My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 抑止策はひとつだけ | Main | 自己完結型バトン »

2006.07.20

06年MotoGPイタリアGP

 さっきまで見ていました。

今日見たのは、MotoGPクラスだけでしたが、熱いレースでしたね。なんと言ってもイタリアGPであるということ、MotoGPクラスのトップライダーである3人のイタリア人がみんな勝ちたがっていたこと、でも勝てるのはたった1人という現実……特に1コーナーの突っ込みのブレーキング合戦が最高に熱かったです。  レースは、序盤カピロッシ選手とロッシ選手が引っ張り、その後をセカンドグループ(ヘイデン選手、カピロッシ選手、メランドリ選手、ペドロサ選手)がちょっと遅れてついていくという展開でした。トップグループの二台のタイムが安定しないまま、セカンドグループが追いついて、レースは混戦になっていきます。  まず脱落組から書いていきましょう。メランドリ選手は、ヘイデン選手との熱いバトルの中で大きくコースアウトして脱落。ペドロサ選手は途中からタイムを落とし、脱落。ジベルナウ選手は……どこで下がっていったかなw、多分、後述するロッシ選手のブレーキングミスの時、一緒に落っこちて、そのまま下がっていったような気がします。  生き残りは、ロッシ選手とカピロッシ選手とヘイデン選手。その中でロッシ選手は、まだ混戦だった頃(残り9週くらい?)で1コーナーでブレーキングミス。これで順位を一気に5位に落とします。ここで鬼のような追い上げを見せ、ラスト2週と言うところの1コーナー、鬼ブレーキングでカピロッシ選手を見事にパス。ラストラップの1コーナーでは、ストレートで圧倒的に速いカピロッシ選手をこれまた鬼ブレーキングで抑えてそのまま1位でゴールインしました。二位は、カピロッシ選手で、三位は漁夫の利を拾えなかったヘイデン選手。  とにかく熱いレースでした。1コーナーでの意地の見せ合い、ブレーキング合戦。バイクレースの醍醐味を見たような気がします。  それにしてもロッシ選手。これが伝説の始まりとなるのでしょうか? 我々は、また新しい伝説の目撃者になれるのかも知れませんね。

« 抑止策はひとつだけ | Main | 自己完結型バトン »

二輪レース」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです。いつのまにか復活してますね。
今、どこにお住まいでしょう。私は、東京から長崎へ8・1に引越して、実家のマネジメントをせざるをえなくなりました。

こちらこそ、ご無沙汰しております。

今は中国の深センに住んでいます。

これからもよろしくお願いいたします。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 06年MotoGPイタリアGP:

« 抑止策はひとつだけ | Main | 自己完結型バトン »