My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 安倍首相辞任:レームダックが北京ダックに | Main | 安倍前首相について(その2) »

2007.09.15

北京ダック・安部前首相について

 どうもこの人他人に思えないんですよね。(辞任表明したとき初めて気づいたんだけど)

 なんといっても決断のまずさですね。大事なところで必ず「逆」を選んでしまうタイプ。参院選で負けたときにやめておけば、本人も回りも傷を最小限にとどめたままで終われたものを。そして、もう少し我慢してから辞めれば、よかったのに所信表明の直後で辞任表明、、、というのもね。

 こういう人って、結局「たかをくくる」くせがあるんですよね。参院選に惨敗したときも、「まだ何とかなるだろう」と思ってしまう。で、実際にはなんともならなくなって、逃げ出してしまうんですわ。

 あと、自分で決断できないから、ついつい回りに左右される。こういう人は、いいブレーンを持っていれば、劉禅と諸葛亮みたいに、素直に言うこと聞くからうまくいくんだけど、ブレーンが悪ければ、最悪の方向に進んでしまう。しかも、自分を支えるはずの閣僚たちが、次々と自爆していったわけですから、うまくいくはずがないですね。

 結局、甘やかされて育つとこういう大人になってしまいます。自分がそうだからよくわかるw。でも、こういうタイプにも強みはあります。それは、楽観的だということです。どんなピンチになっても「最後は何とかなるだろう」という楽観をもてるので、復活の目がある。まあ、楽観が悪いほうに出ると上に書いた「たかをくくる」ことになってしまうのですが、、、

« 安倍首相辞任:レームダックが北京ダックに | Main | 安倍前首相について(その2) »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

惨事はありえないという考えは、しばしば考えられない惨事を引き起こす。
(ワインバーグの「タイタニック効果」)
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000092/misc/TheSecretsOfConsulting.html

中村さん:

中村さんは、いろんな格言をご存知ですね。いろいろと勉強になります。

確かにトップがあまりにも楽観的だと、いろいろと齟齬が発生しそうです。

希望的観測で失敗した戦中の日本もそうかもしれませんね。

ワインバーグ氏は情報システムの専門家ですが、経営全般に通じる名著が何冊かあります。

>希望的観測で失敗した戦中の日本もそうかもしれませんね。

このテーマの本はたくさんありますが、定番はやはり「失敗の本質」でしょう。いつかこの本の記事を書いてみたいと思っていますが、なかなか手がつかない。

参考:
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C1310380191/E1801942624/index.html

わたくしの場合、あまり経営とは関係ないんですが(生涯平社員)、いつか読みたいですね>ワインバーグ氏の本。

「失敗の本質」も未読ですが、いつか読みたいです(日本人として)。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北京ダック・安部前首相について:

« 安倍首相辞任:レームダックが北京ダックに | Main | 安倍前首相について(その2) »