My Photo
January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

2008.06.29

嫌いな言葉:初歩○○

今日の記事は、中国語がある程度できる人向きです。

最近、たぶんはやっている言葉と思いますが、「初歩」という言葉をよく聞きます。

この言葉は、普通、動詞の前について、副詞の役割を果たします。

しかし、わたくしはどうもこの言葉が気に入らんw。「初歩決定」とか「初歩総結」とか「初歩統計」とか、そんな言葉を聞くと腹が立ちます。

「初歩決定」とは、決定していないということであり、「初歩総結」も全然総括してないということだし、「初歩統計」って、単なる仕事のやりかけですわ。全部が全部、無責任というか、「とりあえずやっときましたけど、後は知らん」というスメルで一杯なんですけどw。

そんなのを偉そうに発表されても困るんですが、こういうムカツキって、ネイティブの人は感じないんですかね~。

26s5/1-26s6/4

まずは、恒例の勝ち鞍紹介~

26s5/1-26s6/4(8日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
26s5/3 アボイッポン号
26s6/3 アボイッポン号
26s6/4 アボメオトゼンザイ号
26s/6/4 アボジュウサンヤ号
弟アカ(あぼのみこ)
26s5/1 アボアメジスト号
26s5/4 アボアダナスガタ号
26s6/1 アボダイヤモンド号
26s5/1 アボアメジスト号
26s6/2 アボイチリュウ号
兄アカ(阿呆親王)
なし

8日で9勝とは、一日一勝ペースを上回っていますな。兄アカが勝ち星無しですが、今後2歳馬がデビューしてきたらぼちぼち勝てるようになるでしょう。

さて、今日は、4歳500万以下の妙味について。いやー、このクラス楽しいですね~。うまくすると同じクラスで3勝できるという、うちにぴったりのクラスですわ。ここで、ちょくちょく勝ち星稼いで行きたいですね。兄アカはまだレベル10なんでどうしても超と早熟中心になってしまいますが、弟アカはこのやや早以降の楽しみにどっぷりとつかりつつあります。

その中で、今週のハイライトは、アボイチリュウ号の勝利。なんつーっても、12戦目で初勝利ですから、うれしかったですよ~。こういうのがあるからこのゲームやめられないっすね^^。

2008.06.23

誤訳指摘

いつもチェックしている福島さんのブログです。

http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/617865

おもしろい記事でした。

特に最後の写真が笑えます。

こんなボロ家で立ち退き料が36万元ももらえるんだったら御の字じゃね?と思っちゃいました。

まあ、毛さん、トウさんの写真以外に仏像の写真みたいなのもありますね。売っているのはカボチャの種でしょうか。後ろに並んでいる瓶みたいなものも売り物なのかな。

さて、本題の誤訳ですが、垂れ幕の最後の二行は、「勧告」的意味合いを持つ文章だと思います。わたくしだったら「温家宝総理は、もっと民生に関心を持った方がいいですよ」と訳します。

以上、コメントにログインが必要なため、トラックバックしました。いつも更新を楽しみにしています。これからもがんばってください。

(追記)

今は当該部分は微妙に直っていますな。うちの指摘を参考にしてくれたのかどうかはわかりませんが、まだちょっとずれています。「最」を「most」の意味で捕らえてはいけないんですよね。辞書で「最好」を引いてみましょう、、、といっても本人、もうここ見てないでしょうけどw。

福島小姐、ni最好養成査辞典的習慣。

2008.06.21

祭られた先生

最近の地震報道で、もっとも注目の的になっていると言っても過言でないのが、范さんという中学校の先生です。

この人なんで有名になったかといいますと、、、、別に身をなげうって生徒を助けたわけでもなく、復興に力を尽くしたわけでもありません。ただ単に「地震の時、生徒をほったらかしにして逃げた」というだけのもの。

ようするにみんなから非難されて「祭られている」訳ですなw。

わたくしも、祭りの原因となった燃料たる文章を拝見しましたが、普通に地震当日の記録を淡々と書いているだけで、その中に自分が真っ先に逃げたと書いてあるに過ぎません。つまり、この部分は、文章の一部分であって、作者が一番言いたかったことではない、と見えました。ただし、文章の冒頭に「中国みたいな暗黒の国に生まれてオレは不幸だぜ~」みたいな部分があります。この部分は、後の部分と全然つながりもなく、すごく不自然なのですが、このあたりが極上燃料になってしまった理由の一つでしょうね。

まあ、わたくしの目から見ると、本当にどうでもいいことで祭られているのですが、本人も、テレビに出ていろいろ反論したりしております。曰く、「教師に命をなげうってまで生徒を助ける義務はない」「事前に地震訓練もなければ、緊急避難に関する教育も受けてない」「教師の待遇なんて、本当に悪いのに~」などなど。

ただ、反論の中には「学校で教えていることから歴史研究に至るまでこの国はウソだらけだ~」みたいなお言葉もあり、こういう部分が極上燃料になっているんでしょうが、個人的にはもっとkwskという感じっすねw。

まあ、この人の存在自信が「マスコミに作られた地震の英雄w」をあがめたてまつり、「お上は本当に民のことを考えておりますじゃー」みたいに盲目的に政府の宣伝に引っかかっている偉大なる民族のみなさまに対する当てこすりみたいな部分があります。まあ、今じゃあ、手抜き工事で私腹を肥やした悪代官とか、「本来批判されるべき人々」に対する批判までこの人が一手に引き受けて、政府のイメージアップに一役を果たしている感も否めませんなあw。

ちなみにこの先生、今はクビになったみたいです。

まあ、逃げたのは褒められた行為じゃないけどさ、某国の教師に対する社会的地位や待遇、人材レベルなどを考えると、この人の反論もうなずけないこともないような、、、ま、本当にどうでもいい内容だと思います。

26s3/3-26s4/4

まずは、今週の勝ち鞍紹介からっす。

26s3/3-26s4/4(7日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
26s3/5 アボホウコウ号
26s4/1 アボクロベイ号
弟アカ(あぼのみこ)
26s4/2 アボダイヤモンド号
兄アカ(阿呆親王)
26s4/3 アボサラシ号
26s4/3 アボナゴリ号

 今Sの初勝利を3月5週に決めてから、堰を切ったように勝ち始めました。「堰を切ったように」つーのは、うちとしては、という意味ねw。

 まあ、実際「もう勝てないんじゃないか」と思い始めていたので、ホッとしました。@は、2歳馬のデビュー待ちですね。今Sは、みんなが手探りの中、思いっきり偏った調教方法を使って、混乱に乗じるつもりですw。まあ、うまくいってOPくらい勝てたらいいんですけどね。

 とりあえず、すでに3頭の馬がアビ覚えました。(そのうちの一頭はマイナスアビですがw) この調子で全部の馬の「?????」をひっくり返すつもりで頑張りますよ~。

2008.06.14

26S2/1-263/2

恒例の勝ち鞍からいきたいのですが、今週は3アカで0勝(-_-;)

このゲーム、さすがに勝てないとつらいですわ。まあ、自分が弱いんで仕方ないですが。

キーボードの調子が悪くてチャットもできないし、テンション下がり気味ですけど、頑張ります。

ボクがキモヲタだったころ

わたくしは、今は外国に住んでおりますが、一年に一回くらいは日本に帰ります。日本の自宅に帰るとあることをしみじみと感じるのです。

それは、「日本にいた頃は、キモヲタだったんだなあw」ということ。部屋に張ってあるポスターが、宮崎アニメとかスレイヤーズとかときメモとか、今から見るとかなりやばいです。まあ、当時は、キモヲタなんて言葉自体なかったと思いますが、かなりオタッキーな人だったことは事実ですね。

当然、彼女もいなかったし、、、つーか、彼女いない歴=年齢だったですねw。今から考えると、信じられないくらい女性にもてなかったw。なぜ、あの頃、わたくしの周りの女性は、わたくしを執拗なまでに避けていたのかw。そういうオーラが出ていたのかもしれませんなw。一番きつかったのは、普通の善意で行った行為が変に勘違いされて「このひとわたしの身体狙いだわ(笑)」みたいな猛烈な拒絶反応を受けたとき。そういう反応をする人って、だいたいアレな外見の人が多いんですがw、それだけにショックがきつかったです。

今と比べるとあの頃は気楽だったのですが、やはり得体の知れない絶望感を抱きながら生きていたと思います。あの絶望感の中で生きるのはつらかったですね。当時の自分に聞いたら絶対に否定するでしょうけどw。

まあ、今は結婚して子供も二人いるし、あのころとは雲泥の差なんですがね。結局、留学したのが良かったですね。もちろん、彼女を作るために留学したわけではないんですが、結果として、思い切って環境を変えたことが成功につながったと思います。

(追記)

後でよく考えたら、留学も語学に打ち込むようになった結果であって、環境を変えるためのものではありませんでした。つまり、何かに一生懸命になって打ち込む、というのが成功への鍵だったんだなあ、ということです。

大阪府職員を擁護してみる

ネットやマスコミで非難囂々の大阪府職員のみなさまですが、わたくしが微力ながら擁護したいと思います。

まず言いたいのは、ああいう発言をする人たちは非常に目立つということ。つまり、全部が全部ああいう考えの人たちではないだろうということを言っておきます。おそらく、大部分の人たちは、不満を抱きながらも「やむなし」と思われているのではないでしょうか。

あと、よく聞かれるご意見が「民間だったら」というもの。では、民間と比較しましょう。経営状況がいちじるしく悪化した会社があったとしましょう。そこに外部から新しい社長が来て、「全員給料カットだ」と言われたとします。そのときにごく一部の人が文句を言うということは絶対にありえないことでしょうか? もちろん、「人として尊敬できない」などという個人の人格攻撃発言などは、話になりませんが、ある程度の反発はありえるだろうということは予想できます。

しかし、大阪府職員の場合は世間が注目していることもありますので、それがニュースになるのです。「民間だったら」こんなことは記事になり得ませんからね。

この問題は、その辺を踏まえて考えるべきでしょう。もちろん、「痛い発言」される方の考え方には大きな間違いがあります。しかし、まずそれをもって全員が同じようなものと考えるのはいかがなものかと。あと、それらの発言は、大阪府職員という特殊事情があるから報道されているに過ぎない、ということもお含み置きいただきたいかと。

2008.06.10

学びのために必要なもの

いつも巡回しているブログですが、今回の記事は興味深かったです。

1周年のご挨拶 続けるには、利口になるよりバカになる事の方が大事 - モチベーションは楽しさ創造から#1212968031

まあ、ここで言う「バカ」というのは、「素直になる」ということでしょうね。

子供をよく観察しているとわかるのですが、子供の学習能力が高いのは彼らが素直だからと言う部分も大きいと思います。

あと大事なのは、失敗を忘れることですね。これは、乳児を見ているとわかります。

これらを総称して、「バカになる」と言っても当たらずとも遠からずなのかな?と思います。

クラフトチーズ、うまー

きのうジャスコで買い物したんですが、そのうち当たりだったのがクラフトのチーズです。

日本で食べれば、ふつーのチーズかも知れませんが、こっちで食べると本当においしく感じます。

なんで某国企業は、口の裏にひっつくようなスライスチーズしか作れないのかw。

結果として、某国人は乳製品の本当のおいしさを知らず→食べず→日本人に平均身長で抜かれる羽目にw。

ちなみにヨーグルトも日本に帰って食べると本当においしく感じます。

あと、調べたらクラフトってアメリカの会社だったのね。オレオとかナビスコも同じグループみたいです。

http://www.kraftjapan.jp/kraftjapan/page?siteid=kraftjapan-prd&locale=jpja1&PagecRef=1

2008.06.08

対日感情

 例によって偉大なる民族のみなさまについてです。

 以前、偉大なる民族のみなさまの対日感情が良化したかも?と書きましたが、どうも表面的な現象に過ぎなかったようですw。

 と言いますのも、某サイトで見た「日本がアフリカ諸国を集めて、常任理事国入りを狙ってるぜ~」というニュースに対して、ついている網民(ネットユーザー)のみなさまの反応が、電波系というか、なんっつーか。まあ、三つ子の魂百までもと言いますが、人間の本質なんて、そうそう変わるものではないんだなあ、こいつらに付ける薬はねえ、ということを実感しました。

 最近の思うんですが、小国に生まれると言うことはそれだけで不幸なことなんですね~。我々にはよくわからないのですが、某国の隣にある半島国家といい、こういう国に生まれると、それだけで出自に強烈なコンプレックスを持ってしまうようです。ま、そうでない人もいるんですが、そうなっちゃった人見るとこれはもう「死ななきゃ治らない」レベルですな。まあ、そういうのは我が国にもいますけどね。

25s12/3-26s/1/4

今週の勝ち鞍紹介から行きます^^

25s12/3-26s/1/4(7日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
なし
兄アカ(阿呆親王)
25s12/4 アボジゾクリョク号
25s12/5 アボサイナラ号
25s12/5 アボナニワ号

 7日間で3勝のみっすか、トホホ。しかも、勝ちが兄アカに偏っており、26sになってからは一勝もできていません。

 種付けの結果も今ひとつだったし、26s大丈夫かなあ、と心配しております。

 今Sは、アップデートの関係もあって、混乱していますね~。うちは、混乱に乗じたいクチなんでw、2歳馬の調教にアワセを取り入れたり、大胆なことをやっていくつもりです^^。種付け前にも早速、ボーナス要素付きカード種牡馬を4枚もゲットして、つけましたしね。産駆のパラがトホホなんで、アビでカバーするしかありませんw。

 そのためには温泉とかの施設レンタルがいるんだけど、、、、これって、結局爺様の良いカモっつーだけのようなw。

2008.06.07

25S総括

 今回は、特別に25sを振り返ってみます(よって、例の勝ち鞍はなし)

 まず、勝ち数から。

 兄アカ(阿呆親王)15勝

 弟アカ(あぼのみこ)11勝

 倉庫アカ(あぼ倉庫)12勝

 兄アカ、弟アカともに初心者を卒業し、成績が危ぶまれましたが、全アカで10勝以上を達成できました^^。特に弟アカでは、OP初勝利を達成し、言うことのないシーズンでしたね。

 今Sでよくわかったのが、早熟系(早熟、超早熟)とやや早以降(やや早熟、普通、やや晩成)の馬の違いです。

 早熟系は、うちのレベルでも未勝利新馬を勝ち上がるのがすごく簡単ですが、500万以下を勝ち上がるのが非常に難しいです。よっぽと強い馬でないと、500万以下を勝てません(特に2歳)。つまり、うちの普通の馬だったら、1勝しかできません。

 やや早以降は、未勝利新馬のカベは厚いですが、突破できれば、500万以下までは「レースを選べば」勝ちやすくなります。つまり、ある程度の馬だったら、3勝させるのは難しくありません。

 確実に一勝が取れる早熟系とうまくすれば3勝できるやや早以降という感じですかね。

 @言えるのは、枠を考えると早熟系をたくさん付けて、ガンガン回していかないとすぐに枠が一杯になってしまう、ということ。

 上記を踏まえて、とりあえず兄アカ(短・短中)は、早熟系を多めに、弟アカ(中・中長)は、やや早系を多めに付けております。

 よって、今S弟アカは、あんまし勝てないだろうなあ、と思われw。

某国人はこういうときだけしか団結しないのか?

 一連の地震報道などを現地で見ていてよく聞く言葉が「某国人は、団結した」というものです。どうやら、この重大危機に面して、初めて偉大なる民族のみなさまが、伝統的な美徳やその優秀性を発揮なさっているようです。

 これって、ただ単に普段は自分のことしか頭にない偉大なる民族のみなさまが、こういうときだけ全体の利益を考えるようになったってことでしょ? 日本でも震災の時とか、似たようなことはあったけど誰も「日本人は団結した」「伝統的な美徳が」なんて言わなかったよ。そんなの自然の反応だからね。

 つまり、偉大なる民族のみなさまは、普段は自分のことしか考えてなくて、行列してても自分だけ先に行けばいいと言う考えで行動するし、地下鉄やバスから乗り降りするときも、自分が先に乗れればいいと思っているし、仕事しても「会社のため」とか「お客さんのため」とかより、自分がどうやってラクするか、いい目見るかしか考えてないってことの裏返しのように見えるんですが、たぶん気のせいでしょうw。

 個人的には、「団結力」とか「美徳」とか、そういうものをお持ちであるのなら、出し惜しみせず、普段から存分に発揮していただきたいと思います。ていうか、「国家」だの「民族」だのという前に、まずどうしたら周りの人にメーワクかからないかとか、どうしたら、みんながスムーズに地下鉄に乗れるかとか、そういう「日本の小学生レベル」のことをきちっとやることに注力していただければ幸いです。偉大なる民族のみなさまですから、偉大でない日本人の(しかも小学生)にできることくらい、簡単にできるはずだと信じております。

2008.06.01

25s10/4-25s12/2

まずは、今週の勝ち鞍から~。

25s10/4-25s12/2(7日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
25s10/4 アボイチニンマエ号
弟アカ(あぼのみこ)
25s10/4 アボアジノノレン号
25s11/3 アボヒスイ号
25s12/2 アボアジノノレン号
兄アカ(阿呆親王)
25s10/4 アボメオトゼンザイ号
25s11/1 アボミズカケフドウ号
25s11/1 アボミコシノマツ号
25s11/1 アボジュウサンヤ号
25s12/1 アボホウコウ号

 7日間で9勝とは!! 勝利ラッシュですね~。特に兄アカが5勝と気を吐いております。まあ、ほとんどが2歳未勝利っすけどねw。

 今週のハイライトはなんと言っても弟アカでの初OPですね~。12月2週に2歳OPダ2300を勝ってくれました。この馬についてはいろいろ書きたいんですが、なんと言っても皆様のおかげなんですよ~。笑くんのアドバイスで、強化バンテつけて指数が1上がったし、ダート蹄鉄がなくなるという怪現象もタカフミさんのアドバイスで元に戻ったし、それよりもなによりも、ドラゴンカップですね。馬主会(死神の間)のこのイベントがなかったらこの仔もいませんでした。本当にみんなの協力あっての初OP制覇でした。

 さて、この仔ですが、ゲーム時間の8月終わりくらいにピークが来て、初めてフリレでタイム計ったとき「行けるかも」という手応えを感じました。で、早速「全」で見たら、ダート馬のくせにパワ、ダともにCという変パラw。このときすでにノーマル蹄鉄をはいており(←ここ反省点w)、どうしようもなかったのですが、わざと放牧に出して、ローテ組んでOP狙いに行きました。初めてのOP挑戦は、新馬をひと叩きして、順調に来たのですが、某上位馬主様(Iさま)の芝24馬(たぶんひとたたき目w)に軽くやられ、500万以下を挟んで挑んだ次のOPも、芝3000が本職の馬のひとたたきにやられw、同時に某上位馬主様のダート馬(Gさま所有:茶鯖の2歳ダ中長は、たぶんこの馬が一番速い)にも先着され、3着。そして、最後のチャンスとなった昨日のレース。一番人気はやはり芝2400が本職の馬w。うちの仔は、2番人気だったけど、印が薄い(△みっつ)という不安な状況。ただ、このとき、すでにダート蹄鉄と強化バンテで指数がアップし、Gさま所有の上記強馬は、なぜか回避という好条件。ゴールしたときは負けたと思いましたが、アタマ差で差しきっての勝利でした。ずっと、馬主会のみんなが一生懸命応援してくれて、勝てなくて申し訳なかったんですが、最後に勝てて、本当に良かったです。

 今後ですが、枠が増えたこともあって、弟アカは、早熟よりやや早以降を多めにつけて、じっくり行きます。次の目標は重賞ではなく、3歳以上のOP勝ちですね。110以上の馬を量産できるようになるのが夢です。そういえば、アボアジノノレン号は、うちの馬の中で初めてフリレで安定して110以上を出せるようになった馬です。そういう意味でも、記念となる仔ですね。

 兄アカでもOP勝ちたいけど、短・短中はちょっとカベが厚くて、もう少しかかりそうです。まあ、こっちも最近ダート路線が見えてきたし、そのうちにOP勝てるような気がしますね^^。

 以上、長々と書いてしまいましたが、長くなったのは自分が後で読み返すためですw。失礼しました。

« May 2008 | Main | July 2008 »