My Photo
October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

2006.03.26

06年MotoGPスペインGP

 さっきまで見ていました。

 実は、今日は昼過ぎからネトゲにはまっていて、その続きでMotoGPをネット観戦したもんだから、目が疲れてしまいました。250ccの途中でちょっと休憩せざるを得ませんでした。

 というわけで、MotoGPの結果のみ書きます。勝ったのはカピロッシ選手。二位がペドロサ選手、三位はヘイデン選手。

 以下に一言コメント。

 

今年のドカティはひと味違う鴨。
 例年はテストの調子が良くてもシーズンではダメだったり、予選で良くても本戦でズルズル……だったドカティ。今年の開幕戦では、カピロッシ選手がポール&ウインを決め、今年は例年とは違う鴨と言うことを感じました。

 

今年のレプソルはひと味違う鴨。
 ここ2~3年は、サテライトホンダの陰に隠れるように低迷していたレプソルホンダ。今年は、開幕戦から二位と三位を取りました。特にレース序盤、サテライトのメランドリ選手をワークスの二台が一気に抜いていったシーンは、「今年のレプソルはひと味違うぞ」と思わせるものがありました。

 

ペドロサ選手はひと味違う逸材だった
 序盤からトップ集団につけ、途中、カピロッシ選手に大差をつけられていたのですが、チームメイトのエースライダー・ヘイデン選手を抜き去ると、少しづつ差を詰め、ついにテールトゥノーズに。そこで力つきましたが、今シーズン初めて本格的にMotoGPマシンに乗ったとは思えない適応力。やはり天才ですね。

 

でもあの人がこけたから……
 ロッシ選手は一周目の第一コーナーで後からぶつけられて転倒。レースに復帰しましたが、遅れを取り戻せず、14位でゴールしました。上記「ひと味違う」人たちも、ロッシ選手がまともに走り出すとやっぱりロッシ選手はひと味違う……と言うことになってしまう鴨。

 それ以外にも「今年のKR」とか「エリアス選手」とか「カワサキがんばれ」とかひと味違う人たちはいろいろといますが、やはり開幕戦ですね。これから一年、どうなるんでしょうか。本当に楽しみです。

スペインGP予選

 所用があってみれなかったのですが、MOTOGP今季開幕戦であるスペインGPの予選で、中野選手が見事3位になりました。

 フロントロウインタビューですよ~。冬のテストでずっと好調だったので、もしかして……と思いましたが、なんと初戦からやってくれました。

 問題の最高速もホンダ、ドカティには及びませんが、ヤマハと良い勝負……と言う感じでそれほどひどいことになっているわけでもないようです。

 明日の決勝が楽しみですね。

2006.03.19

WBCネタ<野球選手の体型

 スポーツ選手の体型というのは、そのスポーツ毎に特徴があるものです。たとえば、マラソン選手は痩せていて、砲丸投げの選手は筋骨隆々、バスケ、バレーの選手は背が高い……など、それぞれのスポーツで有利な体型というものがあり、すべての選手がそれに向かってフィジカルトレーニングをするものなのだ……と思います。

 今日、WBCで日本選手を見ていて思ったのは、みんな痩せていること……実際は筋肉質なんでしょうが、なんかもやし体型のようにすら見えました。しかし、ダイジェストで見ただけですが、ドミニカ共和国対キューバ戦に出てくる選手には、けっこう肥満体の選手も混じっていました。

 これが同じスポーツをやる選手の体型か……と思うくらい、両者の体型は違いました。(ちなみに韓国の選手もスマート型) おそらく両者の目指す「野球選手の理想型」というのがそれぞれ違うんでしょうね。

 ちなみに日本でも昔は肥満体の一流選手がいました。優勝請負人の江夏投手や元祖怪物くんの江川投手、40才で本塁打王になった門田選手など……それぞれ超一流選手なのですが、おなかがぷっくりと出ていたような気がします。

 今の日本代表を見るとなんだか隔世の感がありますね。

 どうでもいいけど、決勝の先発は、松坂ではなく渡辺で行くべきです。松坂はリリーフでおいておけばいい。キューバには下手投げ……これは鉄則です。ノムさんも同じこと言ってるし……。

WBC日本決勝進出

 いや~、昨日わたくしが言ったように結局通算成績は韓国の2勝1敗なのに、最終結果は日本の方が上……というヘンな結果になってしまいましたな。

 野球なんて、なかなか三連勝できないもんですよ。プロ野球でも3タテなんて、あんまりないでしょ。ましてやナショナルチーム同士ですから、そう簡単に連勝できませんって。

 韓国はこれで6勝1敗……3敗した日本が決勝進出ですか。まあ、そう言うルールでやっているから仕方ないけどね。

 でも面白い試合でしたね(すごくレベルが高かった)。

ここがヘンだよWBC

 今、日本では話題沸騰、世界では完全スルーなスポーツイベントと言えば、WBCですが、わたくしが、「違和感」を感じるのはその組み合わせです。

 普通、こういう組み合わせを決めるとき、予選で戦ったもの同士は次のラウンドではまず当たらないようにするのが普通だと思うんですよね。たとえば、アジア予選を勝ち上がった韓国と日本は、次のリーグ戦は別の組に入れるとか、決勝トーナメントの組み合わせは、一組の一位対二組の二位、二組の一位対一組の二位という風にするとか……。それが全く逆になっているために、結局全部を通じて日本対韓国が三回もあるというすごくヘンな組み合わせになっているわけです。世界的に話題沸騰なサッカーのワールドカップで言いますと、アジアの二強である日本と韓国は、アジア予選でも当たらない組み合わせになっていますから、当たるとしたら本戦の決勝トーナメントでしかあり得ません。

 今回、日本が韓国に勝ってしまったら、韓国サイドから見ると対日本2勝1敗で勝ち越したのに、最後に負けたためにすべてがおじゃんになった……ということになります。また、せっかく予選リーグで一位になっても意味がないということになります。

 逆に日本サイドから言うと、二連敗したけど、最後に一勝すれば全部取り返せるという「おいしい」話になります。こんなんだったら、予選リーグで一位になる価値は全くありません。逆に言えば、二位になれば十分なので、二位が確定した時点で後の試合は手を抜いてもかまわない訳です。

 あと、思うのは、WBCで活躍しているのはキューバ以外はほとんどが大リーグの選手なワケで、これだったらWBCなんか見なくても大リーグだけ見ていれば十分なんじゃあ……ということ。むしろ、日本の松井とか、大リーグを優先させてWBCに出ていない選手もたくさんいるんだから……。

2006.03.12

中国の裁判官の待遇

 こういうニュース見つけました。

中国、深刻な裁判官不足 滞る給料・過重な仕事量 全人代報告

 この事実は、わたくしも知らなかったのですが、記事を読むと、まあ、ひどいもんですな。

広州テレビによると、広州では、人員不足のため多くの裁判官が一人で年間二百-三百件の案件を抱えている。経費不足も深刻で、中国紙「第一財経日 報」は「湖北省のある裁判官の月給はわずか二百元(約三千円)」と報じた。同省高級人民法院(高裁)副院長の事務室では、電話代はおろか給料の支払いも何 カ月も滞っている。

 全国の下級裁判所の約六割が経費不足に陥っており、人材確保にも影響が出ている。多くの裁判官が弁護士に転職。法律専攻の大学生も裁判所への就職を避け る傾向にある。山東省の三十余の下級裁判所では長年、新任の裁判官がおらず、ここ五年で約四百七十人の裁判官が辞職または移籍している。人員が補充されて も、司法試験に合格していないため、裁判官に任命できない例もある。

 月給200元というのは、いくら物価の安い中国でも最低クラスの給料(普通には食っていけない)です。たしか、農村の無資格教師がそれくらいでしたわ。生きていくためには賄賂もらうしかないやろね。

 ロケット打ち上げたり、金メダル選手を育成する金があるんだったら、なんでこんな大事なところに金を回さないのかね。こんなことで「法治社会」なんてムリですよ。本当に「法治社会」というより、「放置社会」ですな、この国は。

若者のののしり言葉

 前にも書きましたがあるネットゲームにはまっております。そのゲームは、レースゲームで、対人対戦をするものです。で、ある時、初心者の部屋である方と何回も一緒に走り、わたくしが、何度も連続して勝ちました。

 すると、今時の若者らしく「キレた」ご様子で、わたくしのことをののしり始めました。その言葉が興味深かったです。まあ、「死ね」とか普通のもあったんですが、中に「キモい」というのがありまして、これには「ぽかーん」としてしまいましたね。

 「キモい」ということは、相手がわたくしのことを「気持ち悪い」と思っているということでしょう。ただ、わたくしとしては、見ず知らずの相手の方がわたくしのことを「気持ち悪い」と思っていようがどうだろうが全く関係のないことです。今時の若者というのは、その程度のことで傷つくんでしょうか。少なくとも相手の方は、わたくしにダメージを与えようと思ったんでしょうがね。

 もしかしたら、小学生だったのかな? まあ、きっちり「通報」させていただきましたが(笑)。

2006.03.11

インテリマークに入れない!!

 

インテリマークというサイトがあります。本来は、ネットショッピングのサイトだそうですが、どういう訳か二輪レース(MotoGP、SBKなど)の詳細なニュースが載せられていて、我々二輪レースファンにとっては神サイトとあがめられるサイトでした。

 しかし、どういう訳か中国からアクセスできなくなっているんですよ。これは、二輪レースファンとしては、非常につらいことです。

 実は二輪レース情報だけでなく、中国を批判するような情報を載せていたのか……いずれにしても、日本語での情報源が圧倒的に少なかったこの趣味を持つものとしては、非常に遺憾な事態であります。

2006.03.05

ネトゲにはまる

 すいません、最近ネトゲにはまってます。

 わたくしが、はまっているのは、カートゥーンレーサーというゲームです。

 

http://game.netmarble.jp/cpsite/cartoonracer/index.asp

 聞くところによるとこのゲームは、マリオカートのネトゲ版らしいのですが、個人的にはエフゼロに似ている……ような気がするのは年のせいでしょう(笑)。

 最初の頃は、初心者の部屋でも全然勝てなかったのですが、今では初心者の部屋では相手にしてくれなくなるくらいうまくなってしまいました。それでもフリーの部屋では、全く歯が立たないんですが……そうやって、ちょっとづつうまくなっている感覚がいいですね。個人的にレースも好きだし……。

 まあ、廃人にならん程度にやっていきたいと思います(笑)。

2006.03.04

知的所有権を持つ中国企業は0.03%、立ち遅れ目立つ

知的所有権を持つ中国企業は0.03%、立ち遅れ目立つ

 まあ、新技術の開発なぞせずとも、他社の開発した技術を盗んで簡単にもうけることができるので有れば、誰も新技術の開発などしないでしょう。

 たったそれだけの話です。

デブ猫

 またまた、中国珍ニュース。

 今回はデブ猫です。

http://society.people.com.cn/GB/41159/4116192.html

 このリンクを見てわかったのは、猫は太っても顔は太らないと言う事実。

 ヒデヨシとかのマンガで書かれるデブ猫は、現実的ではなかったのだ。

赤ちゃんのお尻からしっぽが

 最近、中国語の勉強もかねて、中国のニュースサイト巡りをやっているのですが、その途中で、珍ニュースを発見しました。

http://pic.people.com.cn/GB/1098/4134153.html

 上記は中国語の記事ですが、赤ちゃんのしっぽ写真付きです。

 専門用語がよくわからないのですが、どうも日本語で胚細胞腫瘍という病気のようです。この病気については以下のリンク参照(日本語記事)

http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-k/ped_surg/texts/T_gct.htm

« February 2006 | Main | April 2006 »