My Photo
October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« March 2011 | Main | May 2011 »

April 2011

2011.04.23

キャンディーズは永遠です

わたくしのようにマイナーな分野をやっているものからすると音楽をやっている人が羨ましくて仕方ありません。

 例えば、キャンディーズで言うと、わたくしと同世代の人間であれば、間違いなく彼女たちのヒット曲を脳内再生することができるわけです。つまり、メンバーの一人が死んでもわたくしたちの脳内でその歌声が死ぬことはないわけです。そして、その数たるや計り知れない。

 逆にわたくしがどんなに頑張っていい漢詩を書いたところで、その意味がわかるのは100人に一人がいいところですわ。

 まあ、そんな愚痴はともかく、わたくしは、今でもキャンディーズの歌が好きです。というか、ベストアルバムを今でも持っています。今ではうちの子供達のほうが好きで、暇があると聞いているような状態だったりします。全く日本語がしゃべれないはずなのに「その気にさせないで」とか歌っているのを聞いているとちょっとギョッとしますねw

 子供たちがあんまり好きなんで、ニコニコ動画からキャンディーズの動画をダウンロードしたのですが、今見るとスカートが短すぎるなあw 子どもの教育にはあまり良くないような気がします。

http://yoshio-niikura.cocolog-nifty.com/tanabota/2011/04/post-5601.html

またまた加藤さんへのつっこみ

なんかここんとこ、加藤さんへのツッコミばかりで申し訳ないです。多分、あちらさんは、わたくしなんて相手にしてないだろうけどねw

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110419/219513/?P=3

幸いなのは、中国社会の今後の発展を占う上で、より重要な役割を果たしていくであろうホワイトカラーやブルーカラー、政府の役人や大学生たちが、上記のような過激な言論に対し、こう認識していることだ。「時代遅れも甚だしい。正確な歴史や情報を知らない人間たちが中国社会への不満を爆発させているにすぎない。同じ中国人として、とても恥ずかしい」。

どうも、加藤さんという人は、わたくしの「ツッコミ魂」を刺激するタイプの人のようです。今回刺激されたのは、この部分。

いつも同じようなツッコミで申し訳ないが、言いたいのは以下のセリフ。

 この青年が「痛い人」であるのは事実ですが、誰がそういうふうにしたのか。この純真な青年が狭隘な思想の持ち主になっていった過程を貴方達はどう見るのか? 彼が、正確な歴史や情報」を知り得るとでも? いや、中国に普通に生活していてどうやって「正確な歴史や情報」を手に入れることができるの?

 自作自演も甚だしい。こういう狭隘な人物を生み出しているのは「これからの中国の発展を占う上でより重要な役割を果たしていくであろう」人たち、あるいはそのお仲間にほかならないんだからね。

2011.04.14

ちうごく人は半日(ママ)か?

ちうごく人は半日(ママ)ですかって、加藤さんは聞かれたそうです。(一部加工してあります。詳しくはリンク先を参照してね)

うーん、ここで言う「ちうごく人」って何なんでしょうね? このちうごく人は、どこに住んでいて、何を食べていて、どんな仕事をしていて、休みは何をして、奥さんや子供はいるのかどうか、、、、そもそもチベット人はちうごく人か? 香港人はちうごく人か? 台湾人は? 海外にいる華僑は? ちうごくは広島出身のゼンジー北京は?とか、ナゾがつきませんね。

わたくしは、「日本人とは?」とちうごく人に聞かれたらこう答えますよ。

いいか、日本人というのはなあ、目が二つあるんだ。驚くなよ、しかも、鼻はひとつしかなくて、鼻の穴が二つも開いている。口も一つで(ry

こんなことに時間使うのは時間の無駄ですな。

ただ、言えることがあります。ちうごく人は普通に半日(ママ)です。だって、学校で教えていますからね。日本でも学校で「自由と民主主義は素晴らしいものです」って教えているでしょ? 「平和は素晴らしい」「戦争はダメ」「世界に誇る九条」とかね。でも、日本人だって、そういう価値観の人ばかりではないですね。そういうレベルです。

あと、マスコミの報道で、日本をけなすと半日(ママ)になりやすいです。日本人だって、8月15日だけ平和主義者になるような人がいるでしょ? 今は、何故か日本褒め殺しキャンペーンみたいなのをやっているから、半日(ママ)な気分は薄まってはいますね。

でも、本当に言いたいのは、そんなこと気にするなってこと。朝から晩まで日本のことを考えているような人はよっぽど暇な人だけです。誰も日本のことなんて気にしてませんって。仕事で関連していれば気にするだろうけど、自分の利益に関係の無い場合は、そんなことどうでもいいんですよ。だからあなたもそんなくだらないことに時間を使わないで欲しいです。

最後に、加藤さんの文章に出てくるちうごくのエロい人のコメントはアレすぎるなあ。だって、自分で煽っておいて、その言い草はないだろうって話ですよ。こんな人たちと真顔で話をしなければならないなんて、加藤さんも大変だ、と思いました。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110412/219405/?rt=nocnt

あっち側の人々

あっち側に行っちゃった人というのがいますね。

あっち側に行っちゃった人の特徴は下記のとおりです。

1.ちうごくで半日(ママ)活動が流行っても「これは一部のアブナイ人がやっているだけで、大多数のちうごく人は半日(ママ)ではありません」などと意味不明なことを供述しており(ry

2.日本にとってネガティブなことが起きても「とにかくにっちう友好が大事」とこれまた意味不明な供述を(ry

3.ちうごくのエロい人を褒めちぎる。彼らの言葉を鵜呑みにすると、なんかスゴイ優秀な人ぞろいのように思えるからふしぎだね。彼らは特に温家宝が好き。

 どうでもいいけど、温さんって、ちうごくのネットでは「瘟神」(疫病神)とか「影帝」(映画界の帝王、転じて名役者の意)とか言われてて、あの嘘泣きやボロジャンパーの演技は網民のみなさまですらお見通しなのになあ、なんであんなのを褒めちぎるんだか、、、って、理由は分かっているんですけどね。

 あっち側の世界に行った人は、日々言動をチェックされてますからねえ。1~3に反するようなことを言っちゃうとちうごくのエロい人が会ってくれなくなったりするんだろうなあ、とか思います。あと、彼らからするとちうごく嫌いな日本人が増えてもおまんまの食い上げになっちゃうんでね。まあ、その辺の事情は汲んでやってください。

2011.04.12

格付けなんてどうでもいい

 格付けなんかは、終わってからでいいと思います。今は、とにかく被害拡大を防ぐこと、そして、根本的原因を解消していくことですよね?

 あと、阪神淡路大震災と比べてる人ってなんなの? 仮設住宅の数が一ヶ月でいくらとか、そんなの比べ物にならないことくらいわからないのかなあ。今回の被害は、場所が広域で、津波や放射能の被害もあるし、、、、物流が止まっちゃってるんですよ。避難所にすらモノが届いてないんですよ? 全然比べものにならないことくらいわからないかなあ。

 ちなみに自分の記憶では、震災後一週間くらいでコンビニに行ったらいくらでも食べ物がかえるじょうたいでしたね。まあ、あくまで記憶だけどね。あの頃は、神戸から西宮くらいがやられてたけど、その周りはしっかり普通の生活ができる状態でした。わたくしは、毎日自転車で日常(明石)と非日常(三宮)を行ったり来たりしてました。距離は多分20kmくらい。それくらいの範囲でしたよ。

2011.04.10

民主党は世界の迷惑

以前日本がこのまま先進国であり続けることは世界の迷惑と書いたことがあったように思いますが、まさに現実になってきていますね。

この非常時に首相を替えるわけにはいかないし、今の原発問題は、まさに世界的問題と化しています。

この時に、この無能政府なんだから、まさに世界の迷惑。

まあ、仕方ないんだけどね。

後世への貴重な資料

日本に帰っていた間、動画サイトで今回の地震津波の動画を見まくっていました。

ちうごくでは、動画サイトにアクセスできなかったり、色々と制限があってなかなか見られなかったので非常に貴重な時間を過ごさせていただきました。

見ながら思っていたのが、これは後世への貴重な資料になるのではないか、ということ。これらの映像資料は、おそらく永遠に語り継がれるものになるでしょう。一般人が撮影したものもプロのマスコミが作ったものも。

これらの動画資料は津波が如何に恐ろしいものであるかを後世に伝えることになるでしょう。そして、我々の子孫は津波に対して警戒を怠らず、被害をさらに最小限に食い止めることができるようにならなければなりません。

もう少し自分の頭で考えようよ

大相撲に関して、思うことがあります。

大相撲はここ数年、マスコミのみなさまに叩かれまくっています。最初にわたくしが「ひどい」と思ったのは暴力事件ですね。あれは人命がかかっていた上に事件後の隠そうとする態度もヒドかった。正直、あの時点で大相撲取りやめやむなしと、自分では思っていたくらいの大事件に見えました。

その後出てきたのが野球賭博。これは「うーん」という感じですね。違法っちゃあ違法だが誰も迷惑しない。まあ、暴力団の資金源になるくらいで、正直どうでもいい事件に思えました。一般人でも賭けゴルフ、賭けマージャンやってますよね?

で、最後が八百長。これにいたっては違法ですらない。単なる談合ですわ。そもそもそういう「お約束ごと」があったのは暗黙の了解だったわけで、何を今更って、感じなんですが、この三つ目のインパクトが一番強いみたいで場所が開催できない事態にいたっております。

三つの事件は、後ろに行けば行くほど衝撃度が大きくなっていますが、自分的には後ろに行けば行くほどどうでもいい感が強くなっているんですがw これって、単にマスコミのみなさまが大相撲をたたき始めて、ウケたもんだからさらにネタを探して、小さいネタを大げさに煽りまくってるってだけなんじゃないっすか? で、視聴者の皆様も単に煽られて騒いでいるだけって、言う。

麻生さんもどうでもいい漢字の読み間違いとか、そう言うので叩かれまくって、それがウケたもんだからどんどんエスカレートしていきましたね。その結果、今の「原子力には強いが、臨界って何?」な首相を生む情けない結果になっています。今更首相を替えるわけにはいかんしねえ。

みなさん、もう少し自分の頭で考えてくださいな。たった少しでいいから。ね?

2011.04.09

日本気にしない協会

今回の原子力発電所の問題で色々とパニックになっていますね。でも、あんまり気にしない方がいいんじゃないでしょうか。

わたくしは、中国に住んでおりますので、今回の日本の放射能の影響は殆ど受けないでしょう。でも、こちらの食べ物は正直言ってリスクで一杯です。と言って、そんなこと気にしていたら何も食べられなくなります。お腹が空いた時に、おいしいご飯とおかずをたくさんいただければ自分は幸せなんだと思っています。

この世の中はリスクだらけです。外を歩いていても車に轢かれて死ぬかも知れません。そんなことを気にしていたら何もできません。

タバコを吸っても、お酒を飲んでも、夜更かししても、全部身体に悪いですよ。でも、直ちに健康に影響があるわけではありませんね。まあ、あんまり気にせず行きましょうよ。

2011.04.07

死を恐れない軍隊

死を恐れない軍隊は、死を恐れる軍隊より局地戦では強い。

しかし、命を大事にする軍隊にはかなわない。

特に長期戦、総力戦になればなるほど弱点が明らかになっていく。

こんなことは歴史から学ぶ姿勢があれば誰でもわかる簡単なこと。

まあ、彼らは正しい歴史を知りようがないのだから仕方ないのだけれど。

2011.04.05

帰還報告

実は、会社が急に3連休になりましたので、3日だけ日本に帰っておりました。

今回の帰国目的は、前回うまく終っていなかったことをそれぞれ前にすすめることでした。

それなりに進捗があり、自分では満足しています。

今、中国に無事帰宅できました。

« March 2011 | Main | May 2011 »