My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 26s3/3-26s4/4 | Main | 誤訳指摘 »

2008.06.21

祭られた先生

最近の地震報道で、もっとも注目の的になっていると言っても過言でないのが、范さんという中学校の先生です。

この人なんで有名になったかといいますと、、、、別に身をなげうって生徒を助けたわけでもなく、復興に力を尽くしたわけでもありません。ただ単に「地震の時、生徒をほったらかしにして逃げた」というだけのもの。

ようするにみんなから非難されて「祭られている」訳ですなw。

わたくしも、祭りの原因となった燃料たる文章を拝見しましたが、普通に地震当日の記録を淡々と書いているだけで、その中に自分が真っ先に逃げたと書いてあるに過ぎません。つまり、この部分は、文章の一部分であって、作者が一番言いたかったことではない、と見えました。ただし、文章の冒頭に「中国みたいな暗黒の国に生まれてオレは不幸だぜ~」みたいな部分があります。この部分は、後の部分と全然つながりもなく、すごく不自然なのですが、このあたりが極上燃料になってしまった理由の一つでしょうね。

まあ、わたくしの目から見ると、本当にどうでもいいことで祭られているのですが、本人も、テレビに出ていろいろ反論したりしております。曰く、「教師に命をなげうってまで生徒を助ける義務はない」「事前に地震訓練もなければ、緊急避難に関する教育も受けてない」「教師の待遇なんて、本当に悪いのに~」などなど。

ただ、反論の中には「学校で教えていることから歴史研究に至るまでこの国はウソだらけだ~」みたいなお言葉もあり、こういう部分が極上燃料になっているんでしょうが、個人的にはもっとkwskという感じっすねw。

まあ、この人の存在自信が「マスコミに作られた地震の英雄w」をあがめたてまつり、「お上は本当に民のことを考えておりますじゃー」みたいに盲目的に政府の宣伝に引っかかっている偉大なる民族のみなさまに対する当てこすりみたいな部分があります。まあ、今じゃあ、手抜き工事で私腹を肥やした悪代官とか、「本来批判されるべき人々」に対する批判までこの人が一手に引き受けて、政府のイメージアップに一役を果たしている感も否めませんなあw。

ちなみにこの先生、今はクビになったみたいです。

まあ、逃げたのは褒められた行為じゃないけどさ、某国の教師に対する社会的地位や待遇、人材レベルなどを考えると、この人の反論もうなずけないこともないような、、、ま、本当にどうでもいい内容だと思います。

« 26s3/3-26s4/4 | Main | 誤訳指摘 »

中国ニュース」カテゴリの記事

Comments

いや~、わたしもこの先生の勇気…ってか、蛮勇にある意味頭が下がります。

あの国で、この行為。自ら煮え立つ鼎に飛び込んだって感じですね。

いざ、というとき身を犠牲にして人を助けるもよし、足が速ければ真っ先に逃げるもよし。人それぞれだと思います。

問題なのは、こういった立場に置かれたこともなく、自らを省みず誰かを助けることができるかどうかわかりもしないやつが、この先生の行動をあれこれ非難していることですね。
まるで、先生は学生を助けて死ななきゃだめ!と言われているようなもの。

確かに、子どもを助けに戻ったが為に命を落とした先生は立派だと思うけど、それは単なる結果であって、本人も死んでしまったらそれまで。

本当はそれよりもっと大事なことがあるだろうに。
学校の建物さえまっとうであったら、先生だって命を張ることはなかっただろうし…

義捐金が全部は現地に届いていないことの理由にも、大事なあれ「誰かが途中で着服している場合もある」ってのが、抜けてるし…

今回の地震で家族や家を失っただけの人、以前より生活が向上した人、被災していないのに、物資やお金を途中でくすねて、得した人、さまざまな人生模様が見て取れます。

この先生、今がチャンスとばかりにやけになって言いたいことを言ったんでしょうね。

わたし、彼を応援したいです。

どうもレスありがとうございます~。

わたくしは個人的に「命を投げ出して誰かを助けた」というたぐいのニュースが大嫌いです。逆に「誰かを助けて、助けた人も安全だった」というニュースの方が顕彰されるべきだと思うのですが、世の中では、前者の方が偉いとされますね。私の目から見ると、前者は失敗例ですわ。

さて、この先生ですが、エリートの北京大学卒だし、しゃべっている感じなどを見ても頭が良さそうです。見かけは、我が中学校の先輩「Mr.オクレ」さんぽくって、ちょっときもいですがw。

ただ、しゃべる言葉の端々や各文章のあちらこちらに網民のみなさまを刺激する燃料がちりばめられておるんですな。網民のみなさまからすると彼が「自由」とか「民主」とかいうのも気にいらんみたいですわ。

ま、いずれにしても、どーでもいい話だと思いますね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 祭られた先生:

« 26s3/3-26s4/4 | Main | 誤訳指摘 »