My Photo
October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« July 2013 | Main | October 2013 »

August 2013

2013.08.28

カタカナ表記の件(その2)

前回は中国語のカタカナ表記について反対の態度を表明いたしましたが、今回はもう少し掘り下げて書いてみたいと思います。

外国語のカタカナ表記というものは、外国語の発音を日本語化するというだけのことであり、決して外国語の発音を正しく日本語化したものではありません。

例えていいますと、すでに外来語として定着している英語の中で「アップル」「アンブレラ」「アース」などのカタカナ表記は全て「ア」で始まり同じカタカナで表示されていますが、この3つの英語の最初の発音は英語の中ではすべて全く違う母音として認識されていると思います。しかし、幼い頃からこれらのインチキカタカナ表記の外来語に慣らされてしまった人にとっては、これらの言葉の最初の発音はすべて同じ発音として脳内にすりこまれてしまっているのです。もっとも顕著な例としては「 R」と「L」の違いが挙げられます。この2つの子音は、カタカナ表記において全て同じラ行として表記されてしまっているがために、ほとんどの日本人が聞き分けることのできない子音となってしまっています。

これは中国語においても同じことが言えます。カタカナで中国語を完全に再現することは不可能に近く、しかも一般のカタカナ表記においては間違った日本語化が見られるというのが事実です。最近よく見られる表記に「ウェイボー」と言うのがあります。これは、Twitterのパクリサービスの「微博」をカタカナ化した悪例です。この言葉を拼音字母と言われる表記でアルファベット化すると「weibo」となりますが、実は最後の「o」は、短母音ではなく、二重母音なのです。それを聞き取れない人たちが勝手に短母音化して「ウェイボー」などと表記し、害毒を垂れ流しているのです。

英語では既にこの害毒は救いようのないところまで来ています。中国語では、どういうわけか最近こういう流れが強くなり、増えてはいますがまだ害毒が救いようのないレベルに達しているとまでは言いません。ただ、これ以上この流れが強くなってくると、英語のように救いようのない結果を中国語学習者にもたらすことも、また疑いのない事実です。だから、誰かが反対しなければけないのです。わたくしが、どんなに声高に叫んだとて、この流れは止めようがありませんけど。

ただ、誰も見ていないブログとは言え、わたくしにはこの「主張する場所」というものがあるのです。こういう形で「世の中が悪化する流れをできる範囲で少しでも堰き止めようとした」という妙な安心感を得るためにわたくしはブログを書いているのかもしれません。

2013.08.25

中国語のカタカナ表記に反対です。


ネットで見たニュースに次のような一節がありました。

----引用開始---

 習近平国家主席は腐敗撲滅のため、「ぜいたく禁止令」を出し、国民は質素な生活を強要されていることから、「死んだ毛沢東に金をかけるよりも、生きている老百姓(ラオバイシン=庶民)にもっと金をかけろ」とネット上では非難ごうごうだ。

http://s.news.nifty.com/topics/detail/130825706879_1.htm

---引用終了---

「老百姓」という中国語に(ラオバイシン=庶民)というカッコ書きをつけていますが、作者の意図がさっぱりわかりません。「百姓」と言う言葉は、日本語では通常「ひゃくしょう」と読み、農民のことを指しますが、漢文では多くの場合「ひゃくせい」と読み、庶民のことを指すことが多いです。「老百姓」という現代中国語は、この流れを汲んだ言葉です。

この記事の作者がなぜこの言葉だけ中国語にしたのかがさっぱりわかりませんが、中国語を出すのなら、読み仮名は「ろうひゃくせい」であるべきです。カタカナでは中国語を表現できません。

日本語と中国語は、発音が全く違う別言語でカタカナ表記が不可能であることをここで言いたい。

2013.08.18

退院しています。

報告が遅れて申し訳ございませんが、私は8月9日に退院いたしました。入院したのが7月19日ですから、ちょうど3週間の入院生活となりました。

肝心の症状のほうは、幾分回復して参りましたが、まだまだコンピューターの文章入力などに非常に問題があるような状況です。

日常生活を送る分には問題は無いのですが、やはり以前やっていた長距離走などはとても望めないのが現状です。

最終的にどこまで回復できるか、まだわかりませんが、運動はできる範囲でやっていくしかなさそうです。

以上、中途半端な状況でわれながら忸怩たるものがありますが報告いたします。

« July 2013 | Main | October 2013 »