My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 大阪府職員を擁護してみる | Main | 26S2/1-263/2 »

2008.06.14

ボクがキモヲタだったころ

わたくしは、今は外国に住んでおりますが、一年に一回くらいは日本に帰ります。日本の自宅に帰るとあることをしみじみと感じるのです。

それは、「日本にいた頃は、キモヲタだったんだなあw」ということ。部屋に張ってあるポスターが、宮崎アニメとかスレイヤーズとかときメモとか、今から見るとかなりやばいです。まあ、当時は、キモヲタなんて言葉自体なかったと思いますが、かなりオタッキーな人だったことは事実ですね。

当然、彼女もいなかったし、、、つーか、彼女いない歴=年齢だったですねw。今から考えると、信じられないくらい女性にもてなかったw。なぜ、あの頃、わたくしの周りの女性は、わたくしを執拗なまでに避けていたのかw。そういうオーラが出ていたのかもしれませんなw。一番きつかったのは、普通の善意で行った行為が変に勘違いされて「このひとわたしの身体狙いだわ(笑)」みたいな猛烈な拒絶反応を受けたとき。そういう反応をする人って、だいたいアレな外見の人が多いんですがw、それだけにショックがきつかったです。

今と比べるとあの頃は気楽だったのですが、やはり得体の知れない絶望感を抱きながら生きていたと思います。あの絶望感の中で生きるのはつらかったですね。当時の自分に聞いたら絶対に否定するでしょうけどw。

まあ、今は結婚して子供も二人いるし、あのころとは雲泥の差なんですがね。結局、留学したのが良かったですね。もちろん、彼女を作るために留学したわけではないんですが、結果として、思い切って環境を変えたことが成功につながったと思います。

(追記)

後でよく考えたら、留学も語学に打ち込むようになった結果であって、環境を変えるためのものではありませんでした。つまり、何かに一生懸命になって打ち込む、というのが成功への鍵だったんだなあ、ということです。

« 大阪府職員を擁護してみる | Main | 26S2/1-263/2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ボクがキモヲタだったころ:

« 大阪府職員を擁護してみる | Main | 26S2/1-263/2 »