My Photo
June 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« December 2017 | Main | February 2018 »

January 2018

2018.01.28

風邪をひいてしまいました

情け無いことに風邪をひいてしまいました。1月20日に天体観測会に参加したのですが、その時に身体を冷やしてしまったようです。

症状は主に鼻に出ており、少ししんどいです。鼻水に色がついており、ちょっと長引くかもしれません。

2018.01.23

スロージョギング始めました。

もう始めて二、三カ月になると思うのですが、スロージョギングを始めました。目的は衝撃耐性の向上(要するに身体の基礎作り)です。スロージョギングなどとカッコよく言っておりますが、実質は早歩きの速度で跳ねているだけで、側から見ると、実にカッコ悪いシロモノです。最大の利点はなんと言っても、お気軽さでしょう。歩いているのとほぼ同じ強度のため、歩ける状態の時は問題なくできます。ランニングであれば、食後すぐはできませんが、スロージョギングならできます。また、服を着替えたり、ウォーミングアップやクーリングダウンもいりません。まあ、それなりの効果しかないのですが、何もしないよりはマシでしょう。心拍数もこの前測ったら120くらいにはなっていました。

まあ、当分続けて辛くなってきたらやめる、そんなスタンスです。

2018.01.16

2017年天皇杯準決勝

これも旧聞に属する話題ですが、印象的な出来事だったので、書き残しておきます。

昨年末の天皇杯準決勝で我がヴィッセル神戸は、セレッソ大阪と当たりました。それまで、2017年の対戦成績は、ヴィッセル神戸の三連敗。わたくしもリーグ戦の二試合は現地とダゾーンで見たのですが、正直勝てる気がしない相手でした。

1サポーターの願いとすれば「プロなんだから同じ相手に四連敗はないだろう」とか「今迄3回負けて敗因分析とか、相手の弱点とか全部対策できるはず」と言った希望的観測しかありませんでした。

で、蓋を開けてみると、後半アディショナルタイムに入るまではなかなかの動きでした。今迄、敵にワンタッチで繋がれて簡単に守備を崩されていたのが、今回はよく守れていたし、攻撃もチャンスこそ少ないけど、いい場面もありました。そして、最後の最後である90分、大森選手が上げたクロスがゴールに吸い込まれ、待望の一点が入りました!この時、わたくしを含めた全神戸サポーターは、正月の国立競技場への道が見えたはずです。残りのアディショナルタイムさえ凌げれば決勝に進出できたのです。

ところが、その1分後、すぐに同点にされてしまいました。その後、延長戦で2点を入れられて、我らがヴィッセル神戸は準決勝敗退となりました。

今になって振り返ってみれば、「先制してその後すぐ追いつかれ、加点されて負け」といういつもの負けパターンでした。今回はそれが後半アディショナルタイム寸前から始まっただけに過ぎません。

また、敗色濃厚となってから、ふと思ったのは、「今年のチームの公式戦はこれで最後なんだなぁ」ということです。サッカーチームは、シーズンが変わるとチームも変わります。すでに移籍や新加入の情報が公表されていますが、ヴィッセル神戸も2018シーズンは陣容が変わります。そう思うとなんだか寂しい気分になり、シーズンにあった色々なことが頭をよぎりました。試合後、藤田選手が似たようなコメントを出していて、「選手も同じような感じるんだなぁ」と思いました。

以上、とりとめもなく、書きました。

2018.01.02

明石市立天文科学館

わたくしが住んでいる明石市には、明石市立天文科学館があります。

わたくしが高校生だった頃、プラネタリウムの演目が変わるたびに行っていました。あの頃は今と違ってプラネタリウムの演目は、三カ月に一回くらいで新しくなっていました。最近通っている職業訓練所がちょうど天文科学館のそばにあるので、ここ三カ月くらいは毎月通っています。

通ってみて思ったのが、「人類は進歩しているのか」という疑問です。まず、プラネタリウムの演目が30年前とそんなに変わりません。新しい発見でコペルニクス的転回が、みたいなことはこの30年間ほぼなかったようです。この間見た宇宙開発の歴史に関する演目などを見ていると、人類はアポロ計画以後退化し続けているような印象すらあります。

あと、印象的なことは、高校生の頃は三カ月に一回くらいでプラネタリウムを見ていたので、星の名前や位置などがよく記憶できず、ある意味毎回新鮮だったのですが、今は毎月見ているからか、プラネタリウムを見ていると、「はいはい、これは夏の大三角ね」とか、「ベガとアルタイルが七夕のアレで‥」など、聞き覚えがあることばかりになっています。これなど、「海馬の記憶は一カ月ほどしか保存されない」という学説を実証している感があります。

などと、今回もとりとめのない内容の文でした。いずれにしても、明石市立天文科学館は、明石の誇りだと思います。今は「友の会」にも入ったし、来月は天体観測会にも参加します。

« December 2017 | Main | February 2018 »