My Photo
April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« なぜいま「気にしない協会」なのか? | Main | 競馬伝説:今後のプレイスタイル »

2011.09.18

48s回顧OP初勝利

48sを振り返ります。

48sは何と言ってもオープン勝っちゃったことが一番の出来事ですが、あっけなさ過ぎてあんまり実感ないですね。今までもゆとりOPには機会があるごとに出走して来たのですが、一番人気になったこともあるけど、いつも勝ち馬とは一秒くらいの差があるなあ、という感じで全然及びませんでした。

で、2歳のゆとりOPなら何とかなるのでは?ということに気づき、例のカード種牡馬をつけて超早熟馬を量産し、12月の芝16のゆとりOPの前日にオープンクラスになっていた馬3頭をフリレ一発勝負でランク付けして、一番タイムのよかった馬を登録しました。

という流れで来て、結局は勝ってしまったのですが、勝ってから気づいたのがこの仔は、生産クエがついていた仔でした。確か生まれたときに「OP勝て」とか無茶な要求を受け、「OP勝ったら引退後に3つのパラがSSに」とも言われました。でも、結果として、3つのパラがSSで、それ以外はBとかCの肌馬持っていても、つなぎようがないんじゃあ、なんて思って全然心に留めていませんでした。

ところが、OP勝った翌日に「おめ~、この仔は生産クエ馬だから云々」と言われビックリw。しかも、引退させたら、パラがすげー感じでいきなりこんな肌もっちゃって却って困惑しています。

まあ、運も実力のうちですけど、今後はプレイスタイルを変えようと思っていた矢先の出来事で、ちょっと戸惑っています。でも、基本方針は変えずに、コツコツやっていくつもりです。

それにしても、クエがついていたから勝てたのか? それとも実力で勝てたのか? 悩ましいところですw

« なぜいま「気にしない協会」なのか? | Main | 競馬伝説:今後のプレイスタイル »

競馬伝説live!」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9900/52761602

Listed below are links to weblogs that reference 48s回顧OP初勝利:

« なぜいま「気にしない協会」なのか? | Main | 競馬伝説:今後のプレイスタイル »