My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« TPP | Main | トラストミー再び »

2011.11.08

motogpバレンシア2011

一昨日見たMotogpが面白かったので書いておきます。

まずは、亡くなったシモンチェリ選手の追悼ムードでレースは始まりました。ところが、いきなりスズキのバウティスタ選手がフロントごけして、アウト側に横滑り。その先にいたロッシ選手とヘイデン選手も煽りを食らってDNP。

まあ、もともと天気が降ったりやんだりの小雨模様で路面もレコードライン以外はところどころウエットという状態でしたから、、、とこの状態が後のドラマを生むのでした。

レースはいつものとおりストーナー選手が独走態勢で、それをレプソルの残り二台とヤマハのスピーズ選手が追う展開。レプソルのペドロサ選手とドビッジオーゾ選手はランキング三位争いがあったからか、結構順位を入れ替える面白い展開。ところが、レース後半に後ろにいたスピーズ選手がペースを上げ、二台のレプソルを軽く抜いて行きます。そこで雨が激しくなり、十秒以上の差をつけていたストーナー選手がペースダウン。それほどペースダウンしなかったスピーズ選手が軽く追いついて、抜いてしまいます。あらあらと見る見るうちにラストラップ。ここでかなり差がついていたので、このレースはスピーズ選手のものかと思っていたら、ストーナー選手が今シーズン初めてリスクを冒す(これはレース後インタビューでの談)大激走を見せ、最終コーナーで、立ち上がり重視のラインで勝負をかけて、わずか数十センチの差で逆転勝利、、、似たような逆転勝利は、昔ジベルノー選手がロッシ選手相手に演じたことがありました。更に昔、原田選手が250CCクラスで似たような勝ち方をしたことがあったような、、、と昔話はともかく面白くて珍しいレースでしたね。

今シーズンは、ロッシ選手の見事な空気っぷりとか、シモンチェリ選手の不幸な事故とか、まあ、いろいろありましたが、多分、個人的にはこのレースが一番印象にのこるんじゃないかなあ、と思いました。

« TPP | Main | トラストミー再び »

二輪レース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference motogpバレンシア2011:

« TPP | Main | トラストミー再び »