My Photo
January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« February 2009 | Main | April 2009 »

March 2009

2009.03.28

31s8/1-31s9/2

まずは、今週の勝ち鞍からです。

31s8/1-31s9/2
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
なし
兄アカ(阿呆親王)
31s8/1 アボスガメ
31s8/2 アボイチモン
31s8/3 アボビンニヒキアテ
31s8/4 アボシロウスヨウ
31s8/4 アボコオリ
31s9/2 アボコオリ

31s9/2 アボトノモヅカサ

6日間で8勝と、まずまずのペースです。全部兄アカの勝利ですがw。

さて、今週のハイライトと言えば、なんと言ってもアボコオリの京成杯オータムハンデ制覇ですね。これで、兄アカは、重賞2勝目です。強心臓を持ってるんで、ちょっと期待していたのですが、見事に期待に応えてくれました。次は、富士→マイルCSという感じでGⅠ制覇を狙っていきます。まあ、そんなに甘くないだろうけどw。

馬主会の方もosamuちんがザウルスハロウィン号でブリーダーズGCを制覇しております。一時期の勢いは消えてる感じがしますが、うちの馬主会もじっくりとやっていきたいと思っております。

それでは、今週はこの辺でw。

WBC二連覇

野球日本代表がWBC2連覇しましたね。正直勝てるとは思っていなかったので、すごくうれしく思っております。まあ、世界一になるというのはどんなマイナーな世界でも簡単なことではなく、ましてやそれを二回も続けたのですから、すばらしいことですね。

今後は、この成績におごらず、球界改革を進めて欲しいと思います。

とりあえずは夏春の甲子園廃止からやってみては?w

近況090328

近況です。

まず、ランニングのタイムの方ですが、落ちてきている流れは変わりません。まあ、体重も落ちてきているので、よしとしますかね~。あと、自転車の方は完全にあきらめ、今は、朝ジョギング35分、昼階段20分、夜室内自転車40分というメニューになっております。

まあ、それ以外に衝撃だったのは、東京マラソンで話題をさらったヅラランナーの高田さんのブログに練習記録があるのですが、その中で10キロジョグ(60分)とか書いてありました。そのタイムって、わたくしが思いっきり走って何とかなるかって、タイムなのに、、、まあレベルは違うけど、上級者から見るとジョグレベルだったのねw。

まあ、上には上があるので見ていると首がゴキッとなりそうですから、この辺にしときますわ。

2009.03.21

舌切り雀にマジレス

最近、子供に語り聞かせをやっているのですが、童話って結構突っ込みどころ満載だな~っと思います。

わたくしが、主に担当しているのは日本昔話系の語りです。一番意味がわからんのが「したきり雀」ですね。まず、最後のおばあさんが大きなつづらを取るところですが、わたくしの子供時分は「欲張りは良くない」という文脈で語られていたと思うのですが、今のわたくしの価値観からすると「なぜ大きなつづらを選んだらダメなのか」が理解できません。今見てみるとむしろ途中で開けてみたのが悪かったのかな、くらいにしか思えないですね。あと、ここでおばあさんがお化けを見て腰抜かしても、すでにおじいさんが宝をたくさん獲得しており、通常の日本の夫婦のあり方からするとすでにおばあさんも巨額の財産を手に入れたことになると思うので、この一連の話自体は、おばあさんにとっても悪い話ではないような気がします。

まあ、昔話とかにあんまりマジレスするのもかっこわるいとは思いますが、ネタとして書いてみました。早家が、昔、芥川龍之介さんの小説でさるかに合戦の後始末みたいなのを読んだような気がします。

近況090321

近況です。

まず、ランニングのタイムの方ですが、今週の後半あたりからタイムが落ち始め、最近では5キロ30分ペースでは走れなくなっています。まあ、すでに力があることはわかっているんで、今レースがあったら5キロ30分は間違いなく走れると思います。あとは、スタミナをつけてそれで10キロ走れるようにしたいですね。

それから明日香港に行きます。まあ、オフ会っつーか、ちょっとした集まりなんですが、ついでに買い出しもやってきます。(出来れば自転車屋にいって、楽々ワックスを探してみたいですが)

それ以外には最近WBCがすごく気になりますね。まあ、いろいろと運営に問題があるようですが、わたくしが日本にいたときから考えると夢のような大会です。残念なのは、こっちにいると映像が全く見れないことですね。選手も、イチロー選手、松坂選手、城島選手くらいかな、生で見たことあるのはw。あとの選手は今ひとつピンと来ないメンバーですね。もう、次回のWBCになると、全員が知らん選手になっちゃうのかな。現時点だとサッカー日本代表の方が、なじみがありますわ。

31s6/4-31s7/4

31s6/4-31s7/4(6日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
31s6/4 アボコトヨセテ
兄アカ(阿呆親王)
31s6/4 アボケツコク
31s6/5 アボビンニヒキアテ
31s6/5 アボオリフシ

6日間で4勝ですか。まあ、これから2歳馬がぽつぽつ勝ってくれるでしょう。

 まあ、今週も相変わらずIN時間があまり取れず、特に話題はないですね~。まあ、一言言わせて貰えれば、最近2ちゃんで話題になっている功労馬。あれなくして条件戦が勝ちにくくなるようだとうちのような立ち位置の馬主にとっては死活問題ですな。

 馬主会の方では31s7月2週にosamuちんのザウルスセレブ号がプロキオンSを勝ちました。

 あんまり話題なくてすいませんが、今週はこんなところでw。

2009.03.15

賈女偸香

えー、こっちも調べ物ついでに見つけた話です。

晋時代に韓寿というイケメンがいました。この人は単にイケメンなだけでなく、頭も良くて、当時の賈充という有力者に取り入っていました。この賈充さんには、二人の娘さんがいて、長女はすでにお嫁に行き、妹の方はお父さんの元で大事に育てられていました。この妹さん賈午という名前なのですが、ある日、韓寿が、宴会でかっこよく一席ぶっているところをカーテンの影から見て、一目惚れしてしまいました。それからというもの、賈午は、毎日韓寿のことを思ってご飯ものどに通らなくなり、病気になってしまいました。それを診て両親は心配し、医者に診せたりしますが、どうにもよくなりません。哀れに思った侍女がある晩韓寿を賈午の部屋に引き入れ、思いを遂げさせます。その夜、韓寿は、部屋に良いにおいがすることに気づきました。賈午に尋ねたところ、「父から貰った西域渡りのお香を焚いたのです。もし、明日もいらしてくれたら、いくらか差し上げます」とのこと。翌日も韓寿は、賈午の部屋に夜這いに来て、そのお香(どうも賈午が父から盗んだものだったみたいです)を少しだけ貰って帰りました。

 当然、このことは誰にも話さず秘密にしていたのですが、このお香は一度焚いたら一ヶ月は身体から離れないというスグレモノだったため、「韓寿がすごくいいお香を手に入れたらしい」というウワサが流れました。賈充もそのウワサを聞きつけ、確かめたところ、武帝から下賜された家宝のお香に間違いないということに気づきました。そこで、賈充は、あの手この手で調べ上げたところ、娘の賈午が韓寿と密通していたという事実が発覚し、、、、まあ、昔のことですからいろいろ問答があったんでしょうが、これは親としても認めざるをえんということになったみたいで、最後は二人はめでたく結婚したそうな、めでたしめでたし。

 個人的には、中国にも恋患いがあったということがおもしろかったですね。

http://vip.book.sina.com.cn/book/chapter_38238_23865.html 

劉阮遇仙

いろいろと調べ物をしていて、面白い話があったので忘れないうちに書き留めておきます。

これは、中国版浦島太郎ですね。

ただし、こっちの主人公は海ではなく山に入っていきます。

--------------------------------------

漢明帝永平五年、劉晨、阮肇という二人の男が天台山に薬草を採りに入りました。当時、麓の村で疫病が流行っていたので、みんなの病気を治したかったみたいです。山に入って、飢え死にしそうになったりしたのですが、何とか飢えもしのぎました。あるとき、山の中で小川の上流からゴマの粒が流れてきているのを発見しました。これは、上流に人が住んでいるに違いないと思った二人は、流れをたどっていきました。そこで見たのは二人の美女。二人は、誘われるまま、美女の家に入ります。そこで、おきまりのと言うか、夢のような暮らしをするのですが、二人が気になるのは村の様子。そこで聞いてみると「私たちが使いをやって薬を届けたので村の疫病は治まりました」とのこと。その言葉にホッとしたのか、二人は、また夢のような暮らしを続けます。で、またおきまりのと言うか、しばらくすると故郷に帰りたくなってきました。美女たちが止めるのも聞かず、二人は麓に降りていきました。麓でおじいさんに会って、話してみるとどうも自分たちの七代目の孫であることが判明。しかも、疫病を退治した恩人として二人を祭る廟も建てられていたようです。

 ……というような話です。まあ、中国昔話とでも言いましょうか、たまにはこういう話もいいですね。

http://ttnews.zjol.com.cn/ttxw/system/2008/01/15/010307265.shtml

31s4/4-31s6/3

さて、いつもの勝ち鞍から行きます。

31s4/4-31s6/3(8日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
31s5/1 アボスズノツナ
31s5/1 アボクヨウ
31s5/3 アボホノグラキ
兄アカ(阿呆親王)
31s5/1 アボショニン
31s5/1 アボサヒョウエ
31s5/1 アボサダミツ
31s5/2 アボサンジュウロク
31s6/1 アボケツコク
31s6/2 アボビンニヒキアテ
31s6/3 アボコオリ

 8日間で10勝ですね。これから2歳馬がデビューしてきたらもっと増えるでしょう。

 さて、最近は特に話題がないですね。やっぱ、活躍馬が引退してしまうと寂しいものです。で、終わっちまうとあれなんで、とりあえずセリ市の話でもします。うちが良く見ているのは、肌馬のセリですが、以前は左側パラ重視でやって、産駆の右側パラがダメダメになったりしてます。最近は、血統で見れるようになりました。といっても、自分なりの血統理論とかあるわけではなくて、重賞馬の統計などを取っている関係で、肌馬とかその母あたりで重賞馬が出てるかどうかがかなり高い確率でわかるようになっています。そういう牝系で買いを入れるとか、ブルドメアサイヤーで選ぶとか。うちの統計はブルドメアサイヤーも取ってますんで、どの種がブルドメアサイヤーとして優秀かもだいたいわかります。だから、この種の肌は欲しいとか、そういうのがあるんですね。まだまだうちクラスの馬主だと自家製よりセリで落とした肌の産駆の方が走りますからね。

 馬主会の方は、5月3週にosamuちんのザウルスメモリー号がブリークネスSを取り、6月1週に金子真人さんのアルファジャスト号が金鯱賞を取り、osamuちんのザウルスセレブ号がユニコーンSを取りました。最後のユニコーンSはみんなで見てたんですがね~、まあ、見事な差しきりがちでした。

 そんなこんなで馬主会の方も重賞をボチボチ勝てるようになってきております。某突破団にはかないませんけど、うちはうちのペースで頑張って行きますわw。

近況090315

近況です。

まずはランニングの方ですが、今週は自己ベストが出まくり、ついに5キロ30分ペースを上回りました。これは、わたくしが初めて出た大会での目標タイムですね。まあ、これくらいで走れれば一応ランニングと言っても良いでしょう。

問題は自転車の方でして、実は、パンク修理が直せなくなりました。例のタイヤ取り付けのところで手を痛めてしまい、皮は剥けるわ、指の関節は痛めるわで、どうしようもない状態です。前回帰国したときに例の「楽々ワックス」を買わなかったことが非常に悔やまれます。香港で買えればいいのですがね。

トレーニングの方はこんなところですが、昨日育児支援に来てくれていた岳父と岳母が実家に帰ってしまい、今は我々夫婦だけで子供を見ていかなければならなくなりました。今後は、ゲームしたり、ネットに入ったりする時間が減ると思われますが、何とか自分の趣味は捨てずにやっていきたいと思っております。

2009.03.07

チャイナプレミアム

 中国のテレビで見たのですが、ある人が香港のホテルにチェックインしたとき、中国人だというとある注意書きみたいなのを渡されたそうです。その注意書きには「吸い殻を床にすてるな」「備品を持って帰るな」とか言うようなことが書かれてあったそうです。しかし、同行した日本人にはそのような注意書きを渡さなかったので、この人は「これは中国人を差別している」と怒っていました。

 まあ、これは差別かも知れません。しかし、この世界では中国人に対する「区別」ははっきりと存在するのです。たとえば、中国企業と日本企業の製品が、同性能、同価格であったとしたら、どちらに競争力があるでしょうか? 本来は、同じ競争力であるはずですが、多くの消費者は日本製を選ぶでしょう。たぶん、同性能で10%安いくらいでも、日本製が勝つと思います。たぶん、中国製が日本製に勝つためには、30%の価格差がなければダメでしょう。それも、同性能であって、という前提のもとでです。

 わたくしはこれをチャイナプレミアムと呼びたいと思います。中国製品は、同じ性能であっても、すぐ壊れる、金払いが悪い、長期取引だったら、ある日突然品質が落ちる、などの「先入観」をもたれています。わたくしの知っている中国系の大手電機メーカーは、金払いが悪いことで有名です。たぶん、その会社は、弊社をはじめとするある程度以上の部品メーカーからは相手にされないでしょう。

 もちろん、中にはまじめな中国企業もあるのでしょうが、そういう企業も同じプレミアムを背負わされるのです。だったら、結局、酷いことやった方が、、、いうことになりますね。

 同じ道理が人にも通用します。これは香港のホテルが取った行動と無関係ではないでしょう。

 この国に生まれて生きていくと言うことは、それだけで大変なんだなあ、とつくづく思いますね。

中国人の義務

 え~、たまには中国時事ネタ行きます。

 ちょっと遅れ気味ですが、最近のトピックスと言えば、「中国人の義務」ですな。ある愛国者(笑)の方が某オークションに入札して落札後「金は払わん。理由:中国人の義務」とおっしゃったとか。いや~、お金を払うという約束で落札しておいて、落札後見事に手のひら返すというこの鮮やかさ。さすがは愛国者(笑)の方ですな。

 で、ふと思ったのですが、これが「中国人の義務」だとすると、同じようなパターンである買掛金踏み倒しも、もしかして「中国人の義務」だったんですかね~。

 まあ、いずれにしても、こういう行為の積み重ねが「チャイナプレミアム」の原因になってるんですな。愛国者(笑)だったら、約束破っても許されるなんて、恥ずかしい論理がいまだにまかり通っているなんてねえ。

 気持ちはわからんでもないのですが、約束破るなんて、まともな大人としてすごくかっこわるい行為ですよね。それを「中国」を前面に出して正当化されたら、「特殊な個人の行為」に出来なくなるじゃないですか。とんだ愛国者(笑)の方ですなあ。

近況090307

近況です。

今週は、広州領事館で家族のビザの申請をしました。無事に終わりましたので、これでいつでも日本に脱出できます。

あと、トレーニングの方は、いろいろあってあまり芳しくなかったですね。今週は、急に寒くなったこともあって、今ひとつふるいませんでした。来週は、今週からの新しいパターン(朝自転車、夜ランニング)を定着させたいですね。

あと、ランニングの方で、新しい気の紛らわせ方を発見し、効果があるようです。これもあって、5km30分が見えてきたような気がします。あとは、体重をどれだけ落とせるか、ですねw。

31s3/3-31s4/3

さて、例の勝ち鞍紹介から行きます。

31s3/3-31s4/3(6日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
なし
兄アカ(阿呆親王)
31s3/4 アボイチモン
31s3/5 アボヤミウチ
31s4/1 アボショニン
31s4/2 アボサンジュウロク
31s4/2 アボケツコク
31s4/2 アボサダミツ
31s4/3 アボビンニヒキアテ

 6日間で7勝ですが、兄アカのみの勝利です。特に弟アカは今Sに入ってから勝ち星無しという重傷ですね。実は、兄、弟、倉庫と3つのアカを分けてますが、個人的には短い距離の競馬が好きなので、一番力を入れているのは兄アカになります。が、なぜか初OPも初重賞も弟アカになってしまい、、、まあダート中長路線の層が薄いというのもあるんでしょうが、ただ、どうしても短い競馬好きという性格から、徐々に短、短中の馬が増えていっているようです。

 さて、今週のハイライトですが、ドバイワールドカップに挑戦したアボサヤマキが、3着に敗れました。当日メールでオチコメ貰いましたので、今はスタッドにいますw。結局、うちの初代新聞馬は、重賞一勝に終わりました。GⅠは3回挑戦して、2ちゃ、2ちゃ、3ちゃという状態。まあ、皆さん、強い馬をお持ちなんで仕方ないですね。これで、うちも当分休みに入りますわw。

 あと、トピックスとしてはセリで某重賞馬の母を見つけたので、早速入札しました。まあ、重賞馬の母なんで、多少の値段は覚悟していたのですが、幸いにも持ち主の方が「終了」していただきまして、最低入札価格で手に入れることが出来ました。どうもありがとうございました^^。

 馬主会の方では、31s3月5週にosamuちんがザウルスタメスヨ号でマーチsを制覇しました。当日は、金子さんとうちがドバイに出してて、その間の時間帯で桜吹雪さんが重賞(マーチS)勝ちそうだってんで、みんなで見てたところでした。で、結局勝ったのが、誰も期待してなかったザウルスタメスヨ号で、、、。まあ、こんなもんですなw。

 というわけで、唯一の重賞馬が引退したので、しばらくはのんびりやりますわ。

2009.03.01

好きなパターン

好きなものということで、前回書いたのですが、もうちょっと突っ込んで書いてみますね。

わたくしが好きなパターンというのは、少しづつ積み上げていって、気がついたらすごいことになっているというパターンです。登山も結構好きで日本にいたときは六甲山系を歩き回っていたことがあるのですが、あれも自然との触れあいとか山で食べる料理はうまいとかそんなのは全然なく、ただ単に足下を見ながらゆっくり一歩一歩登っていって、気づいたらすごい高いところに来ているという感覚が好きでした。逆に登るときに先を見てしまうと遠いところがなかなか近づかなくてイヤになるのですが、この辺はジョギングも同じ感覚で、近くを見ながら、一歩一歩前に進んでいって、最後には長い距離を走り終えたという達成感を楽しんでいます。ジョギングの場合は、ある程度スピード感を感じられる工夫が必要ですね。

そういう楽しさの本質がわかるようになったのは最近なんですが、この辺をもうちょっと早くわかっておれば、もっといろんな分野に応用できたのになあ、と思います。

近況090301

近況です。

先週はちょっとしたイベントがあり、土日を休むことができませんでした。厳密に言うと土曜日は普通に出勤。日曜日は、午後からお客さんを迎えにという感じ。日曜日の午前中は休めたのですが、いつものように一日寝て過ごすというパターンが取れませんでした。

そんなことはなんてことない、と思っていたのですが、やってみて気づいたのがすごく疲れるということ。どうもあの一日寝て過ごすというパターンは、疲れを取るのに非常に意味のある行為だったようです。というわけで、今後も妻の批判に負けず同パターンを堅持していくべきであると心に誓った次第でw。

あと、来週から、トレーニングのパターンを変えて見ます。朝、自転車40分くらいと昼階段上り下り20分、夜ジョギング40分という感じにします。そのため、昨日今日と自転車の整備をしたのですが、パンク修理がやっぱしんどい。というか、例のタイヤをはめる作業は、一日に一本しか出来ないことがわかりました。一本やると手が疲れてダメになります。というわけで、二日かけて、何とか整備完了ですw。

この新パターンで減量できれば良いのですがw。これからどんどん暑くなってくるだろうし、個人的には良い結果になるのではと思ってます。

31s1/3ー31s3/2

まずは、今週の勝ち鞍からいきます。

31s1/3ー31s3/2(8日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
なし
兄アカ(阿呆親王)
31s1/3 アボショニン
31s1/4 アボコオリ
31s2/4 アボサンジュウロク

8日間で3勝と寂しいものです。2歳がデビューする7月まではこんな感じが続くんでしょうか。

さて、唯一の明るい話題と、、、言えるのかどうかw。川崎記念にうちの唯一の重賞馬アボサヤマキが果敢に挑戦し、GⅠ2戦連続2着という栄冠を獲得しました。しかも、勝ったのは死神の間のグレッグマダックス号。期せずして死神1-2を達成してしまいました。まあ、金子さんおめでした。ちなみにサヤマキは、今ドバイに向けて海外遠征中です。次は三度目の正直と行って欲しいものですね^^。

馬主会の方では、上に書いたGⅠ1-2くらいしか目立った動きはないですね。ただ、今Sは、例の新系統種牡馬の影響で多くの方に種付け入会していただきました。少しはいろんな方と交流できたかな、とうれしく思うのですが、どうやら来Sから、仕様が変わって、種付け入会ができないようになるかも知れないみたいです。この辺は、アップ後はっきりするのでしょうが、、、。うちの種付け入会は、種付けする前に1Sほどお邪魔するというスタイルなんで全く影響を受けないのですが、死神に来ていただく種付け入会が減ってしまうとしたらそれは残念なことですね。ちなみに今倉庫アカはケセラさんでお世話になっております。是非ともサヤマキを再現したいし、他にもいろいろつけて見たいですね^^。

そんなこんなで過ぎていった一週間。来週は、GⅠ初勝利のお知らせをお伝えできればいいのですがw。

« February 2009 | Main | April 2009 »