My Photo
September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

2008.07.27

まつりごと

今日も中国語のネタです。

日本人にとって「政」とは「まつりごと」であり、民間の商いや市井のおっさんの行為とは、全く一線を画するものなのです。で、一方、英語では、このあたりの区別が曖昧で、たとえば、市井のおっさんの建前でも"policy"とか言っちゃうわけです。日本ではそんなことはあり得ません。「政策」と言えば、「政府が出した施策」であり、市井のおっさんの考え方などとは全く無関係です。「政権」も同じく、日本では政府の権力を握っている勢力を指しますが、英語で"adoministration"というと民間企業の総務課とか、そういう人たちまで入ってしまうようです。

そして、本題の中国ですが、中国でも「政策」「行政」などという言葉を使います。これらの言葉は、かなり高い確率で日本から輸入された言葉です。つまり、日本で英語などの欧米の言語を翻訳するときに作った造語をそのまま流用しているのです。で、これらの言葉ですが、中国人が使うとどうも「まつりごと」という色彩が薄れ、英語的になってしまうんですな。民間企業の施策でも「政策」とか言ったりしますし、民間企業の幹部でも「行政幹部」とか言ったりします。このあたり、日本人であるわたくしが耳にすると猛烈な違和感があるのですが、どうも「難しい言葉を使ってかっこよく言ってやろう」と考えている人に限ってこういう言葉を使いたがるようです。(ちなみに以前挙げた「初歩」もそういう傾向があるような気がします)

 まあ、中国人が言う「政策」「行政」は、中国語としての「政策」「行政」ですから、外国人のわたくしがとやかく言える筋合いはないのですが、民間の商いに「まつりごと」を持ち込むのはやめて欲しいと思う今日この頃ですw。

26s11/3-27s1/1

こっちは、いつもの記事です。

まずは、今週の勝ち鞍~。

26s11/3-27s1/1(8日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
26s11/4 アボクロベイ号
弟アカ(あぼのみこ)
26s11/4 アボアライガミ号
26s12/1 アボタビデ号
26s12/2 アボスマサレメエ号
26s12/2 アボアダナスガタ号
26s12/3 アボアメジスト号
兄アカ(阿呆親王)
26s12/2 アボシュギョウ号
27s1/1 アボヨコチョウ号

8日で8勝と一日一勝ペースをキープしておりますな。まずまずです。

今週のトピックスは、やはりアボアダナスガタ号のOP(春待月S)勝利でしょう。春待月って、12月のことだったんですね。ググって調べましたw。この馬は、狸のイベント登録馬だったのですが、一位がすみれさんのGⅠ二勝馬で、遙か彼方に行ってしまっている状態でした。そんな中で着々と条件戦を勝ち上がり、うちの仔が2位をずっとキープしておりました。このOP勝利で2位を固めたかな?と思いきや、梅さんの馬が猛烈なスピード(OP2連勝)で追い上げて来ました。最終の12月4週、何とか賞金稼ぎを狙って、無理矢理GⅠに出しましたが、掲示板に載ることすらできず、同じ時間帯に梅さんの馬は別の重賞に出てたので「もうダメか」と思いましたが、梅さんの馬は3着だったので、何とか2位を確保できました。実は2位は、ふかきょん賞の対象なので、とてもうれしいです。このふかきょん賞は、2位と11位に設定されており、初めて見たときは、「取れても11位の方かな」と思っていただけにうれしいです。ていうか、途中で馬主会を抜けたわたくしに受賞資格があるのかはっきりわかりませんが、形だけでも2位を確保できたのでよしとしましょうw。

さて、27sが始まりました。今後もコツコツを合い言葉に、じみーにやっていきますw。

26Sまとめ

26S終わったんで、まとめやります。

まずは3アカの状況から。
兄アカ
14勝(通算84勝)
超早熟・早熟中心でやったため、効率はあまり良くありませんでした。ただ、この効率の悪さがあって、枠が作れて今Sなんとか種付けできましたw。念願だった初OPを制覇し、レベル10になりましたが、引き続き2歳戦線を中心にやりたいです。そんな中、古馬でまあまあの馬がいますので、このあたりでOPか欲を出して重賞を取れればいいかな、と思っています。

弟アカ
23勝(通算81勝)
3歳以上の馬たちが条件戦で稼いでくれ、ついにベスト100入り(85位)。初心者卒業以来、初の快挙ですが、なぜか代表馬が「アクアジョディ」になってます。うちではまだ一回も勝ってないんですがw。あと、OP特別も勝ちましたし、狸のイベントで2位(ふかきょん賞)獲得馬も出ました^^。このアカは理想的な状態です。このまま、条件戦で稼いでいきながら、その延長線上で重賞制覇があれば最高ですね^^。

倉庫アカ
12勝(通算31勝)
レベル9になって、3人目の騎手ができました。念願のダート騎手なんですが、育成している暇がないくらい厩舎が一杯です。このアカは、引き続きこんな感じでいくしかないでしょうw。

 さて、ビッグイベントはなんと言っても死神の間の会長就任と兄アカの移籍でしょうね。会長の方は、みんなの協力で今のところ問題なく来ています。今日も、無料会員向けの撒きフリレやるんですが、みんなからカードを募ったら、オコジョだけで19枚も集まりました^^。

 狸の方は、この間種付け入会で里帰りさせてもらったのですが、退会はやっぱり寂しいですね。自分の中には、狸の一員であることの誇りみたいなのもありましたし、初めて入った馬主会ですし、、、、まあ、来Sも種付け里帰りさせてもらいます。

 さて、今Sの種付けですが、混乱の余波もあって、行き当たりばったりになってしまいました。いつもなら、最低早熟系とやや早系の比率くらいは考えて付けるんですが、今Sはそれもなしw。来S、枠が足りなくなるんじゃないかとちょっと心配ですw。

 あと、「持続SS」とのコメントでセリ落とした肌の産駆が持続Bでした。この方のお名前は一生忘れませんわw。ただ、持続コメなしの高パラ牝馬が2頭いて、そのうちの一頭の産駆が持続SSだったので帳消しですな。まあ、セリはギャンブルなんで、こういうこともありますわなw。でも、人をだましちゃいけませんw。

2008.07.19

警察があなたを捕まえないのは面倒くさいからだけ

最近の殺人予告報道などを見ておりますと、つくづく標題のようなことを思いますな。

警察はいつでもあなたを捕まえることができるんですよ。別件逮捕は、警察の得意技w。オウム事件の時だって、月極駐車場の中にいたとか、カッターナイフ持ってたとか、速度違反したとか、そんなので下っ端の信者までしょっぴいていたじゃないですか。

オウムとあなたは関係ないですが、捕まった信者にしても、ただの信者なんだからね。あなたがいつ同じような立場になるとも言えないよ。

そのときに備えて、そういう記録は一切残さないようにするべきなんですよ。だから、わたくしが日頃より口を酸っぱくしていってるように「ネットで犯罪行為告白やそれを奨励するような言動は絶対にダメ」なんです。それが買春であれ、海賊版の購入であれ、絶対にダメですよ。

まあ、本人が某国の国家転覆罪で逮捕されそうな言動を繰り返しているわけで、あんまし説得力ないですが、、、わたくしも以後気をつけますw。(もちろん、この件に関しては、日本も某国も警察の本性という意味では同じですよ。)

26s9/5-26s11/2

恒例の今週の勝ち鞍~。

26s9/5-26s11/2(7日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
26s11/1 アボクロベイ号
26s11/2 アボイッポン号
弟アカ(あぼのみこ)
26s9/5 アボアダナスガタ号
26s9/5 アボホウゼンジ号
26s10/3 アボオネガイ号
26s11/2 アボタビデ号
兄アカ(阿呆親王)
26s9/5 アボゲンヤダナ号
26s10/1 アボシラヌホトケ号
26s10/2 アボエサオー号
26s10/3 アボシュギョウ号
26s11/3 アボヨコチョウ号

7日間で11勝ですな~。いい感じです。

さて、今週は……いろいろあったなあ。どこからどう書いていっていいのかw。一番大きな出来事は、死神の間の会長就任ですね。アクアさんの引退に伴うもので、アクアさんのたってのお願いだったので断れなかったです。正直言って、わたくしでは力不足と思いますが、幸い今のいい流れがありますので、なんとかそれをつなげていければと思っています。

あと、それに伴って、狸印に所属していた兄アカ(阿呆親王)を死神の間に移すことにしました。これも断腸の思いだったのですが、死神の方に活動を集中したいと思いまして、思い切って決断しました。

そんなこんなでいろいろありまして、実は、この期間に兄アカ初OP勝ってるんですが、、、、ちょっとだけ触れておきます。勝ったレースが非常に特殊でありました。一つは、出走馬が全部1勝馬。つまり、実質500万以下ってことねw。あとは、出走馬が全部差し馬でした。当然スローペースだったのですが、どの馬も条件は同じになりましたね。そんな中で勝ったのですが、当日、パソコンのモニターが故障して、観戦が非常に困難になったこともありましたなあ。モニターの電源を入れると0.3秒くらいで切れてしまうんですな。で、電源入れたり切ったりして、紙芝居状に観戦しました。レースは楽勝だったので、勝ったことだけは確認できたのですが、その日は、撒きもできずに寝ましたw。で、次の日、モニターを買って、撒きました。いやー、こういう撒きフリレって、いいですねー。本当に実感が湧くというか、次は、早く重賞取って撒きたいですw。ちなみにこの馬、初勝利の時に大差勝ちしたんで、タイムを確認したら、それまでの全部の勝ちタイム(2歳未勝利/新馬)を上回っていました(同S比)。そこで初めて手応えをつかんだのですが、その後、重賞の勝ちタイムを見て心が折れそうになったりもしましたw。最終的には、OP勝てて良かったです。母系もたれ蔵さんからもらった馬を繋いだものですし、ちょっとは恩返しができたかも知れません。

と、ちょっと触れるつもりが長々とw。まあ、本当にうれしかったですし、このブログは自分があとで読み返すために書いているんで、問題なしっすw。

それにしても、これからわたくしの競馬伝説ライフはどうなっていくんでしょうか? 会長なんて受けちゃって大丈夫かな? まあ、いろいろと不安もありますが、頑張って行きますね。

2008.07.12

某国から見た日本って

 昔、日本に留学していた某国人というのは、革命の最前線だったわけですよね。まあ、日本人でも革命を支援するような義侠心にあふれた人もたくさんいたわけで、、、。

 で、今を見てみると、聖火リレーで代表されるような、あの体たらくですわw。

  時々、この違いは何なんだということを考えます。 このあたり、うまく言えないんだけど、たぶん「某国人から見た日本」というのが全く違っているんだろうな、ということを感じます。

 つまり、革命前夜のころは、日本に来た某国人は、日本を見て、非常に感じるところが大きかったんじゃないかと。彼らをして「我が国はこのままではダメだ」と思わせるものが日本にあったんじゃないか、と思います。しかし、今、日本に来た某国人たちから見ると、そういうものを全く感じない、と。

 あと、某国人たちの感受性の違いというのもあるでしょうね。今の若い人はみなさま例の愛国教育を受けていらっしゃいますから、見えるものも見えない状態になっているような気がします。

 まあ、日本側も、あの頃は、上り坂、今は下り坂という事情があるんですがね。それから、今、日本で革命に目覚めた某国人がいたとして、それを支援するような義侠心に富んだ日本人もいないでしょう。

 まあ、うまくまとめられないんですが、そういう相対的な空気というか、そういうものに時々思いを巡らせている今日この頃です。

26s8/2-26s9/4

まずは、今週の勝ち鞍~

26s8/2-26s9/4(7日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
26s8/2 アボホウコウ号
弟アカ(あぼのみこ)
26s8/4 アボアライガミ号
26s8/4 アボダイヤモンド号
26s8/4 アボタビデ号
26s9/4 アボタビデ号
26s9/4 アボマッテテヤ号
兄アカ(阿呆親王)
26s8/2 アボゲンヤダナ号
26s8/4 アボヨコチョウ号
26s9/1 アボカタルモユメ号

7日間で9勝と、まずまずの結果ですね^^。特に弟アカは、全部が3歳以上の勝ち鞍で、思った通りの戦術(条件戦をこつこつ勝っていく)ができていていい感じです。まとめ勝ちもありますし、この調子でいければいいかな、と思っております。

今日は肌馬のセリについて書きます。今までは、どっちかというと競争実績中心で肌馬を選んでいました。結果として、うちの牧場にOP勝ち肌馬がごろごろしていた時期もあります。レコード馬の母が二頭いた時期もありましたw。ただ、そういう肌は、通常弱点を持っていることが多いです。ここで言う弱点というのは、パラの中で落ちる部分ですね。SとかSSとかが並んでいてもどっかにA以下のパラがあるとか、そういうのを指します。で、最近わかってきたのは、肌馬の弱点というのは、優先的に産駆に遺伝されます。弱点が受け継がれやすいということですね。

まあ、競争成績も良くて、弱点パラもないような肌は滅多にセリに出てこないのですが、その逆、競争成績がしょぼくて、パラに弱点がない肌だったら、時々出てきます。しかも、そういう肌で、オールSクラスは、価格がお手頃な場合が多いw。今は、そういうのを中心に狙っています。オールSクラスだったら、何かでうまく上ブレしたら、オールSSにならないかな~という妄想もあるんですが、どっかのパラが上ブレしたら、SSですからね。そこを繋いでいって、オールSSクラスを作れれば、と考えています。

それ以外は、種付け可の肌を購入→即日種付け→翌日産駆のパラ見て処分するかどうか決める、というパターンもあります。産駆のパラは、持続を見るようにしています。それに加えて現を使って、左側のパラを推定することもありますけどね。持続は母の遺伝が強いですから、上下1メモりくらいしかぶれません。だから、B以下だったら、処分を即決できます。一番困るのが、持続がAという場合。これだとSが1メモり落ちた可能性もあるので、悩んでしまいますw。

後は、人を見ることかな~。一度、いい肌を買えたと思ったら、その人の出す肌を優先的に考慮する、とか、痛い目を見た人はryとかw。まあ、自分が人をだまさないというのが大事だと思います。セリも取引ですから、やはり信用第一で臨まないとあきまへんなーw。

とまあ、偉そうなことを言っておりますが、うちも3アカでまだOP一勝という寂しい実績w。もっといろいろ経験して、勉強していきたいと思っております。

2008.07.05

<北京五輪>「迷惑かけるな」「恥さらすな」、政府が「問題児」中国サッカーを叱責―中国 - 速報 ニュース:@nifty

さて、一方某国のサッカーは、W杯アジア予選での敗退が決定しました。

<北京五輪>「迷惑かけるな」「恥さらすな」、政府が「問題児」中国サッカーを叱責―中国 - 速報 ニュース:@nifty

まあ、弱いこと自体は恥ではないと思います。問題は、ずるして勝とうとする(しかも勝てないw)、八百長の蔓延、有利になったら手抜き、劣勢になったらラフプレー、というあたりでしょうね。特にラフプレーは、今後親善試合のマッチメイクにも影響する重大なマナー違反ですよ。

とにかく、某国サッカー協会のみなさまには、「勝てば何でもいいニダ」という小国的発想を捨て、負けていても勝っていても最後まで力一杯やる、ズルとラフプレーはしない、それで負けたら仕方ない、という発想を持って欲しいのですが。

ただ、この記事を見ると「恥」は成績方面のことだけと思っているようですね。結局「勝てばなんでもいいニダ」っすかw。

鄭選手ウインブルドンベスト4!!

ちょっと古いニュースになるかも知れませんが、鄭潔選手がウインブルドンの女子シングルスでベスト4になりました。準決勝でセリーナウイリアムス選手に負けたのですが、2セット目はタイブレークに持ち込むなど、なかなか健闘したようです。

以前から、わたくしは、某国のスポーツで強いのは、マイナースポーツだけとバカにしてきましたが、今回は脱帽いたします。テニスは、立派なメジャースポーツです。各国にプロ選手がたくさんいて、世界的な大会も開かれております。そんな層の厚い中で優秀な若者を選抜してエリート特訓という方式だけで世界的なプレーヤーを輩出することは不可能と思ってましたが、これで場合によっては可能であることが証明されましたw。

まあ、なんつーってもウインブルドンですからね~。ベスト4は、すごいですよ。ただ、本人のコメントを見る限りでは、ウインブルドンよりもオリンピックのダブルス金メダルを気にしているみたいですねえ。正直言って、ベスト8になった時点でオリンピックのダブルス金メダルよりもずっとずっと価値があるはずなんですが、某国人にとってはそうではないんでしょうかw。国内的にもあんまり反響がないような気もしますし、、、

まあ、伊達選手がウインブルドンベスト4になったときも日本国内であまり騒がれてなかったような、、、。まあ、価値観というのは個人個人で違うんでしょうが、わたくし的には、イチロー選手が何本ヒットを打とうが、松井選手がホームラン打とうが、そんなものはウインブルドンベスト4の足下にも及ばないような気がしますがねえ。(ちなみに日本のスポーツ選手で歴史上もっともすごかったのは中野浩一選手だと思います)

残念ながら試合を見る機会には恵まれなかったのですが、日本語の記事を見る限りでは、バックハンドが得意なベースライナーのようです。(注:某国語の記事ではそういうことは一切読み取れませんw) このあたりも伊達選手を彷彿とさせますね。1セット目を簡単に取られる負けパターンも一緒ですw。どうでもいいけど、このあたりウオーミングアップのやり方を変えるとか、対策取れないのかなあ。

伊達選手は、最近現役復帰しましたが、あの頃必死に応援していたものとしては、「なんで今頃?」という思いの方が強いですね。あのとき、サスペンデッドになってなかったら、優勝できていたかも知れないのに。あと、2~3年やってたら、またどこかでチャンスが巡ってきたかも知れないのに。

まあ、その分鄭選手には、頑張ってほしいですね。ベースライナーみたいだから、全仏とかの方がチャンスはあるでしょうし。個人的には、オリンピックなんてどうでもいい大会は手を抜いても、グランドスラムに集中して欲しいですわw。

26s/6/5-26s/8/1

まずは、勝ち鞍紹介~

26s/6/5-26s/8/1(6日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
26s7/1 アボホウゼンジ号
26s7/2 アボアダナスガタ号
26s8/1 アボアダナスガタ号
兄アカ(阿呆親王)
26s7/1 アボイチブ号
26s7/1 アボミコシノマツ号
26s8/1 アボヨコチョウ号

 倉庫アカが勝ててませんが、一日一勝ペースを維持できております^^。今後は、兄アカで2歳馬がどんどん勝ってくれるでしょう、一頭一勝ずつだけどw。(質より量で勝負っすw)

 さて、今週のトピックスは、アボアダナスガタ号が、1000万以下クラスを勝ったことですね。つまり、初心者卒業以来、初めての準OP馬が誕生しました。以前から言っていますが、突然変異的に大きなレースを取るよりも、こうやって条件戦でこつこつと勝ち星を稼げる馬を量産していくことが今の方針です。

 馬券もこつこつ買って、フリレもこつこつ回して、ブログもこつこつ更新して、カード伝説もry、、、とにかく、少しずつでも前に進んでいる感覚を味わえるのがこのゲームのおもしろさだと思っています^^。

« June 2008 | Main | August 2008 »