My Photo
January 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« November 2021 | Main | January 2022 »

December 2021

2021.12.24

起床時間を1時間遅らせる

自分は、睡眠が浅い方で、いつも睡眠不足の問題に悩まされています。そんなある日、疲れていたせいか、起床後二度寝をしてしまい、いつもより30分遅く起きてしまいました。その時は、普通に出勤できたので、それから、30分遅く起きるようにしました。

それからしばらくして、また、30分二度寝をしてしまいました。その時も何とかなったので、今は元の時間より、1時間遅く起きています。

その陰には、子守さんのラジオがなくなったということがあります。実は、今までは子守さんのラジオを聴きながら記述式の雛形を書き写すという勉強をしていたのですが、子守さんのラジオが打ち切りになったため、できなくなりました。今は別の方法を考えていますが、それはさておき。

そんなこんなで1時間遅く起きてもなんとかなっています。ただ、せわしなくなっていますので、ブログ更新も今までのようにゆっくり時間をかけて、というわけにはいきません。ちょっと更新頻度が落ちるかも知れません。

2021.12.18

潦倒新減濁酒杯

自分はお酒が大好きです。タバコはやめられたけれど、お酒はやめられません。なので標題の言葉になるのですが、「停」ではなくて、「減」しかできないのです。


禁酒できていた期間もあるのですが、いろいろな経緯を経て、今は一週間に一度か二度の休み前に飲むこととしています。

量はビール350mlとウイスキーかブランデー60ml(これは計量カップで計ります)。いろいろ試してみてこれくらいが胃にダメージを与えないことがわかりました。

こういうのは、個人差があるので、自分で人体実験するしかないです。勉強もどれくらいの周期でどれくらい忘れるかなど、試しながらやっています。

2021.12.13

若さに対する羨望について

自分もずいぶん歳をとって、人生のアディショナルタイムを生きている実感があります。つまり、切れる交代カードは切って、出ている選手は残った体力を使い切ってでも「点を取れ」或いは「守りきれ」という時間帯です。

こういう歳になると、周りの人からよく「若く見える」などと言われることがあります。多分、周りの人は機嫌取りか何かで言っていると思うのですが、自分はそういう言葉を聞くたびに「自分も歳をとったんだなあ」と感じます。

歳をとったということは、ただそれだけのことであり、別に大きな意味はないのでしょうが、自分は歳をとってよかったと思っています。

自分の若い頃は、人生の目標らしきものはあったのですが、特に努力をするでもなく、そのくせ妙に自分には可能性があると信じ込んでおり、社会に対する不満とか、くだらない悩みとかに苛まれ、同じところをぐるぐる回っていました。

今は人生のしっかりした目標があり、それに向かって努力をしています。自分の可能性が狭くなっていることを感じてはいますが、その狭い可能性の中でできることを探し、やれることを今のうちにやっておきたいと思っています。社会に対する不満とか、くだらない悩みもありますが、問題は原因究明と対策でなんとかできる、成長できると信じています。

敢えて言います。自分は若い頃に戻りたくない。今の方が良い。そして、未来をもっと良くしていきたいです。

2021.12.06

イチロー選手の股割り

自分は身体が硬い人間で弱点を補うために毎日ストレッチしています。毎日やっているとある程度は柔らかくなるのですが、一箇所だけどうしても柔らかくならない箇所があります。それは股関節で、どうやっても硬いままなんです。それでも諦めず股割りなんぞをやっておるのですが、やっていて気付いたのはイチロー選手のことです。

イチロー選手は現役時代に打席に入るルーティンとして毎回股割りをしていました。今まではただなんとなく見ていただけだったのですが、よく考えたらあれはすごいことだったんじゃないかと思います。

物事を続けるのに最も有効な方法は習慣化することです。物事を続けるのはとても難しいです。忘れたり、面倒くさくなったり、、、でも、習慣化すると気がついたらやっているという状態になります。

そして、毎日続けるという効果は絶大なものがあります。イチロー選手のようなレギュラーだと毎試合4回か5回は打席が回ってきます。その度ごとに股割りをするのですから、その効果たるや如何ばかりか計りかねます。

今でもイチロー選手は別の形で習慣化して、股割りを続けているような気がします。

まあ、これは勝手な想像なんですがね。

« November 2021 | Main | January 2022 »