My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 腰痛が再発しました | Main | なんで中国人の名前は日本語読みするのか? »

2006.01.13

「小肥羊」ついに日本進出!!

羊肉しゃぶしゃぶ、日本に進出 本場・中国大手チェーン

2006年01月13日10時02分

 本場・中国の「羊肉しゃぶしゃぶ」大手チェーンが日本に進出する。自動車保険などの見積もりサイトを運営するウェブクルー(本社・東京)は今月、中国で約700店のしゃぶしゃぶ店を運営する「内蒙古小肥羊餐飲連鎖」(同・内モンゴル自治区包頭市)と都内に合弁会社を設立し、3月にも都心に1号店を開く。年内に3店舗に増やす予定だ。

 中国の鍋では定番とも言える小肥羊。日本でも成功すると思います。

 それが証拠に、この1月1日にグルメで有名なTさんを連れて行ったら、大喜びで、たくさん食べてくれました。あまりの喜びように我々もビックリ。いつも高級料理を食べておられるTさんが、こんな庶民的なもので喜んでくれるなんて……と不安にも思っていただけに、胸をなで下ろしました。喜びのあまりTさんは、店員と交渉して小肥羊の湯飲みと皿をもらって帰りました。

 それにしてもこの記事……

「●(さんずいに「刷」)羊肉(ショワン・ヤン・ロウ)」と呼ばれる羊肉しゃぶしゃぶは、熱いスープにくぐらせた薄切りの羊肉を、薬味を添えたゴマだれで食べる。特に北京周辺で人気だ。

 どうも「東来順」と「小肥羊」を取り違えている模様。少なくともこの記者は、「小肥羊」を食べたこと無いんでしょう。中国に住んでいながら「小肥羊」を食べたこと無いとは……情報力という意味からしても記者失格ですね。それ以前にこんなおいしいものを味わえないなんて、かわいそうですわ。多分、高級中華か日本料理しか行ったことないんでしょう。で、「中国の庶民の視線でレポートする」とか言うような記事を書いていたりしそうですな(朝日だし……)

 ちなみに以下にわたくしの「小肥羊」必勝法(?)を書きます、決して、「熱いスープにくぐらせた薄切りの羊肉を、薬味を添えたゴマだれで食べ」たりしないように(笑)。

1.スープは清淡(白一色)にするべし。
  鴛鴦(赤白)にしても最後には混じってしまうので。同席者の中に「辛いものしか食べられない」という人がいる場合は、どうしようもないですが、できるだけ白一色にしましょう。火鍋は鴛鴦と言う公式はこの際捨てるべし。
2.羊肉は、「極品羊肉」がお薦め。
  これは、多分内蒙古小肥羊にしかないメニューで、いわば霜降り羊肉。これがなければニセ物の店と疑うべし。
3.ゴマだれはメインに使わないこと。
  「小肥羊」の特徴はなんと言ってもスープ。スープを小さいお椀に入れてそれにつけて食べましょう。ゴマだれは、そのスープにちょこっと混ぜると野菜などをおいしくいただけます。(これは、J氏直伝のワザ) あと、ゴマだれは頼まないと持ってきません。
4.最後は、煮詰まったニンニクを食べよ!!
  これがジャガイモみたいでおいしいのですよ。だから、野菜なんかは少な目に頼んで、ニンニクを食べるというのも良いかも?

 それ以外にも「黄金大餅」もおいしいよ、とかいろいろと有るのですが、書いているうちにマジで食べたくなってきたので止めときます。うちから行こうとしたら、車で一時間以上かかるところにしかないし……(涙)

« 腰痛が再発しました | Main | なんで中国人の名前は日本語読みするのか? »

中国ニュース」カテゴリの記事

Comments

小肥羊は日本人にとって「しゃぶしゃぶ」ではなく「単なるゴッタ煮」と言う意見が大勢を占めています。
私はすでに小肥羊のVIP会員です。
最近南山小肥羊の近くに小尾羊がオープンし、偽物競争に拍車がかかりました。一品肥羊、小肥牛、などありますが、今後どんな偽物の名前が出てくるか楽しみです。

 うちの寮の真裏に小肥羊の世界之窗店があるので、かなり気軽にしょっちゅう利用しています。たいていの場合メンバーが台湾人&中国人主体なので、彼らの好みに合わせた料理しか食べたことがありません。この場合、誰かが辛いもの地方出身者だったりすることも多く、鴛鴦はデフォルトで付いてきます。私は辛い方が好きかも。
 煮詰まったニンニクはおいしいらしいのですが、翌日に体臭となって周りに迷惑をかけたり香港徘徊がはばかられたりするので極力遠慮しています(^。^;)。
 私は鍋屋に行くとかかさず猪紅を注文します。ぷるぷるしていて大好物です。豚の血ラブ(^^)/。

天津でも大流行の小肥羊です。
一年中、休みの昼間に夫婦で食べに行ってます。
ところで、この記事、TBさせていただきま~す!!

うっ、在中ながら未だにその店行ったことない・・・。そっかぁ東来順とは違うのかー、じゃぁこちらではお腹壊さないですかね。昔、北京の東来順によく行ってたのですが、ある時一緒に食べた4人全員で激しくお腹壊して以来、羊の鍋はトラウマになってるんですよ。
でも小肥羊は有名だし、チャレンジしてみようと、先月の忘年会に小肥羊を希望したんですけどね、残念。岸上さんが戻ってきたら、ここでオフやりましょうよ~。

小肥羊でこんなにコメントをいただけるとは……やはり、みんな好きなんですね(笑)

あと、「予約ができない」「個室に入れるとは限らない」「土日は下手したら2時間待ち」などの特徴があるため、オフにはあまり向きません。まあ、オフで使ったことも有るみたいだけど、あのメンバーは、個室に閉じこめた方が安全でしょう。出入り禁止になった人もいるみたいだし(笑)。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「小肥羊」ついに日本進出!!:

» 小肥羊 [天津しゅんジュン日記]
久々のトラックバックです。 シンセンに居る、ML友達のblogです。 国際結婚仲間でもあるのですが・・・。 同じニュースを私も見てました。 http://www.asahi.com/business/update/0113/069.html?ref=rss 小肥羊が日本にも進出。都心に1号店開設へ。 といった、ニュースでしたが、 一体、日本で幾らになるんでしょうね? そっちの方が気になってみてました。 ところで、TB先の記事、 小肥羊の必勝法なるものを書いていますが、 これも必見です! 鴛鴦では... [Read More]

« 腰痛が再発しました | Main | なんで中国人の名前は日本語読みするのか? »