーで大回りするようになり、ずるずると後退(それでも9位フィニッシュは大したもの) その後、レースは、五台のマシンがトップを争うスリリングな展開になりました。結局勝ったのは、ストナー選手。アグレッシブな走りでレースを制しました。チャンピオン最右翼のペドロサ選手は、4位に終わりましたが、ヘルメットの調子がおかしかったようです。(公式サイト参照)

 MotoGPクラスで序盤をリードしたのは、ジベルノー選手。快調に飛ばしていたのですが、途中で小雨が降り出してから、急に転倒してリタイアしてしまいました。このレース、ライバルのロッシ選手が苦戦していただけに、チャンピオンシップに向けて大きな痛手です。で、勝ったのはバロス選手。すごく久しぶりだな~と思っていたら、3年ぶりの勝利です。それにしても、バロス選手、GPで20年も走り続けているとは……。この日だけは、ベテランの勝利に乾杯という感じでした。ちなみにロッシ選手は、イマイチの走りながら、粘って2位に食い込みました。こういう走りが出来るところが、ロッシ選手の強みですね。

 250ccクラスで、オーストラリア、MotoGPクラスでブラジルと普段は聞けない国歌が聴けたので、ちょっとうれしかった日曜日でした。(いつもはスペインとイタリア、たまに日本という感じです<国家)

2005.04.16

実名・顔出しのリスク?

 今まではあまり意識していませんでしたが、やはり実名・顔出しにはリスクがありますね。

 今まで考えていたのは、日本人社員にばれるというリスクだけでした。……というわけで、そういう方面でやばそうなことは書き込まないようにしていたのですが、よく考えると日本語が読める中国人スタッフがうちのブログを見つけることもあり得るんですね。

 いや、中国人スタッフが見つけなくても、会社のエライ人に今回のようなことが見つかったら「なにやっとんじゃ」と怒られることは必定でしょうw。

 まあ、無名ブログの強みを生かして、誰にもばれていないうちに全て削除できたのですが、ちょっとやばかったです。

 というわけで、今後、反日デモについてはスルーします。(小心者なもので……)

反日関係の記事を削除

 標題のごとく、反日デモ関係の記事を一部削除しました。

 なぜかと言いますと、うちのブログは実名・顔出しでやっており、弊社のローカルスタッフにばれたら、社内暴動になりかねないからです。日系企業だから、日本語読める人もいますしね。

 今までは、日本人にばれたらイヤだな……と思っていましたが、よく考えると中国人社員にばれる方がリスク高いです。そんなことも気づかずにやっていたとは我ながらアホでしたなw。

 古い記事は残しておきますが、たぶん、暴動になるような内容はないと思います。 

(追記)
……と、書きましたが、やはり全部消しておくに越したことはないということで、思い切って全部消しておきました。せっかく、コメントをいただいた方、TBをいただいた方、こういう事情なのでご了承ください。

2005.04.13

アクセス数が伸びています

 最近、当ブログのアクセス数が伸びております。

 どうやら、日中関係にごたごたがある方がアクセス数の伸びが良いようでございます。

 このまま、中国の悪口を書きまくるスタイルに徹すればたぶんもっとアクセス数が増えるんだろうけど、それもバカらしいので……w。

 まあ、今後も公序良俗に反さない範囲内で、自分のやりたいようにやらせていただきます。これがブログだ……なんちってw

 いずれにしても、こんなブログでも見ていただける人がいるのは幸せなことです。みなさま、どうもありがとうございます。

2005.04.12

保税区について

 保税区について説明します。

 保税区というのは、中国国境の中でありながら、税関的には国外と同じようなものと解釈されている場所のことです。もし、この概念が厳密に運用されていれば、保税区に出入りするとき、全ての人とモノは通関手続きをしなければならないかわりに、保税区から直接国外に出るときには、出国の税関手続きをする必要が無いと言うことになります。

 この概念をわかりやすい例でたとえますと、空港のイミグレから搭乗口までのスペース(免税店などがあるスペース)のようなもの……となります。

 ただ、実際には、上記のように厳密には運用されておらず、保税区に出入りするときには税関のチェックはありますが、入出国検査のように厳密ではなく、また、保税区から直接国外に出るときには、通常の入出国検査同様の検査を受けなければなりません。

 なぜ、そうなるかと申しますと、保税区というものが、国内にあり、その中にたくさんの倉庫や製造企業を抱えていると言う事情があります。もし、保税区の出入りに入出国並みの検査を課せば、これらの企業の実務に大きな支障をきたすことになり、税関もそこまで厳密に運用できないと言うのが実状なのです。

 鳴り物入りで登場した保税区ですが、上記のような事情もあり、それほどありがたくないと思われている向きもあります。特に保税区を出入りする貨物の通関書類のうち、増値税還付に必要な書類に税関が出国証明のはんこを押さないため、保税区を経由した取引は国内取引とみなされ、増値税の納税が必要になってくるなど、さまざまな問題点があります。

 こういった問題を解決するため、現在、物流園区と言う新しい特別区域を保税区の中に作り始めています。ここは、本当に国外扱いされている「真の保税区」とも言うべき区域で、わたくしの知っている限りでは、上海の外高橋にすでに設置されています。

 深センでも、物流園区を作るという計画があり、これによって、保税区の活性化が図られるものと見られています。

2005.04.11

昨日の放送(東方衛視)

 日本のG+は、2ちゃんねるを見る限りでは、とりあえず合格点をもらっているようですが、中国の東方衛視も初放送としては、まずまずの出来でした。

 まあ、アナウンサーと解説が時々ヘンなことを言う場面もありましたが、おおむねまともなことを言っていたし、ロッシ選手のボードの裏に「ABE」と書かれてあったところでもちゃんとうけていたし……このうけるポイントがわかっているマニアぶりに好感が持てました。

 あと、画像も☆よりきれいだったです。というわけで、今回ロビンさん1人だけでイマイチ盛り上がらなかった☆を止めて、ほとんど東方の方ばかり見ていました。

 ただ、問題は、東方衛視のマークが邪魔だということ。どういうことかというと、画面の左上に東方衛視のマークが出ていて、それが国際映像の「○lap to go」とか言う文字を完全に隠していたこと。時々、アナウンサーが「後何周です」と言ってくれていたから、その時は、あと何周かわかったのですが、途中からほとんど言わなくなりました。仕方がないので、あと何周かを確認するために☆にチャンネルを切り替えざるを得なかったほどです。

 これさえなければ、毎回こっちを優先させたい……と思わせる出来でした。☆の方も、親父ギャグばかりのくだらない実況コンビをいい加減……というか、もうちょっと頑張って欲しいな、と思いました。

motogpへレス

 昨日のレースが終わって、不満たらたらだったわたくしですが、2ちゃんねる情報で、アレはジベルノー選手がロッシ選手のブレーキレバーにぶつかったために起きた事故である(いや、他にも原因はありますがw)だと言うことがわかり、すっきりしました。

 まあ、確かにあれだけインが開いていたらつっこむのは当たり前ですね。後ろにいるライダーはあそこでかけるしかないんだし……。

 というわけで、ロッシ選手に対する疑惑は一切なくなりました。

 それにしても、中野選手はすごかったですね。ホンダ勢の中に割って入る大活躍。高速サーキットでは苦しいと思いますが、これからも応援していきたいと思います。

2005.04.10

05年motogp へレス決勝結果

以下は、motogpへレスのテレビ観戦記です。

 125ccは、生放送されていなかったので、省略します。

 250ccは、ペドロサ選手が独走で勝利。二位はポルト選手。今年もこの2人の争いになるのでしょうか。

 で、問題はmotogpクラス。このレース、序盤から先頭に立ったジベルノー選手の後ろにロッシ選手が追いすがるという展開でした。そして、残り3周くらいで、ロッシ選手がジベルノー選手を交わし、トップに出ます。このままロッシ選手が勝つのかな?と思っていたら、ファイナルラップで問題が発生しました。まず、ロッシ選手がミスをしてコーナーで大きくふくらんだところをジベルノー選手に抜かれてしまいます。ここで、ロッシ選手がジベルノー選手に猛烈なアタックをかけますが、どうしてもジベルノー選手を抜くことが出来ません。そして、最終コーナーで、ロッシ選手が完全なオーバースピードで突っ込み、ジベルノー選手と接触し、ジベルノー選手をはじき飛ばしてしまいます。その結果、ロッシ選手が先頭でゴールすることになるのですが、ビデオで見ても、ロッシ選手は普通に行けばコースアウトしてしまうようなスピードで、ジベルノー選手と接触することで減速してうまく回れたというような感じです。

 これに対し、どのような裁定が下るかはわかりませんが、一ファンとしては、あの場面を見て、一気にしらけてしまいました。それまでのレースがエキサイティングだっただけになおさらです。GPライダーがあそこであのスピードでつっこんだらいけません。昨年、ヤマハに移籍して、感動的な一年を魅せてくれたロッシ選手に対して、わたくしは、ずっと畏敬の念を抱いていましたが、今日のあの行為は超一流選手だけに許し難いものがあります。

 それ以外に目立ったのは中野選手ですね。絶対的に戦闘力が劣るマシンでホンダ勢の中に割ってはいる五位でのフィニッシュは、すばらしいものです。国際映像での露出度も高かったし、ロビンさん(☆のキャスター)も「カワサキでこのリザルトはすごい」と言っていたし、国際的に見ても大活躍だったのでしょう。

 いずれにしても、ずっと待ち続けてきた開幕ですが、何か煮え切らない気分が残る結果になってしまいました。

深センの母子手帳

最近、妻のおなかが日に日に大きくなっていきます。ついにわたくしのおなかと同じくらいの大きさになってしまいました。バスに乗っても、席を譲られるようになったし……ということは、わたくしのおなかは妊婦レベルなのね……と言うことを再認識w。

まあ、そんなことはともかく、この前、岸上さんの会社の老板に紹介してもらった産婦人科医に会っていろいろ話を聞いたら、「まず手帳を作りなさい」と言われました。この手帳というのは、どうも日本で言うところの母子手帳のようなもののようで深セン市内統一フォーマットのようです。……ということは、他の街に行ったら使えないと言うこと? それはともかく、検査してもらって、とりあえず予定日が9月11日くらいであると言われました。一応、異常がなかったようでほっとしています。

あと、お医者さんから、「検査が込んでいるときは、わたしのところに来たら、わたしのところで検査してあげる」と言われました。こう言ったコネパワーが使えると言うことで、やはり、知り合いに頼むに越したことはないですねw。(岸上さんの老板、ありがとうございました)

それにしても、妊娠4ヶ月を過ぎて、やっと母子手帳を作るとは……我ながら、極楽とんぼな夫婦だなあ、と思いましたw

05年motogp へレス予選結果

05年motogpの開幕戦・へレスの予選が終了しました。

結果はこちら

上記のリンクを見て今回の「がんばったで賞」を勝手に決めてみました。

まず、ヤマハ勢で1人だけトップグループに入り、驚異的タイムでPPを獲得したロッシ選手。まあ、これは、彼の実力であり、天才たるゆえんなんでしょうが、やはりすごいですね。

それから、ホンダ勢の間を縫って、上位進出したカワサキの中野選手(五位)とドカティのカピロッシ選手(六位)。カワサキは今シーズンからニュータイプのエンジンを使っていて、前半は様子見かな、と思っていただけに中野選手のがんばりは目を見張るものがあります。ただ、他のバイクと比べるとトップスピードが遅いので、決勝では苦労しそうです。

次ぎに予想以上に低迷した「次回はがんばりま賞」ですが……

なんと言ってもホンダワークスのエース・ビアッジ選手ですな。僚友のヘイデン選手が4位と健闘しているのに対し、どういう訳か16位と低迷。なぜこうなったのかは今の時点ではわかりません。

あと、ロッシ選手の僚友・エドワーズ選手も15位に沈んでおり、今後の奮起が必要になってきたと言う感じですね。

-----------------------------------------------------------

今回見て思ったのは、同じホンダでも、レプソル/モビスターとコニミノ/キャメルでは、微妙なタイム差があると言うこと。このタイムを見た感じでは、ファクトリーとサテライトがきれいに分かれていると言う印象を受けます。もしそうだとすると、サテライトに入ってしまっている(?)コニミノの玉田選手、今年は厳しいかも知れませんね。

あと、ロッシ選手も、レースタイヤでの走行では不安を抱えているようです。このあたりを含め、レースは幕を開けてみないと何が起こるかわかりません。

とにかく、今日の本戦が楽しみです。

2005.04.07

ココログ新機能(リッチテキスト)

 ココログの新機能のうち、リッチテキストを試しています。

 太字、斜め、下線、取り消し、色文字

 なるほど便利かも知れない。ただ、色文字を元の色に戻すのが結構面倒かも。

あと、写真の挿入をクリックしても何も起こりません。前の方が簡単だったような……まあ、うちは滅多に写真使いませんけど。もう一つ苦情は、最大文字にしたとき、入力画面では太字になっているのに、そのままアップしたら細い字のままです。

で、いろいろ遊んでみてわかったのは、書くときはHTMLの編集の方で書いておいて、書き終わったら記事の作成を使って遊ぶというのが正しい使い方かと……。

最後にpermalinkとかいうのが下の方についてるけど、これって昔の固定リンクのことのようですね。なんのことかと一瞬焦りましたw

この記事は以下のリンクへのトラックバックです。

ココログスタッフからのお知らせルーム: リッチテキストエディタが搭載されました!

実は生だった?東方衛視

 昨日は、生じゃないと書いてしまいましたが、放送時間からして、東方衛視は、motogpだけ生でやる可能性が高いことに気づきました。しかし、同じく放送時間からして、125ccと250ccは有っても録画ダイジェストである可能性大ですな。

 これでは、スタースポーツ(以下☆と略称)が生放送しない日の代替くらいしか利用価値無いような……。まあ、放送の体制がロビン+桜金造そっくりさん(☆のキャスターのコンビ)を上回るクオリティを持っていれば、見ますけど……中国の放送って、外国人の名前の発音が間延びしているから、イマイチ緊迫感がないんですね。

例を挙げますと、ロッシと言わずに「ルオーシー」という感じで言うんです。(しかも声調付きでw)「ロッシがトップに立ちました」て言われると緊迫感があるのですが、「ルオーシーがトップに」と言われても間延びしてしまうんですよね。その辺、☆のコンビは英語読みだから安心ですw。(まあ、F1の皇帝さんをマイケルと呼んでしまうことはありますが、もうなれましたw)

ちなみに中国語で書くと、ロッシ選手は「羅西」で、ジベルノー選手は「吉伯諾」、ビアッジ選手は「比亜吉」です。「羅」という姓は中国では普通ですから、「羅西」というのは、普通の中国人の名前として通用しそうですね。あと、比亜吉というのは、ど根性ガエルのピョン吉を思い出してしまうのはわたくしだけでしょうかw。

なんて、ことはともかく、上海GPで宇川選手がモリワキのマシンで参戦することが決まったようです。上海GPは見に行く予定なので、ちょっとラッキーな気分ですね。(以下のリンク参照)

moto38: MotoGP モリワキ・宇川で中国GP参戦

2005.04.06

東方衛視、生じゃない……

 4月10日は待ちに待ったmotogpの開幕です。

 で、事前の情報に基づいて、東方衛視の番組表をチェックしたのですが、放送は20:00からとなっています。

东方卫视

 なんか時間が遅すぎると思って、スタースポーツの方を見てみれば、こっちは18:00から。

espnstar.com - powered by ESPN STAR Sports: TV Times

 番組表からして、125cc以外は生放送のようなので、東方衛視の方は録画放送であると言うことが判明しました。

 がーん。これでは東方衛視でやる意味がないですね。これだったら、去年の広東体育テレビの方がマシです。去年は、125ccは広東体育テレビで見て、それ以外は☆という贅沢な見方が出来たのに……まあ、それも日本にいらっしゃるmotogpファンのみなさまからすると贅沢な悩みかも知れませんが、毎回エキサイトなレースが楽しめる125ccが生で見られないのは残念ですね。125ccについて、☆は、どうせダイジェストでしかやらないし、東方でノーカット放送するのなら、録画でも許したいと思いますが……果たしてどうですかね。

やるじゃないか深セン健力宝

 政治の話ではありませんのでご安心を……。

 と言うか、サッカーの話です。

asahi.com:横浜・安が2得点 磐田破れ1次突破困難に アジアCL - スポーツ

 上のリンクは朝日新聞のサイトで、アジアCLとか言う、ようするにアジアのクラブチーム選手権の結果についてです。

▽E組  水原(韓国、勝点7)1―0磐田(勝点3)            深セン(中国、勝点7)5―0ホアンアンジャライ(ベトナム、勝点0)           ▽F組            横浜(勝点6)2―1テロ・サーサナ(タイ、勝点0)  山東(中国、勝点9)1―0PSMマカッサル(インドネシア、勝点3) (asahi.com:横浜・安が2得点 磐田破れ1次突破困難に アジアCL - スポーツ)

 これによると、深センのチームが勝っています。実は、緒戦で磐田に勝って、その後、水原と引き分けていました。これを見た感じでは、かなりいけてる状態のようですね。

 実はこのチームのメインスポンサーである健力宝という会社は、事実上倒産状態にあります。そんな中、「給料未払い問題」を抱えながら、昨年は中超(中国一部リーグの略称)で優勝したのです。今年、選手の給料が支払われているかどうかは疑問ですが、昨年いた有力な選手が抜けながらのこの成績は大したものですね。

 あと、山東も勝っているし、いろいろと問題のあった中超ですが、なかなかやりますねw。

2005.04.05

汚水

○○●●●○◎、
波高水濁野蛍無、

●●○○○●◎。
得志蛟龍狼狽愉。

●●○○○●●、
此事天知人不暁、

○○●●●○◎。
如何況是一凡夫。


わたくしは無事です

 深センで暴動があり、それと時を同じくするようにして、このブログの更新をさぼっていたために、一部の人に誤解を与えてしまったかも知れません。……というか、本当に一部の人から安否確認メールが来ました。(心配かけてすいません>一部の方々)

 標題の通り、わたくしは、無事であります。事件のあった日は、家で寝てました。事件の元となった署名運動については、事前に情報を持っていたので、あのあたりは何があっても行くつもりはありませんでした。

 今回の反省材料は、そう言う情報は、積極的に流すべきだということです。中国在住の人で、うちのブログを見てくれている人もいるでしょうから、そう言う人たちに少しでも助けになれれば……と思いました。

 改めて言いますが、海外にいると言うことで、我々は、常に日本にいるのとは違うと言うことを意識すべきですね。まず、情報チェックが安全の第一歩です。

2005.04.01

motogp250ccクラスに中国メーカーが参戦?

 下の記事にあるように、野球の日程とmotogpの日程を調べている過程で以下のようなニュースを発見しました。

中国宗申バイクチームは、広東(カントン)省・広州(こうしゅう)市で記者会見を開き、所属選手2人が、二輪ロードレースの世界選手権「Moto GP」250CCクラスに参戦すると発表した。11日付で中国新聞社が伝えた。(05年MotoGPに少年レーサー2人が参戦 2005/01/13(木) 07:18:00)

 それ以外にもいろいろ調べてみると、この宗申チームは、昨年はワールドスーパーバイク(SBK)に参戦し、10位あたりの成績を残し、それ以前は、世界耐久選手権に参戦し、2002年にはシリーズチャンピオンになったとか……。これは、以下のリンク参照(中国語記事)。

宗申要建"中国之队"进军MOTOGP 锁定外卡参加五站 [其它赛事]

 スーパーバイクというのは、市販車を改造したマシンで争われる世界選手権で、位置づけとしては、motogpよりは低いですが、「一応世界選手権」という感じです。(特に去年はレギュレーションの関係で多くのワークスチームが撤退し、盛り上がらなかった) しかし、市販車を改造したレースと言うことで、ここに出てくるメーカーはスポーツタイプのバイク……それも、公道ではブイブイ言わせるようなタイプのバイクを販売していることが前提になります。で、この宗申というメーカーそんなすごいバイクを出しているのか~と思って、SBKのHPを見てみたら……今年は参戦していないようです。で、去年のライダー/チームリストを見てみますと、確かに、ありましたが……。

The Superbike World Championship Official Site(ここで、"riders"と言うのを選択して、2004年の分を見てください)

 チームは"Zongshen"と言うのがありますが、マシンは、"Suzuki GXR-1000"となっています。つまり、スズキのマシンをチューンして参戦していたのですね。宗申は、バイクメーカーですから、これって、日本メーカーにたとえると、ホンダがヤマハのマシンをチューンして参戦しているようなものです。

 あと、世界耐久選手権は、その中に鈴鹿八耐を含む選手権で、それなりに格がある選手権です。で、こっちの方も調べたら、以下のようなサイトにぶつかりました。

2002 世界耐久選手権シリーズ 開幕戦

 この中にゾンシェンレーシングというチームの名前が見えますが、マシンはやはりスズキのものです。つまり、チャンピオンになったといえ、ここでもスズキのマシンを使っていたわけです。

 一応完成車メーカーなんだから、他社のマシンをチューンして参戦というのは、どうなんでしょうね。わたくし的に言わせてもらえば、そんなんだったら参戦しない方がマシですね。どんなに格の低いレースで、どんなにひどい成績でも、自社のマシンで参加しなければ、技術のフィードバックもないし、宣伝効果も全くありません。……というか、これでは「うちは世界でやっていく技術力を持っていません」と言っているようなものですね。

 今年のMotoGPは、たぶんアプリリアのキット車あたりを走らせるんでしょうが、走らせるライダーが全く実績のない選手のようで、これも心配です。250ccクラスとはいえ、MotoGPで走るライダーはほとんどが各国のチャンピオンクラスです。日本の選手権で一回や二回チャンピオンになったくらいでは、そう簡単に世界にはいけないようなレベルなんです。

 まあ、ワイルドカードでの参戦のようで、そんなに影響はないかも知れませんが、あまり他の選手の邪魔をしないようにお願いしたいです。(昔は、鈴鹿でワイルドカードが表彰台独占とか言う現象もありましたが……)

中国プロ野球開幕!!

 RSSリーダーでニュースを探していたら、こう言うのを見つけました。

SANSPO.COM

 中国のプロ野球が開幕したという話題です。で、これを頼りに、中国のプロ野球のサイトを探し出しました。

中国棒球联赛

 実は以前から、ずっと見てみたいと思っていたのですよ。で、このサイトの日程を見てみると、広州での試合は、土曜日はナイター、日曜日はデーゲームというパターンのようです。ナイターは泊まりがけ観戦になってしまうので、パスし、日曜日でmotogpと重ならない日を探してみました。

 で、直近では5月29日であることが判明。

 このあたり、まだ読めませんがいけそうだったら、一度見てみたいですね。

« March 2005 | Main | May 2005 »