My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 身体ガタガタ……本格的自転車への道 | Main | 名・字・号:号 »

2005.05.06

名・字・号:字(あざな)

 ぼちぼちと続けてきたこのシリーズ、ついに本丸(?)の字(あざな)に入ります。字は、昔の読書人が持つ、本名とは違うもう一つの呼び名です。一般に本名にちなんだ命名をされます。わたくしが尊敬する蘇東坡先生の例では、姓が蘇、名が軾、字は子瞻になります。軾というのは、車の全部にさしわたしている横木のことで、これにつかまって前を見ることから、見ると言う意味の「瞻」と言う漢字が字に使われています。瞻の前にある「子」には意味はなく、まあ、名前などにつく接頭語というか、合いの手のようなもんだと思ってくださいw。

 この字ですが、わたくしは、読書人のニックネームだと思っております。ただ、この説はわたくしが勝手に言っているだけで、別に偉い先生が唱えた立派な説でもなんでもないので話半分に聞いてくださいw。

 ちなみにわたくしがそう思う根拠を下に列挙します。

1.本名にちなんでいる
   これは英語のニックネームと同じようなもんですよね。蘇軾を蘇子瞻と呼ぶは、トマス・ソーヤをトム・ソーヤと呼ぶが如し。

2.名と字は並べて呼ばない
   これはよく誤解されていますが、劉備玄徳のように「姓+名+字」と言うような言い方はあり得ません。劉備(玄徳)という「表記」ならありですが……。姓とjならべて呼ぶなら、劉備or劉玄徳という感じですかね。日本の小説や人形劇などで誤用され続け、これがスタンダードになりつつありますが、「トム・ソーヤ」を「トマス・トム・ソーヤ」と言うくらいこれはヘンな呼び方です。

3.君主クラスを字で呼ぶと失礼
  これは、正史『三国志』の注に「馬超が劉備の配下になった後、劉備のことを字で呼んで大顰蹙を買った」という記述があることから言えます。また、この注を書いた人(裴松之)が、「いくら何でも馬超がそんなアホなことをするはずがないからこれはウソだろう」と書いていることからしても、自分が仕えている人を字で呼ぶことはかなり失礼に当たる行為のようです。

4.でも親しい人なら偉い先輩を字で呼ぶこともOK
 これは、わたくしの尊敬する蘇東坡先生が、手紙の中で司馬光(蘇東坡先生よりずっと先輩で地位の高かった政治家/歴史家)のことを字で書いているのを見つけたことによります。いくら手紙とは言え、蘇東坡先生が司馬光のような人に対して失礼なことをするとは考えにくいのでこれは礼儀として成立する呼び方なんでしょう。ちなみに蘇東坡先生と司馬光は、蘇東坡先生のお母様の追悼文を司馬光が書くなど、かなり親しい間柄でした。(まあ、政治論争をやっていた時期もあるけどw)

 それ以外にも「時代劇を見た限りでは、奥さんが夫を呼ぶときも字」と言うのもありますが、これは根拠として弱いので止めときますw。まあ、わたくしの「字=ニックネーム」説の真偽はともかく、その根拠としてあげた4点は本当なので、ここに書いておきます。

 あと、一般には本名で呼ぶと失礼に当たるから字がある、と言われていることも書いておくべきですねw。

« 身体ガタガタ……本格的自転車への道 | Main | 名・字・号:号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

「三国志」で思い出しましたが,よく「演義」で曹操が 自分のところの参謀などを「『文若』と字で呼んだ」とわざわざ書いてあるくだり(大抵はその参謀がナイスな進言をした時)がありますね.あれはどういう感じなのでしょう.

P.S. このコメントも今はご覧になれていないのだと思いますが….陰ながら早期復旧をお祈り申し上げます

アレはね、絶対に「親しみを込めた呼び方」なんですよ。こう言うのは、中国の時代劇をよく見ているとわかります(笑)。

あと、コメントはニフティの機能(コメントがあるとメールが来る)があるので、全文わかっていました。やっと、昨日から自宅でも見ることができるようになりました。

これからもよろしくお願いいたします。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名・字・号:字(あざな):

« 身体ガタガタ……本格的自転車への道 | Main | 名・字・号:号 »