My Photo
January 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« April 2009 | Main | June 2009 »

May 2009

2009.05.31

ネット対マスコミの構図

最近思うのですが、ネット対マスコミの構図って、単にマスコミが自分でミスってるのをネットに揚げ足取られているだけという気がします。

フシアナにしろ、差別用語カキコにしろ、普通のリテラシーのある常識人ならまず避けられるような落とし穴に簡単にはまっているし。

象徴的だったのが、ライブドアニュースだったかな? 今頃、某新聞から圧力があったことがリークされていることでした。これって、圧力を受けた頃には発表できなかったのに、今頃漏れてくると言うことに意味があるような気がします。

もしかして、某新聞の力が弱ってきたからかも、なんて下衆の勘ぐりを入れたくなりますね。

http://news.livedoor.com/article/detail/4131245/

32s11/4-32s12/2

32s11/4-32s12/2(4日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
32s11/4 アボカケマクモ
兄アカ(阿呆親王)
32s12/1 アボヒョウジョウ
32s12/2 アボハナヤカ

3日間で3勝ですね。

ちょっと間が狭いですが、ショックなことが3件あったので更新ですw。

ショックなことその1:ある程度予想してましたが、一番人気で印も厚かったアボウツホバシラがマイルチャンピオンシップで3着に沈みました。まあ、うちの仔もまあまあのタイムで走ってるし、実力負けですがw。

ショックなことその2:うちで一番重賞に近い馬と思われていたアボロクイがピークアウト。ブルックナー産駆なので重賞勝たしてあげたかったけど、しゃあないです。今後は繁殖として期待です^^(って、いきなりワカオライデンつけてるけどw)

ショックなことその3:うちで2番目に重賞に近いと思われていたアボミヤコが京阪杯で2着に沈む。当日、裏開催で芝1200が二本もあったのに、あえて臨んだ重賞だけに痛かったです。ちなみに同馬はOP未勝利で、重賞2着二回w。ただ、幸いというか、調整ミスでレース翌日に調子が若干上がっていたので、明日の阪神カップに臨みます。こうなったらやけくそに近いですが、重賞取らせてあげたいですね~。

GⅠではずっと惜しいシーンばっかで、おいしいシーンが全くないんですが、冷静に考えると初心者を卒業してなかなか勝てなかった頃「こういう位置にいたいなあ」とあこがれていた位置にはたどり着いていると思うので、あとはじっくり精進あるのみですね^^。

そのうち良いことあるでしょう^^。

2009.05.29

中国代表チームの人気

http://www.chinanews.com.cn/ty/ty-gnzq/news/2009/05-29/1711338.shtml

上のURLでおもしろい記事を見たので紹介します。

今、親善試合のため、男子サッカー・ドイツ代表チームが中国に来ているようです。

で、上海でドイツチームが練習していたとき、観客が2000人も押し寄せたとか。

これだけなら普通の記事ですが、ドイツの練習が終わった後、中国代表が練習のため入ってきたのですが、2000人あまりの観客は一気に退場し、残ったのは8名だけだったというw

まあ、この2000人の人は本当にサッカーが好きな人ではないとは思いますがね。

それにしても、今時中国と親善試合しようという代表チームがあるとはびっくりです。欧州相手でも、フランス代表のFWの足折ったりしてるのにねw。

昔の日本人は偉かった

2chソースで申し訳ないですが、以下の記事を見て思ったことがあるので、ちょっと書きます。

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1242546941/l50

元ネタは朝鮮日報ですが、この記事の中にこういう話が出てきます。

李明博(イ・ミョンバク)大統領が「われわれも任天堂のようにゲーム機を作ろう」と語った後、大統領の名前「明」の字を用いて任天堂をもじった「明天堂」という単語が生まれたほどだ。

これを見て、思ったのは、昔の日本人は偉かったということです。

これは、朝鮮語での話で、日本語ではこのような「もじり」は成立しません。日本語で読むと「明天堂」は「めいてんどう」であり、「にんてんどう」とは似てもにつかない読みになるからです。

ちなみに、中国語では、「明」(ming2)という字と「任」(ren2)と言う字は、全く違う発音です。まあ、今の日本人の中国語学習者が聞けば「ミン」「レン」とカタカナ読みして、似た発音に思ってしまうかも知れませんが、昔の日本人は、きっちりと聞き分けていたので、これらの音読みも正しく別の音として表現されています。

 残念ながら朝鮮語でも、正しく区別が行われていないようで、これを見てつくづく「昔の日本人は偉かったんだな」と思いました。わたくしみたいな浅学者が漢詩の作詩のまねごとなどができるのも、昔の日本人が偉かったからです。

 ただし、今の日本人は、英語の「r」と「l」が同じカタカナ語になってしまっているなど、正直言って全然ダメですね。

鳳凰山

昨日、鳳凰山に行ってきました。

鳳凰山は深セン市宝安区福永にある山です。

天気が良くなかったのですが、山自体は道が良く整備されており、良いハイキングコースでした。我々は、滝を見ただけで帰ってきたので、お寺さんの方がどうなってるかは、次回確かめることになりそうですね。

当日、写真を100枚以上撮りましたが、ベストショットはこれです。どうやら何かを発見したようですねw。

Phenix

2009.05.28

端午の節句

端午の節句ということで会社も今日から四連休です。

中国は、日本と違ってちゃんと旧暦を残しているので、こういう伝統的な祝日は旧暦で祝います。つまり、今日は、旧暦の5月5日ということですね。

いつもは中国の悪口ばっかり言ってますが、こういうところは中国が偉いと思いますね。日本は、旧暦を全面的に廃止したため、全ての祝日を新暦に移行させて祝っています。

いや、祝日だけではなく、たとえば12月14日になるとテレビで「今日は忠臣蔵の討ち入りの日です」などとアホなことを言うわけです。しかし、この12月14日は旧暦の12月14日であって、当時の場合、新暦に治すと1月30日のことでした。1月30日と12月14日では全くイメージが違いますよね。当時、雪が積もっていたというのも、1月30日だったら実感が湧くわけです。

それ以外にもグレゴリウス暦というのは、アホな部分がいっぱいあって、暦としてはかなりレベルの低いものだと思います。まあ、グローバルスタンダードになってしまっているので、このアホ暦を採用するのは仕方ないとしても、旧暦をサブとして残しておけなかったのか、と思います。中国のようにサブの暦として残しておけば何かと便利なんですがね。

日本の右翼のみなさまも、伝統とかすごく好きなんですが、彼らの主張する伝統というのは、せいぜい100年前くらいに戻せと言う実に浅い伝統なわけですね。こういう真の伝統については誰も顧みられていないのが現状ですわ。

32s8/4-32s11/3

32s8/4-32s11/3(13日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
32s9/4 アボソウデンノシュ
32s10/1 アボアンノゴトク
弟アカ(あぼのみこ)
32s8/4 アボロクイ
32s9/1 アボチュウナゴン
32s10/1 アボクランドノトウ
32s10/1 アボゴンノソツ
兄アカ(阿呆親王)
32s8/4 アボキリノボラム
32s9/1 アボダザイ
32s9/3 アボウツホバシラ
32s9/5 アボユウケン
32s9/5 アボダザイ
32s10/1 アボウツホバシラ
32s10/2 アボギョユウ
32s10/4 アボマツダイ

13日間で14勝ですね。

先週更新できなかったのですが、この間いろいろありました。なんと言っても、GⅠ挑戦が一番大きかったです。まずは、アボミヤコ。前哨戦のセントウルステークスで、有力馬コベニチャン号に3/4馬身差に迫る2着でした。負けはしましたが、不利枠での敗退でしたので、本番の走りに期待が持てる内容でした。ただし、本番は、5着に沈みましたがw。次は、アボロクイ。前回も紹介しましたが、たぶんうちで一番重賞に近い馬です。さて、この仔も予定通り秋華賞に挑戦しましたが結果はクビ差2着。これでGⅠ2着は、4回目ですね。この仔は早熟でもうすぐピーク落ちっぽいから、早くどっかで重賞取らせてあげたいです。

それ以外に重賞取れそうなのは、アボウツホバシラですね。今日、無理してマイルチャンピオンシップに登録しました。なぜか一番人気で印も◎◎○◎と厚いですが、さっきフリレでタイム計った感じでは、大駆けがでないと勝てそうにないですなw。

で、その大駆けですが、前回、未勝利新馬で多く出る仕様になっているのでは?と書きましたが、あれからよく考えてみると未勝利新馬は、どの馬も通る道で、母数が非常に大きいですよね。準OP以上になると出られる馬が限られているわけですから、母数は少ない。そう考えると、今日マイルチャンピオンになる可能性もゼロではないワケで、、、ほのかに期待しております^^。

馬主会の方は、タカフミさんがウエルダンディ号で札幌2歳Sを取ってますね。超早熟杯も最終段階に入って熱い展開を見せているようです。うちも逆転狙いで重賞出して見ようかな^^。

そんなこんなでいつものようにまったりのんびりやっております。

近況090528

近況です。

先週は、土曜日が振り替え出勤だったのでブログを更新することができませんでした。

おかげで今週は4連休ですが。

連休は、ゆっくり近場で遊びたいと思います。

2009.05.17

32s6/5-32s8/3

32s6/5-32s8/3(8日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
32s7/2 アボキュウチュウ
弟アカ(あぼのみこ)
32s7/2 アボアナクログロ
32s8/1 アボウツワモノ
32s8/2 アボチュウナゴン
兄アカ(阿呆親王)
32s7/1 アボミヤコ
32s7/1 アボロクイ
32s7/1 アボウツホバシラ
32s7/4 アボウツホバシラ
32s8/2 アボクロキトウ
32s8/2 アボアヤシミ

 8日間で10勝とはまずまずです。2歳馬がぼつぼつ勝ちだしましたね。

 さて、今週の話題は、引退馬。唯一の重賞馬アボサンジュウロクがついに引退です。最後のレースは、蹄鉄打ち忘れミスもあって、掲示板を外す凡走に終わってしまいました。結局、最後までGⅠでの大駆けが出ず、残念な結果に終わってしまいました。今後は繁殖として期待しております。

 いなくなったら作るまで、というわけで、次なる重賞馬を作っていきたいと思っております。そのうち、一番期待しているのがアボロクイです。この仔も例の999億牝馬の仔ですが、距離適性が広すぎて、牝馬三冠をカバーしてしまっているくらいです。結局、桜花賞、オークスには間に合わなかったので、秋華賞目指して頑張っています。昨日、フリレでタイム計ってみたのですが、GⅠには若干届かないタイム、というわけで、この仔も大駆け発動期待ですw。

 うちの競走馬には良く大駆けがつくことがあるのですが、発動するのは未勝利クラスのレースが多いような気がしますね。今まで準OP以上のレースで発動したことがありません。もしかしたら、そういう仕様になってるのかな~。だとしたら、あんましありがたくないですなw。

 ついでにアビについて書きます。うちは、マイナスアビがついてもあんまり気にしない方針です。マイナスがついても「つかないと取れない」と考えています。現実にマイナスアビはレースで勝っていくと取れていくことが多いので、マイナスがついた仔は、下位条件戦をコツコツと勝たせていきたいと思います。

 馬主会の方は、特に動きがないですね。超杯もはじまってますが、今週は勝ち鞍がなかったみたいです。まあ、うちの登録馬はいまだにじょじょなんで、未出走ですけどw。

 まあ、そんなとこですかね。GⅠは取りたいけどまだ機熟さずといったところでしょうか。ボチボチやっていきます。

昔と比べて今はw

2ちゃんねるなどを見ているとよく某報道番組のニュースキャスターが揶揄されているAAを見かけます。

わたくしの記憶が正しければこのキャスターは、2代目です。実は、前代の方も結構ヘンなことをたびたび発言されていたのですが、前代の方が担当されていた頃はインターネットが今ほど流行っていなかったので、それらの失言は、言いっぱなしで終わってしまい、ここまで繰り返し揶揄されることもありませんでした。

そう考えると、今のテレビ関係者は大変ですね。ただ、結局は昔みたいにいい加減な仕事が見逃されなくなったというだけですので、きちんと仕事すればそれでいいという話ですけど、それがあの人たちには難しいようで、、、自業自得と言えばそれまでですがw。

近況090517

 近況です。

 最近は、ダイエット効果もちょっと一休みという感じかな? ちょっと水の飲み過ぎで体重があんまり落ちません。

 ジョギングのタイムの方も安定しており、5キロ29分くらいのペースを保っております。まあ、こちらもちとサボり気味ですがw。

 あとは、特にないですね。まあ、ちょっと家庭内トラブルというか、自分が一方的にぶち切れて家族のみなさまにご迷惑をおかけしております。この場を借りてお詫び申し上げます。

2009.05.09

32S4/2-32S6/4

32S4/2-32S6/4(12日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
32s4/3 アボミヤコ
32s5/2 アボミヤコ
弟アカ(あぼのみこ)
32s5/3 アボウツホバシラ
兄アカ(阿呆親王)
32s4/2 アボナカゴロ
32s4/2 アボアヤシミ
32s4/2 アボキリノボラム
32s4/3 アボビゼンノコウ
32s4/3 アボカシワバラ
32s4/4 アボロクイ
32s4/4 アボイデヨ
32s5/3 アボイセヘイジ

12日間で11勝とまずまずの出来です。

先週、忙しくて更新できなかった割にはいろいろありました。まず、アボオンスエのクラシック挑戦。クライマックスは皐月賞でしたね。前走の弥生賞で凡走していたこともあり、全く期待していなかったのですが、結果はなんと2着。勝ったのはウインチさんのウインゲーネ号でした。またまた牝馬にやられたのですが、相手を褒めるしかないですね。勝ち馬の父については、昔ウインチさんと1:1チャットで話題にしたことのある種馬だったと思いますので、この馬に負けたんならマジで仕方ないかな~っとw。まあ、うちもマジで期待してなかったんで、ゴールするまで別馬主(同じ勝負服)の馬がうちの馬だと勘違いしてたしw。でも、クラシック初挑戦で良い思い出が出来ました。次走のダービーに出走するときに輝かしき「優」の文字がw。うちの馬なんかについちゃっていいんでしょうかw。(結果惨敗w) まあ、これで賞金も増えたので、あとはピーク落ちまで芝中距離重賞路線を歩ませます。

 さて、唯一の重賞馬アボサンジュウロクですが、こっちはこの期間にGⅠ二戦挑戦してどっちもボロ負けしておりますw。帝王賞の前になぜか調子のてっぺんが低くなると言う怪現象が発生しました。ピーク落ちかな?とも思ったのですが、次のメールではまだピークでしたし、、、いずれにしても、調子最高状態が低くなると言うことは、タイムが遅くなると言うことですわなw。次は、ヤケになって芝GⅠ行きます。

 ちなみにうちのローテは基本的に条件戦を踏んで、準OPに上がったら、OPを狙い、OP取ったら重賞狙い、重賞取ったらGⅠ狙い、という感じで徐々に上げていく形を取っています。個人的にGⅠ馬がOP特別とかに出たらいかんと思っております。馬にもレースにも格というものがあると思いますし。まあ、行き当たりばったりに準OP馬とかをGⅠに出すこともありますが、その辺は他に出すレースがない時だけですね。基本的にOP取った馬は、一応ローテ組んで重賞以上を狙わします。ステップでOP出すことがあるかも知れないけど、OP取ったら狙うのは重賞以上だけですね。(なお、重賞で全く通用せず、OP戦線に戻ってくるOP馬も中にはいますw) こんなことやってるから、いつまでたってもGⅠが取れないのかも知れませんが、こういう性格なんでw。

 馬主会では6月1週に金子真人さんがジャストアブル号で英ダービーを取りました。今Sうちの初GⅠですね。みんな(うちも含む)があとに続けるように頑張りまっすw。

麻生総理について

 麻生総理って、すごく器の大きな人であるような気がしますね。

 某業界から字の読み違いを指摘されても「わたしが間違えました、ごめんなさい」って言うし、二代前の某元首相のごとく「そのような意味もある」なんて聞いている方が慚愧に堪えなくなりそうな新解釈的正当化コメント出さないし、、、。

 人間なんだから、誰だって間違いはあるし、間違い自体は仕方ないんだけど、それを指摘されたときにすぐに「ごめんなさい」「ありがとう」が言えないことが問題ですよ。その辺を考えると、「いやさかえ」とかやらせ報道に対する某業界の対応は醜いものがありますね。

 あと、某業界があれだけ頑張って探しても字の読み違いくらいしかアラがないというのも、よっぽど清廉な方だという証拠です。某野党党首とは大違いだと思います。

不如帰

 青空文庫で徳富蘆花の小説『不如帰』を完読しました。

 とても文章がきれいでわたくしのような古い人間には、ぴったり来る世界観でしたね~。特に印象に残ったのが山木の奥さんです。この人は、完全に悪役なんですが、京都の出身という設定で、非常に美しい関西弁をしゃべります。悪役のセリフですから、言ってる内容もろくな内容じゃないのですが、それでも非常にまろやかで美しい関西弁です。

 以前にも書きましたが、関西弁というのは非常に優雅な方言です。その一端を味わえたような気がしてうれしかったです。(まあ、本筋とは関係のない部分ですけどw)

愛国教育

 いつもチェックしているブログですが、特に感銘を受けたのでトラックバックします。

雑談:愛国主義教育なるものについて。 - 日々是チナヲチ。

 まったく、おっしゃるとおりですね。わたくしも、中国に来てから、本場の愛国教育とそれを受けた人々を見て、愛国教育とやらのばかばかしさを知りました。中国はご存じの通り、愛国教育の先進国です。わたくしは、なぜ日本で愛国教育を強化すべしと主張する人が「中国に見習え」と言わないのかが不思議でなりません。

 愛国教育を徹底的にやっている社会で愛国を叫ぶのは、だまされた人たちかその波に乗って一儲けしようとしている人だけです。

 優秀な日本人が戦争で負けたのは愛国教育もその原因の一つだと思ってます。人によっては、戦前の教育はすばらしく、戦前の教育を受けた人はみんな道徳心が高い立派な人になったと思っているようですが、そんなのは死にかけじじいの幻想ですよ。わたくしの父母の世代は戦前の教育を受けた世代ですが、我々と比較して道徳心が高いとか、品格が立派だとか、そんなことは特に感じませんね。むしろ、あの世代の人たちが社会の中核だった1970年代くらいまでは「日本人のマナーは欧米人に比べてなってない」と言われていました。わたくしの子供の頃は、今の中国のように道ばたで痰を吐くおじさんとか普通にいましたし、どう見ても今の人の方がいわゆる民度は高いと思います。当然、昔の人ですから、昔の美徳みたいなのは今の人より持っていましたが、『火垂るの墓』に出てくる意地悪おばさんみたいなのもふつーにいたわけですから、戦前の教育がそんなに優れていたとは思いません。

 だからといって今の教育がベストとも思いませんけど、優劣はそれぞれの項目であるでしょう。ただ、教育を戦前に戻したら治安が良くなって、住みやすくなるなんて考えはおかしいと思いますね。当時の人は、「竹槍で敵戦闘機を落とせる」とか「神風が吹く」とか、そんなアホなことをマジで言っていたわけですから、、、特に上層部は、今の北朝鮮以下のレベルと思います。

 なんか話は変わってしまいましたが、愛国教育は止めて欲しいということですね。

オフレポート

このゴールデンウイークは、東莞市の常平というところに行っていました。

知り合いが日本から来ると言うことで、いわゆる迎撃オフだったのですが、肝心のご本人さんが来れなくなってしまいました。それでも、オフは予定通り実施されたわけです。今回は、マイミクさんに5つ星クラスのホテルを取っていただき、家族で押しかけました。

 実は、前回厚街で同じように4つ星ホテルを取って貰ったことがあるのですが、契約価格で良いホテルに安く泊まれてとても良かったですね^^。うちの娘が特にホテルを気に入りまして、また行きたいと言っております。

 今回のオフで良かったのは、3次会で行ったバーですな。ああいうバーがあるのが、常平の良いところですね。バンドの演奏も心地よく、じっくり話し込めました。わたくしのような人間は、うるさい音楽が鳴っているところより、ああいう落ち着いたところの方が良いですね。麻生総理の指向の正しさがよくわかりましたw。

青空文庫にはまるw

 ちょっと青空文庫にはまっています。

 個人的には江戸時代以降の文語文だったら何でもいいんですけどね。(江戸以前にさかのぼると辞書無しでは読めなくなるw)

 何かお薦めがあったら、教えてください。

青空文庫 Aozora Bunko

« April 2009 | Main | June 2009 »