My Photo
August 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« December 2021 | Main | February 2022 »

January 2022

2022.01.25

東京の地名について

自分はカラオケも好きですが、懐メロも好きです。小学生の頃、懐メロブームがあり、自分もよく懐メロ番組を見て、友達と一緒に懐メロを歌ったりしました。さらに自分が歳を取ったこともあり、知っているたくさんの曲が懐メロ化しました。

さて、そんな自分ですが、ある時『東京ラプソディ』という曲をYouTubeで聞いてみました。この曲は当時の東京の素晴らしさを歌ったものですが、出てくる地名は「銀座」と「神田」と「浅草」です。自分は東京の地理にはとんと疎いのですが、「銀座」はともかく、「神田」は古本屋さんがたくさんあるとこ、「浅草」は寅さんが出てくる下町というイメージしかありません。

で、よく考えてみると、東京の地名って、ひどいものが多いですね。例えば、「渋谷」ですが、この名前の酷さは、昔の人が「ここは良くない土地だから近づくな」という警告を後世の我々に伝えたかったんじゃないかと思わせるくらいです。

あと、「六本木」ですが、ここも代表するものが六本の木しかない荒涼とした土地をイメージさせます。六本の木は今もあるのでしょうか。

「新宿」や「原宿」と言った「宿」がつく地名も何かチンピラや遊女が徘徊している土地のような印象を受けます。特に「原宿」は、「野宿するところですか?」と思ってしまいます。

これはあくまでゲスの勘ぐりなんですが、家康が来るまで江戸はかなり荒れ果てた状態だったのでこういう酷い地名が残っているのでしょうね。

2022.01.15

カラオケにハマる

世間では第五波とやらが終わり、第六波とやらが始まっているそうです。これはその第五波とやらと第六波とやらの間の頃の話です。

第五波とやらが落ち着いたころ、久々にカラオケに行ってみました。これがやたらに面白く、ハマってしまいました。その後も行ったりしたのですが、その矢先にこの第六波とやらですよ。

当分見合わせますが、また行けるようになったら、行きたいですね。

2022.01.13

逃げないこと

自分の今までを振り返ってみて、逃げることで多くの失敗をしてきたような気がします。何か問題に直面したとき、すぐに向き合わずに逃げてしまう、特にとっさの判断を迫られた時にそういう傾向があるような気がします。

自分は反射神経が鈍く、頭の回転が遅いため、とっさの判断が苦手です。そういう時、往々にして「まぁいいや」という形で逃げを打つことが多く、それがために多くの失敗をしてきました。

それをここに書いたからといってどういうことにもならないのですが、とりあえずここに書くことで自分の弱点を明確にしておきたいと思います。

完全な克服は難しいですが、次に繋げたいと思います。

2022.01.07

楽しかった誕生日

若い頃、ディックフランシスというイギリスの推理小説作家が好きで、たくさん読んでいました。細部に渡るまで、人間心理を鋭く描写した表現力と主人公のかっこよさにしびれていました。そのディックフランシスの小説の中で、誕生日が12月24日である主人公が出てくる小説があります。確かクリスマスなんとかという名前の主人公だったのですが、最初の方で「クリスマスイブが誕生日であることが如何にくだらないか」が書かれており、その後も初対面の人に名前の由来を聞かれ、その度に先ほどの持論を繰り返す、というやりとりがありました。その「誕生日がクリスマスであることが如何にくだらないか」という主人公の持論が、同じ境遇である自分にピッタリな「あるある」でして、とても共感を抱いたものでした。

というくらい自分の誕生日が嫌いだったのですが、今回の誕生日はピザを頼んでみました。前回はヘネシーを買ったのですが、これだと自分しか楽しめないし、今は別にいいお酒を入手できているので、今回は変えてみました。しかも、クリスマス期間ということで、安売りをしていたようです。

というわけで、今回のクリスマス、じゃなかった、誕生日はピザを子供と食べました。サイドメニューのハーゲンダッツも久しぶりで、お金のあった彼の国にいたころを思い出しました。ピザも美味しくいただき、幸せな気分でいたところ、妻がケーキを買って帰宅しました。曰く、「スーパーで見たから買ってきた」そうで、工場で大量生産されたようなケーキでしたが、それでも誕生日気分を盛り上げてくれました。

なんだかんだで、結局、お手軽に誕生日を楽しめたのも誕生日が特別な日と重なったおかげでした。誕生日がクリスマスイブというのも、悪くないものです。

« December 2021 | Main | February 2022 »