My Photo
September 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« September 2021 | Main | November 2021 »

October 2021

2021.10.27

肉離れになる

2021年10月13日になりました。

いろんなことがあって、当ブログので更新が滞っているのですが、一番大きいのはこれです。

何故なったかについては書きたくないので書きません。

なってしまったのはどうしようもないので、今は治療に専念しています。

早く自転車を思いっきり漕げるようになりたいです。

2021.10.22

息子を引っ張る

引っ張ったのは、2021年10月10日のことです。

もともとは、息子がマンガの影響を受けて「自転車が欲しい」などと言い出し、妻がクロスバイク(ルック車)を買ってあげたのが始まりです。一応毎日走ってるみたいなので、メガネを作ることを条件に家の近くを走る国道250号線を走ってみました。

土曜日の朝6時というゴールデンタイムを選んだのですが、当日自分の自転車の前輪がパンクするというアクシデントがあり、急遽ママチャリでルック車を引っ張ることになりました。

ママチャリだったので、不安でしたが、相手のルック車は時速20kmを超えると置いてかれる始末。多分、時速18kmくらいの巡航速度が最適かな?という感じで、ママチャリでも充分お相手できるレベルでした。

まだ厨房なので仕方ないですが、今後成長して、わたくしを引っ張ってくれるようになることを期待します。

2021.10.12

【備忘録】象の聴覚

象は足の裏で低周波(人間には聞こえない音)を感じることができる。象は普段から低い音を出して意思疎通を行っており、地面を伝わる低周波だと、晴れた日には10km先まで伝わる。

普通の音は耳で直接聞く。象の耳は大きく血管がたくさんあり、パタパタさせることで体温を下げる効果もある。

2021.10.11

失敗は成功のもと

標題の言葉は人口に膾炙されていて、子どもでも知っている言葉です。成功は失敗の山の中から生まれるものです。だから、成功していない人は失敗が足りないとも言えるし、成功したければもっと失敗しなければならないとも言えます。

しかし、ただ失敗すればいいというものでもありません。失敗の中から何かを学び取らなければなりません。そのためには失敗の原因を明らかにする必要があります。そうすることによって、失敗の数を減らすことができます。

ただ、問題はこの失敗の原因を明らかにするということが非常に難しいということです。往々にして、対策が成功して初めて真の原因がはっきりするということになりがちです。それくらい失敗の原因を明らかにするのは難しいです。特に自分のことは自分が一番よくわからない。コーチなど、近くにいろいろ教えてくれる人がいればいいのですが、そういう人もいない場合、ドツボにハマりやすいです。

また、焦って対策を同時にいくつも打ちたくなるものなのですが、そうすると改善したとき、失敗の原因がどれだったのかがわからなくなるので、一個ずつ打っていく方が良いです。

まぁとにかく、失敗の原因を明らかにするのは難しい。

2021.10.05

〇〇と思っていてー

NHKラジオの中で個人的に一番嫌いな番組は「著書からの手紙」という番組です。なぜ嫌いかは置いといて、この前、不覚にしてそれを聞いてしまうという事態に陥ってしまいました。

そこでは、とある小説家の先生が自分の著書について語っていました。残念ながら、内容は全く頭に入って来ませんでした。逆に心に刻まれたのは、標題の言葉です。この先生の口癖のようで、連発されていました。〇〇の部分には如何にも今風なお花畑的言葉が入ります。そして、キモは最後の部分を伸ばすことで、これにより現役時代の故ノリック選手のような子供っぽさを醸し出していました。

おかげで一週間あまりこの言葉が脳内再生される始末でした。この先生、NHKラジオに出てくるくらいだから、さぞや高名な先生とお見受けするのですが、小説を書いて何かを伝えることは素晴らしくても、ラジオで話して何かを伝えることはできないタイプのように思えました。少なくともわたくしには特徴のある喋り方以外、何も伝わっておりません。

« September 2021 | Main | November 2021 »