My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 恐怖の一夜(沙井人民病院) | Main | MotoGPがえらいことに »

2006.06.25

さようなら、ジーコジャパン

 ちょっと遅い話題になりますが、標題の件です。

 わたくしは、サッカーファンと言うよりは、日本代表ファンです。ですので、日本代表が負けてしまったワールドカップには、もうあまり興味はありません。(バルデラマもチラベルトもいないし……w)

 ジーコジャパンについては、あのアジアカップでの激闘が忘れられません。同じ中国で同じ日本人が、あの悪条件の中で最後まであきらめず最高の成績を残した……これは、この地で頑張っているわたくしにとっては、一生忘れられない思い出です。

 このワールドカップは、一勝もできずに終わってしまいましたが、意義はあったと思います。何事もやってみなければわからないもので、今回のワールドカップでも日本代表がスタミナ切れを起こすなんてことは、誰にも予想できなかったはずです。

 今までの相手とは、全く違う実力・本気度ですから、今までの90分とワールドカップの90分は全く違っていて、日本代表には「ワールドカップの90分」を戦い抜く体力と精神力が不足していたのです。

 これを今後の教訓とできれば、日本代表にとって今回のワールドカップは意義のあるものだったと言えるでしょう。

 今後の活躍に期待しています。

 最後にわたくしに夢と希望を与えてくれたジーコジャパンに感謝の念を表明したいと思います。世界の中でたった32国しか出られない大会です。そこに行くだけでも大変なことなのです。

« 恐怖の一夜(沙井人民病院) | Main | MotoGPがえらいことに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さようなら、ジーコジャパン:

« 恐怖の一夜(沙井人民病院) | Main | MotoGPがえらいことに »