My Photo
May 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« イチロー選手の股割り | Main | 潦倒新減濁酒杯 »

2021.12.13

若さに対する羨望について

自分もずいぶん歳をとって、人生のアディショナルタイムを生きている実感があります。つまり、切れる交代カードは切って、出ている選手は残った体力を使い切ってでも「点を取れ」或いは「守りきれ」という時間帯です。

こういう歳になると、周りの人からよく「若く見える」などと言われることがあります。多分、周りの人は機嫌取りか何かで言っていると思うのですが、自分はそういう言葉を聞くたびに「自分も歳をとったんだなあ」と感じます。

歳をとったということは、ただそれだけのことであり、別に大きな意味はないのでしょうが、自分は歳をとってよかったと思っています。

自分の若い頃は、人生の目標らしきものはあったのですが、特に努力をするでもなく、そのくせ妙に自分には可能性があると信じ込んでおり、社会に対する不満とか、くだらない悩みとかに苛まれ、同じところをぐるぐる回っていました。

今は人生のしっかりした目標があり、それに向かって努力をしています。自分の可能性が狭くなっていることを感じてはいますが、その狭い可能性の中でできることを探し、やれることを今のうちにやっておきたいと思っています。社会に対する不満とか、くだらない悩みもありますが、問題は原因究明と対策でなんとかできる、成長できると信じています。

敢えて言います。自分は若い頃に戻りたくない。今の方が良い。そして、未来をもっと良くしていきたいです。

« イチロー選手の股割り | Main | 潦倒新減濁酒杯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« イチロー選手の股割り | Main | 潦倒新減濁酒杯 »