My Photo
October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

2007.06.30

面白い記事見つけた

 いろいろやってまして、面白い記事を見つけましたわ。

 以下、日本大使館(在中国)のサイトより引用。

井出敬二:まず、中国のマスコミをとりまく環境が、国外のマスコミと大分異なっているということは私も理解している。中国の一部のマスコミの勤勉さも高く評価しているが、いくつか言いたいことがある。例えば、若い記者たちには、事実を尊重した上で、真実の報道をするという訓練を積ませるべきである。例えば、日中関係について取材する場合、日本大使館に来る前に、できるだけ関連資料を詳しく目を通しておくべきである。しかし、多くの記者はそのような準備もせずに取材に来るのである。

 それから、取材対象から金銭の徴収をするべきではない。これは絶対にいけない。中国では、企業が記者に取材を頼む際、それらの記者にお金を配る、というような現象がある。これは日本や欧米では絶対に許されない行為である。もしそのようにするならば、記者として、彼の基本的観点があいまいなものとなる。この点について、中国の一部のマスコミに反省してほしい。

 勉強不足については、シューマッハ選手に言った「赤い服発言」(F1史に残る笑事件)を彷彿とさせますなあ。

 あと、金銭要求については、日本大使館の職員に金銭を求めるなど、「何をかいわんや」というのが正直な感想ですわ。

ロボットにやられた、助けてくれ~

mixiを徘徊しているロボット達。あなたのマイミクは本当に人間か?*ホームページを作る人のネタ帳

 うちもロボットに苦しめられています。

 ロボットによるスパムコメント/TBですわ。

 昔は、ニフティさんも字を表示するやり方とかでスパム対策してくれてたのに今では、まったくブロックがゆるゆるみたいで、困っています。

 以下のブログによると、文句を言うとニフティさんが見に来てくれるみたいなので、とりあえず書いときます。

できない、困って→問題解決: @nifty(ニフティ)検閲済み!

 一応有料ブログなんだからもっとしっかりしてほしいです。

 ただ、スパムは全部英語なので、何書いとるかわからん、というのもあります。というわけで、以後、うちのブログにコメント/TBを英語オンリーでつけた人は、削除される可能性が高い、ということを付け加えておきます。

ぷはー

ここしばらく、半月ほど、更新できていませんでした。

 更新できなくなる前は、ちょうどブログ更新に燃え始めた時期でした。やっぱ、わたくしのネット活動の原点はブログだなあ、と感じ始めていたのです。(逆にMixi日記がうざくなってきていたw)

 その矢先に、自宅でパソコンが使えなくなり、、、ちょっとストレスたまりましたわ。

今の気持ちは、表題のとおりです。

今後がんがんいきますので、そのつもりで。

2007.06.12

車載カメラで当て逃げの瞬間を撮影して、警察に持って行くも警察は動かず… 2ちゃんねるで当て逃げ動画公開

痛いニュース(ノ∀`):車載カメラで当て逃げの瞬間を撮影して、警察に持って行くも警察は動かず… 2ちゃんねるで当て逃げ動画公開

 (感想)

 2ちゃんねらーは、警察よりも優秀。

 少なくとも犯人を追い込む能力では圧倒的に上。

 警察は悪人になめられているんじゃあないかな?

<スティール>買収防衛策「世界最悪」 共同創始者、会見で

Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <スティール>買収防衛策「世界最悪」 共同創始者、会見で

 米国企業が日本の規制に不満を持ったとき、とるべき行動は「記者会見」ではない。正解は、「外交ルートを通じての抗議」だ。宗主国は、植民地の市場では絶対に負けないようにできているのだ。

2007.06.11

8年後の小学校像…ICタグ使い出欠、宿題はネット

Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 8年後の小学校像…ICタグ使い出欠、宿題はネット

 こういうのって、大体あたらないんですよね~。で、8年後に検証してみようって思ったんですが、8年後このブログが続いているかどうかも怪しいw。

 まあ、それ以前に8年たったら、確実にリンク切れになっていて、検証しようがない……というわけで、下に長々と引用してみます。

朝、次々と登校してくる児童。校門を通ると名札に埋め込まれたICタグで、出欠情報をデータベースに登録。情報は担任教師のパソコン画面に表示され、保護者にも登校確認メールが送られる。朝の個別学習は計算ドリル。パソコン画面に答えを書けば、自動的に答え合わせをしてくれる。

 1時間目の理科は、学校近くで植物観察。携帯端末のデジタルカメラで花を撮影し、テレビ画面で博物館に直接質問する。2時間目の図工では、教室の大型ハイビジョンモニターでルーブル美術館所蔵の「モナリザ」を鑑賞だ。

 3、4時間目の社会では、地元産業のプレゼンテーション資料を作成。社会見学した工場のスタッフにテレビ画面で質問したり、インターネットで映像資料をダウンロードする。

 5時間目の算数では、子供が表計算ソフトを使って、アンケート結果を棒グラフにしていく。

 帰宅後の宿題は、eラーニングシステムで。学校が提携する団体から送られてくるビデオ教材を、PCや携帯端末を使って勉強。すると、小学校のホームページで今日の学習内容を見た父親が、子供に授業の話を聞きに来た。

 で、結局8年後はこのことをすっかり忘れている、というのが一番ありそうな結果ですなw。

2007.06.10

浦和レッズvs城南一和

 この記事はネタばれ入ってます。

 さっきまで、見ていました。試合的には前半は浦和が押して、後半は城南が攻めていた、という感じの試合。結局、前半に入れた一点が最後まで効いて、1-0で浦和レッズが勝ちました。

 まあ、浦和が勝ったからよかったけど、闘莉王選手、相手にいいファール与えすぎ。あと、岡野選手って、FWじゃなかったっけ? なんかずいぶんと後ろのほうにいたけど、、、。

 次は、水曜日の午後6時からですよ~。今度は小野選手出るのかな?--と思ったら、今回は怪我で不参加らしい(泣)

浦和MF小野右足痛め7日開幕A3杯回避 - goo サッカー日本代表の軌跡

李登輝氏襲撃事件--人があまりつっこまないところにつっこんでみる

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 李登輝氏にペットボトル投げる=けが人なし、中国籍の男を逮捕-成田空港

調べによると、男は中国籍で千葉市美浜区高洲に住む自称エンジニア薛※(叉の一を取る)容疑者(34)。「台湾を独立させようとする李氏が嫌いだから投げた」と供述しているという。

 ※(叉の一を取る)って、何よ--って、よく考えたら、それは、「義」の簡体字w。中国(大陸)では、すごく簡略した漢字の字体を使ってまして、※(叉の一を取る)は、日本で言えば「義」です。つまり「桃園結義」は、「桃園結※(叉の一を取る)」(本当は「園」も「結」も違うんだけど)になるわけで、、、なんでこんなややこしくてわけのわからん書き方すんのかなあ>時事通信さん。

2007.06.09

わたくしの祖父と本田宗一郎氏

 ネットサーフィンをしていてある事実を知りました。

福耳コラム - 「女子大で講義する余談の多い経営学 #2」付加価値を目方で測るの巻

 上記リンクで本田宗一郎氏の話が出てくるのですが、これがわたくしの祖父がやったこととまったく同じだったのです。

本田さんの話に戻りましょう。終戦直後、軍需品を作っても誰も買ってくれない。でも、自分は一通りなにかしら細工してものをいじる知識は持っている。いや実はこの方は、一通りどころではない方なのですが、まあそれはさておき、昭和二十年の秋、日本にたりなかったのは食料品です。そこで浜松の工場にいた本田さんは、その辺に転がっていたドラム缶を海辺にはこんで、木を切って薪で火をおこして海水を沸騰させ煮詰めて、塩をつくった。それを闇市に持っていき、米とか他の野菜と交換して大儲けしました。闇というからには厳密にいうと犯罪ですけどさ、そんなのはまあいいじゃないか、という時代背景だった。これはご自身で自伝に書いてあります。

 これって、わたくしが親父から聞いたおじいちゃんのやっていたこととまったく一緒。違うのは製品(闇塩)の販売方法だけで、うちのおじいちゃんは、闇市に持っていかずに山奥の農村へもって行き、野菜と交換していたようです。うちの親父によると、当時、山奥の農村では、塩が極度に不足していたらしいです。(なんというマーケティングセンス!!)

 これ以外にもうちのおじいちゃんは、闇タバコ、闇焼酎なども製造していたようで、これは、本田宗一郎氏もびっくり、というところかな? いや、闇酒は、蘇東坡先生も作っていらっしゃったから、うちのおじいちゃんは、本田宗一郎氏と蘇東坡先生を合わせたようなすごい人物だったのか~。

 このブログの著者は、本田宗一郎氏をほめていますが、なんだか自分のおじいちゃんをほめられているようでうれしいです。うちのおじいちゃんも、その後「河村技研」を作って、世界企業になっていれば、、、今頃は、いい暮らしができているのになあ、なんて、夢想したりしてw。

 ちなみにこの闇塩、すごく儲かったように書かれていますが、うちのおじいちゃんの場合は、それほど儲からなかったようです。うちの親父によると「しょっちゅう、警察に没収されていた」ようです。没収された日は、むちゃくちゃ機嫌が悪かったので、聞かなくてもわかった、とも申しておりましたです。あと、塩の製造も、24時間体制で煮込んだり、干したり……を一家総出でやっていたそうで、結構大変だったようですよ。

 でも、今から思えば「これなんて塩幇?」という気もしますな。

浦和レッズが中国に?

 迂闊にも見逃していましたが、どうもA3杯という大会に参加するため、日本の浦和レッズが、中国に来ているようです。すでに7日第一戦を闘い、山東魯能に3-4で敗れています。(以下のブログ参照)

A3第一戦の結果・・・|浦和魂!!-We are Reds-

 それにしても以下の長谷部選手のコメントって何よw

長谷部は「暑さより空気が汚い。ノドがきつかった」と現地の大気汚染も苦戦の要因に挙げた。

 それはともかく、終わってしまった試合はさておき、今後あと二試合中国で試合をします。

 10日 対城南一和 中国時間16:00~

 13日 対上海申花 中国時間18:00~

 どちらもCCTV5では放映されませんが、地方局で放映されるようです。広東省では、広東体育台で実況生放映されます。

 中国在住の皆様、生放送で日本のサッカーチームを見るチャンスですよ~。

 それにしても浦和レッズって、中国語では、浦和宝石隊になることをはじめて知りました。紅zuan4石隊じゃあないの?

大学入試期間中はナイター工事中止

 今、中国では「高考」といわれる大学入試の真っ最中です。(今日が三日間の三日目)

 これは、日本で言えば「センター試験」(って今は言うのかな?)のような試験で、全国統一一発勝負試験で、このテストの結果で志望大学にいけるかどうかが決まるというある意味公平、ある意味残酷な試験であります。

 最近テレビを見ていてもこの話題ばっかりで、なんだかうんざりしてきます。どうやらみなさん、「このテストで人生決定」と思い込んでいるようで、「なんだかなー」という気がします。

 大体親とか先生が当たり前のように受験生について試験場まで来ていたりして、個人的には「自分ひとりで試験も受けられないようなやつは、たとえ一流大学に受かってもその後の人生見込みなし」と思うのですがw。

 それ以外にも書きたいことはいろいろありますが、入試期間中というわけで、表題のナイター工事が中止になっています。工期が短すぎるせいか、こっちでは、よく夜中に工事をするというのが見られますが、それをこの三日間だけ禁止にする、というもので、これも受験生のためなんだそうです。

 これもねえ、普段から付近住民の迷惑になるナイター工事をのさばらせておいて、この三日間だけ禁止っていうのも、腑に落ちないんですが。

 試験の結果なんて、試験場に入る前にほとんど決まっているものなんですよ。この三日間だけ、受験生に気を配っても仕方がないってことをみんなわかってないんじゃあ、、、。あと、「試験で人生が決定」なんて、トレビヤーンな考え方をなんとかせんといかん、と思うのはわたくしだけでしょうか。人生がそんなに単純なら誰も苦労しないんだけどなあ、皆さん、関係ない方向に苦労しているような気がして、、、。

 それ以前に、今頃大学出ても就職難で、大卒より工業高校あたりを卒業したほうが職が見つかりやすい……ということをみんな忘れていないか?

2007.06.04

パナマの責任…中国が反論展開 せき止め中毒死事件

パナマの責任…中国が反論展開 せき止め中毒死事件-世界からのニュース:イザ!

 この反論自体は、どうでもいいのですが、反論の過程で国家質量監督検疫検査総局の副局長さんがとんでもない発言を……

魏伝忠副局長らは会見で、「食品安全に百パーセントはない」と、中国製品の安全性を批判する外国のメディア報道に対し大反論を展開した。

 安全に100%はないというのは、常識ですが、しかし、時と場合というものが……。ましてや、国家質量監督検疫検査総局の副局長さんが、ですよ~。

 これでは、中国製の食品を食べて食中りになってもそれは当たり前のことだ、と世界に言っているようなものですよ。食品の安全事故は、製造側(輸出国)としてはあってはならないことです。不可能でもその建前はちゃんと持っていて欲しいし、それに向かって努力することを放棄するような発言はやめて欲しいです。

« May 2007 | Main | July 2007 »