My Photo
October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 23s1s/-23s2/2 | Main | 中国は自由の国になるか »

2008.01.17

23s2/3-23s/3/5

(注記)

もともと池田先生のブログにTBしたのですが、手違いが発生しました。TBの記事はこちらです。どうもすいませんでした。

まずはいつもの勝ち鞍です。

23s2/3-23s/3/5
兄アカ(阿呆親王)
2/4 アボネッケツ号
弟アカ(あぼのみこ)
2/3 アボコート号
2/4 アボチャレンジャー号
2/4 アボスクスク号

 この週は、なんといっても七福神でしたね。まあ、うちはほとんどあきらめていましたが、馬主会の助けなどもあって、二アカとも二枚づつゲットしました。2枚だとアイスとかヘイキューブクラスのアイテムしか持ってこないんですが、うちにとっては、実用的なプレゼントですね^^。

 あと、思うことは、距離適正の落とし穴。実は、心配性なわたくしは、フリレで距離適正を計ると同時に距離適正相馬眼を使って答え合わせをする習慣がありました。で、ある馬の距離適正を計るべく、1200,1600,2000,2400,3000……フリレで計っていたら、2400が一番速かったので「中長」と判断を下しました。ところが、相馬眼で答えあわせしてみるとなんと結果は「中」。というわけで、新馬戦は2000を使ったのですが、どうも印のつき方が変だったので、レース後計ってみると、2400の指数が105、2200が104、2000が100という結果に。

 さらに別の馬ですが、この馬は「短中」と出て、ずっと1600を使っていました。あるとき、レースに負けてから「この馬はもっと短いところが好きなようです」とのコメントが出たので、その後は1400を中心に使うようにしました。で、上記の出来事があってから、ピンときてフリレで調べなおしたら、1200>1400>1600という順番に指数が良かったのです。

 どうも距離適正が二つの分野にまたがる場合、相馬眼の表示がずれるようですね~。フリレで調べるのが面倒だから、お金使って相馬眼使おうとしているのに、これじゃあ、お金使った意味がないっす。

 今後は、答えあわせなんてせずに堂々とフリレで調べた結果を信じます。もちろん、相馬眼なんて、無駄なお金は使いませんともw。

« 23s1s/-23s2/2 | Main | 中国は自由の国になるか »

競馬伝説live!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9900/17731026

Listed below are links to weblogs that reference 23s2/3-23s/3/5:

« 23s1s/-23s2/2 | Main | 中国は自由の国になるか »