My Photo
October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« July 2009 | Main | September 2009 »

August 2009

2009.08.30

34s7/3-34s9/2

34s7/3-34s9/2(7日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
34S7/3 アボサイショウ
34S7/4 アボキタイ
34S7/4 アボシュツニュウ
34S8/2 アボキンヨウシュウ
34S8/2 アボトシゴロ
34S8/3 アボシュツニュウ
34S8/3 アボキタイ
34S8/4 アボシカルベシ
34S9/1 アボフゼイ
34S9/1 アボセンジ
34S9/2 アボアキノカミ
兄アカ(阿呆親王)
34S7/3 アボナイダイジン
34S7/3 アボホウゲン
34S8/2 アボシチガツ
34S9/1 アボシチガツ(OP特別)
34S9/2 アボホウゲン

8日間で16勝とハイペースですね。

さて、今週の出来事ですが、一番大きかったのは、規模縮小の決断でしょう。いろいろ考えて、子育てとゲームを両立させるため、やむなく今の規模を縮小していくことにしました。大量に肌馬を売りさばいて、今の時点で肌馬23頭くらいになりました。今後ももっとリストラを進め、最終的には肌馬10頭くらいの規模でやっていきたいかと思っております。肌馬の売れ行きも比較的好調でした。買ってくださったかた、ありがとうございました。これからも安値でどんどん放出していきますので、肌馬枠の開いている人は是非ご一考をw。

それ以外では、アボシチガツのOP特別勝利ですかね。この仔は、超杯に出しているんですが、パラが今ひとつであんまり期待してなかったんです。で、ヤケで出したOPでぶっちぎり勝ちしちゃいまして、タイム見たら「これだったら重賞出したら良かった」と後悔するタイムでした。次走は、重賞出しますw。

馬主会の方では、34s8月4週に桜吹雪さんのヨコハマリーン号が札幌記念を制しました。不利枠での制覇であり、今後が十分期待できますね。それ以外では、馬主会変わっちゃったけどosamuちんのザウルスヴァーム号が、英セントレジャーを制しています。この仔の母はブルックナーで超杯の賞品でした。おめでとうございました。つーか、このGⅠは、死神に欲しいっす(実は死神の間今SGⅠ未勝利w)

コメントを承認制にします

スパムコメント対策として、コメント欄を承認制にします。

効果がなければ、戻すかも知れません。

民主党圧勝?

いよいよ選挙ですね。

いろいろと民主党圧勝が言われておりますが、民主党になると日本は劇的に没落すると思います。なんというか、民主党が圧勝したら、左派勢力のロウソクの燃え尽きる前の輝く一瞬をみることができるのかな~とそんな感じですね。

自民党のままでも没落の流れは止まらないのですが、何も一気にダメになることないじゃんと。それを自分で選ぶなんてねえ。

近況090830

近況です。

風邪はほぼ治ったのですが、咳と痰が止まらないため、昨日は病院に行ってきました。個人的には早く治して、運動を再開したいですね。風邪引きで体重が落ちたし、タイムも上がっているような気がするのでw。

あと、娘が火曜日から幼稚園に行きます。わたくしが送り迎え役を担当いたしますので、ちょっと緊張しておりますw。

2009.08.23

近況090823

近況です。

さて、更新が開いてしまいましたね。近況と言えない部分もありますが、前のことは忘れてしまっているのでいいでしょうw。

最近の大きなイベントはなんと言っても風邪引きですね。夏風邪を引いてしまい。会社を2.5日休みました。出勤してから一週間たつのですが、いまだに完治には至っておりません。原因は、ずばり運動のしすぎですねw。くそ暑いのに自転車こぎで身体を酷使しすぎました。今後は完治するまで自粛し、完治後も、時間を減らしますw。

それ以外では、妻の妹が家事手伝いをしてくれていたのですが、帰ってしまったため、各方面がきつくなっています。ただ、田舎からの電話では、日本語一級に合格したとのことで、喜んでおります。

あと、昨日、広州在日本領事館で国外投票してきました。流れは止められないにしても何とか一矢を報いたいとの思いです。

34s2/3-34s7/2

34s2/3-34s7/2(22日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
34s2/3 アボコクソツ(GⅡ)
34S4/4 アボシカルベシ
34s5/2 アボシコウ
34s5/4 アボカケマクモ
34s5/4 アボコクソツ(GⅡ)
34s5/1 アボマジワリ
34s6/1 アボキタイ
34s7/1 アボシュツニュウ
34s7/2 アボセンジ
兄アカ(阿呆親王)
34s3/2 アボシダイ
34s4/1 アボセントウ
34s4/1 アボトモエ
34s4/1 アボソウデン
34s5/1 アボトモエ
34s5/2 アボサマザマ
34s5/3 アボカクゴ
34s6/1 アボハナヤカ
34s6/2 アボキュウセン
34s6/4 アボショウジョウ
34s6/5 アボウジノサフヨ
34s6/5 アボトモエ
34s7/2 アボヨシナシ

22日間で22勝です。

さて、更新が開いてしまいましたが、この間あった出来事で大きかったのはやっぱり重賞制覇ですね^^。アボコクソツが、エンプレス杯と東海ステークスを勝ちました。この仔は、父母とも自家生産馬で、いわゆる「アボアボ配合」です。この「アボアボ配合」ではじめて重賞取ったので、本当にうれしかったです。特に父アボコンヤハにとっては初めての重賞馬輩出となりますね。以前、ここで宣伝したこともあったのですが、個人的には自家製の中で一番手応えを感じる種なんで、今後にも期待したいです^^。元々パラが良くて期待していたのですが、ピークになって、フリレで計ったところ非凡なタイムを出したので、未勝利を勝った後、いきなり重賞に出したのがエンプレス杯でした。ネックは、砂の2100~2500という距離適性です。出せる重賞がすごく少ないです。GⅠは、川崎記念しかないしw。とりあえず、次走は、白山大賞典を狙います。たぶん、その前に菊花OPあたりをひとたたきしますが。

それ以外と言えば、2歳馬デビューですかね。今年は、昨年のような豊作には及ばないような気がしますが、ぼつぼつやっていきますわ。馬主会の超早熟杯もありますしね。

さて、馬主会では……今調べてみたんですが、うち以外は誰も重賞勝ってないですね~。(元死神は結構勝ってるけどw) うーん、重賞勝つだけがゲームの目的ではないにしろ、ここは他のメンバーの奮起に期待したいですね。

2009.08.15

更新について

このブログはだいたい土曜日日曜日に更新するようにしております。つまり、だいたい週一回ペース更新であり、いつもごらんになっている方も週一回定期的に訪問されれば最新の記事が読めることになっております。

ただし、先週は、いろいろあって更新できず、今週は風邪を引いてしまったため、更新は自粛します。

次週は何もなければ更新できると思います。

2009.08.01

子供は損得で産むものなのか

ネットで民主党のマニフェストにある子供手当を評価する言説を見ました。

曰く:子供手当を出せば、子供を産んだ方が得になるため、出生率が上がり、少子化問題が解決する、と。

たぶん、民主党支持者の方だと思うのですが、すごく違和感のある言説です。

そもそも、子供は「損得」で生むものなんですかね?

なんか大事なものが欠落しているような気がしてなりません。

34s1/2-34s2/2

34s1/2-34s2/2(5日間)
倉庫アカ(あぼ倉庫)
なし
弟アカ(あぼのみこ)
34s1/2 アボギンパク
34s1/3 アボオンタズネ
34s2/1 アボコクソツ
兄アカ(阿呆親王)
34s1/3 アボトモエ
34s1/4 アボツボネ
34s1/4 アボソウデン
34s2/1 アボイチドウ

5日間で7勝とは上出来です^^。

 さて、この一週間も波乱に富んでましたw。まずは、唯一の重賞馬だったアボムクノハが2月1週のメールでピーク落ちコメントをいただき晴れて繁殖入り。もっと楽しめるかと思っていたのですが、意外とピーク短かったですね。ドバイのダート短取らせてあげたかったけど、GⅠを取れたので、よしとしましょう。例によって産駆実績が出るまでは0円で公開します。ゼテックス系の初の全体公開馬だし、ダートの短(得意距離は1200と1400)と珍しい種牡馬だし、ご興味のある方は、是非どうぞ^^。

 あと、新聞に載ってしまいましたな~。あの仔は、すごく微妙な感じなんで、ちょっと当惑しています。なんでいつもこう微妙な2歳馬ばっかり紹介するのかなw。今回の微妙度は、「超早熟の中長なんで重賞がない」というところですw。せめて早熟だったらいろいろと楽しめたんでしょうが、超にずれるとはw。まあ、OP狙いでいきますわw。

 それから、密かに注目していたアボコクソツがデビューしました。500万以下を勝ったので、早速今日の重賞に飛び級挑戦しています。この仔は、フリレで父のアボコンヤハを越えるタイムを出していますので、今後が楽しみです。それ以外にも、やや早以降の仔たちが、次々と準OPクラスに上がってきています。この中からOP、重賞を勝てたらいいなあ、とほのかな期待を抱いております。

 あと、馬主会の方では、桜吹雪さんが、ヨコハマプリンセス号で日経新春杯を制覇しました。翌週にGⅠがあったのにもかかわらず、どういうわけかこっちも新聞に載ってしまいましたね。申し訳ないような気もしますが、ありがたいことでもありますね。みんなで励みにしてがんばっていきたいかとw。

 あと、個人的に悩んでいるのが、馬主会特典です。今までは唯一具体的な効果があると言われていたエサ効果アップを狙っていたのですが、のり吉さんのブログを見た感じでは幸運とか応援もすごく魅力的ですね~。ただ、うちの残り枠(現2)を考えると、やっぱエサ効果が先かな~っとも思います。この辺は、みんなと相談しながらやっていきます。それ以前にエサ効果にたどりつくまでまだ時間がかかりますしねw。

革新自治体などについて

 いつも拝見させていただいているブログですが、以下の記事はとても感銘を受けましたのでトラックバックします。

「分配の政治」というネズミ講 - 池田信夫 blog

 まず、感銘を受けたのは「革新自治体」についてですね。これ、若い人は知らないかも知れませんが、わたくしの子供の頃ブームになってました。この記事に出てくる美濃部知事は、「走れコータロー」というヒット曲の合間にモノマネの演説が出てくるくらい有名な政治家でした。ただ、結果として、この記事にもあるように結局財政赤字を大量に増やしただけで終わってしまいましたね。

 で、そういわれてみたら、確かに「革新自治体」と民主党って、同じ香りがしますなw。まあ、左翼というのは、高福祉と結果の平等を追求するので、結局大きな政府にならざるを得ず、結果として大増税をするか、この記事にもあるように国債増発で経済を破綻させるかの二者択一にならざるを得ないわけですね。

 無駄を省くとか、言ってますが、それ以上にむちゃくちゃな出費を計画しているので意味はないでしょうw。それ以前に、マニュフェストがホンモノなのかどうか、給油するのかどうか、故人献金の事務処理のまずさと秘書の任命責任などなどを考えると、そんな執政能力なんてこの人たちにはありませんってw。

 まあ、そんなこともわからない人たちが主権者なんだから、本当にこの国の未来も暗いですね。

この道はいつか来た道

 よく言われていることですが、第二次世界大戦において、日本のマスコミ業界が誇張報道などで国民を駆り立て、敗戦の責任の一端となったことはよく知られています。わたくしの若い頃、よく新聞の社説とかに「我々マスコミ業界の人間は、この事実を反省しなければならない」みたいなことが書かれていたものです。

 しかし、新聞業界も世代交代が進んだのか、90年代くらいからそういう論調がなくなってきました。たぶん、今では、そういう論調は全く影を潜めたのではないか、いや、むしろ、彼らは、「昔の栄光を取り戻せ」と思ってるんじゃないかと思います。

 特に昨今、伝え聞くテレビ業界の報道の仕方が実にむちゃくちゃです。麻生首相が正式発表もしていないことも、勝手にやると騒ぎだし、内部で協議した結果結局やらなくなったらすぐ「ブレた」と騒ぐ。一方、野党がマニフェストを「正式発表」した翌日に党首が「アレは正式なものではない」と言ったり、次の日には別の幹部が「やっぱりあれが正式なマニフェスト」と言ったり。この党は、以前自分たちで出した法案を審議入り当日に持って帰るという前代未聞のブレぶりを発揮したこともあります。ただ、この辺はテレビでは軽く扱われているらしい。テレビ業界の方にとっては、首相がバーに行ったり、漢字を読み間違えたり、ホッケの値段を知らなかったことの方が大問題に見えるらしいですw。ああ、そういえば野党党首には、故人献金なんて致命傷もありますなw。

 わたくし個人は、個人献金はともかくw、ブレるのは良いと思います。内部で討議した結果、間違っていたなら、今までの誤りを正し、積極的に変えていくべきです。しかし、「進化した」とか何とか言って、以前の間違いをごまかしたり、正当化したりしている人は、一生前に進めません。麻生首相は、漢字を読み間違えても、ぶれたことに対しても、きちんと謝っています。そして、新しい方針を打ち出していく、二度と間違えないようにする。これが正しいやり方です。前者のやり方をする人やそれを大部分の国民が支持するような国家は、二度と前に進めないでしょう。この競争社会で前に進めないということは、相対速度で後に下がっていくということです。

 結局、この国は戦前と比べてちっとも進歩していないと言うことですね。司馬遼太郎先生が、終戦の日に「なんで日本人はこんなアホなことをしてしまったんだろう」と思ったことは、いまだに生き続けているということです。

« July 2009 | Main | September 2009 »