My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 23年8月 | Main | 家族が帰ってきました »

2006.05.21

06年フランスGP

 例によってライブビデオ観戦後、晩ご飯を食べました。と言うわけで、例の改行。









 今日は、250ccがすごかったみたいですね。残念なことに、わたくしがライブビデオに入ったのが、レース直後だったため、日の丸表彰台しか見ることが出来ませんでした。どうも高橋選手が勝ち(たぶん初勝利)、青山周平選手が3位(たぶん初表彰台)だったようです。ちなみに4位も青山博一選手でしたから、2位のドビッジオーゾ選手がこけていたら日の丸三つが並んでいた……という昔を彷彿とさせるような結果でした。

 さて、全部見たのはMotoGPです。このレース、中野選手が予選で二位を獲得し、250ccの流れを受けて、期待が高まったのですが、肝心の中野選手は、スタートで、沈み、6位走行中に「ジャンプスタート」のペナルティを受けて、最後尾に落ちてしまいました。そこから、挽回したのですが、これ以上は、書きません。

 レースの序盤をリードしたのはスズキのホプキンス選手。1~4週をトップで駆け抜けました。しかし3位走行中の10周目にフロントからスリップダウン。今回は残念でしたが、前戦と言い、今回と言い、スズキの活躍(序盤だけだけどw)は昨年とはひと味違うものを感じさせますね。

 その後、レースをリードしたのはロッシ選手。その後についたのがペドロサ選手。旧世代の天才と新世代の天才の対決でしたが、ペドロサ選手はソフトタイヤを選択したのが良くなかったのか、徐々にラップライムを落とし、ロッシ選手から引き離されていきます。  このまま、ロッシ選手の勝利か……と思いきや、21周目にロッシ選手痛恨のリタイヤでした。どうもエンジンが止まってしまったようで、いつも陽気なロッシ選手がすごく落ち込んでいたのが印象的でした。

 その後、トップに立ったのがペドロサ選手ですが、その3週後にメランドリ選手に交わされ、カピロッシ選手にも抜かれて結局3位でした。勝ったのはメランドリ選手、二位にはカピロッシ選手が入りました。

 今回のレースは、なんと言ってもロッシ選手のリタイヤが一番印象的でした。ペドロサ選手をぐんぐん引き離し「やはり真の実力者」と思わせていただけにショッキングでした。これでランキングトップのヘイデン選手とは43ポイント差。ロッシ選手の6連覇はかなり厳しくなったと言えるでしょう。

« 23年8月 | Main | 家族が帰ってきました »

二輪レース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 06年フランスGP:

« 23年8月 | Main | 家族が帰ってきました »