My Photo
February 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« February 2023 | Main | April 2023 »

March 2023

2023.03.21

2023年3月1日元町、三宮


わたくしは某資格予備校のコースを受講していますが、その中におまけとして、模試が入っています。模試を受けるためには、受験番号を取らなければならないのですが、その申込期限をうっかり過ごしてしまうというミスをしでかしてしまいました。


ただ、幸いにも過ごしたのは郵送による申込期限で、窓口での申込期限はまだ過ごしていませんでした。そこで仕方なく三宮に出向くこととなりました。


西明石からだとちょうど元町と三宮のところでJR西日本の運賃が違い、元町で降りたら70円ほど安く済みます。元町から三宮までは、歩いて10分くらいですので、なんてことありません。


というわけで、元町で降りて、途中秘密のコンビニでキシリトールガムを爆買いするなどしながら、某資格予備校の三宮校に行きました。帰りも元町からJR西日本に乗ったのですが、その前に天下一品に行ってしまいました。結局何のための節約なのかということになりましたが、おいしかったのでヨシとしましょう。


帰りのJRでは、ダイヤの乱れにより、新快速がノロノロ運転になり、国道二号線の車にビュンビュン抜かれるという珍しい体験もしました。


以上、コロナ禍以来、滅多に外出しなくなったので、珍しい外出をここに記録しておきます。

2023.03.08

美術教師の脅迫に屈しなかった話


今回は中学時代の話です。


わたくしが中学三年生だった頃、ある美術の作品を提出しませんでした。その時、美術教師が今から考えるととんでもないことを言い出したのです。


それは、「あなたが作品を提出しなければ、内申書の成績を10段階の一番下である1にせざるを得ない」というものでした。


これは、事実であったかも知れません。しかし、中学三年生にとっては人生を左右するくらい重要な内申書を人質にとって、相手を自分の思い通りに動かそうという行為でもあります。つまり、卑劣極まりない行為です。


残念ながら、当時のわたくしはバカだったので、それが脅迫に当たるということには思い至りませんでした。ただ、言いようのない屈辱感というか、反感のようなものを感じました。それともともと怠け者だったので、作品製作自体が嫌だという気持ちもありました。


結局わたくしは、作品を提出しませんでした。わたくしが世渡り上手なお利口さんだったら、そそくさと作品を提出したでしょう。しかし、生徒の中には、そんな計算すら出来ないバカモノがいるとはその美術教師も思わなかったでしょう。彼女の目論見は見事に失敗したのです。


このことは「事実であったかも知れません」と述べましたが、実は事実でした。進路指導のとき、先生がわたくしに「普通なら大丈夫だけど、内申書に一科目だけ1がついてるから、なんとも言えない」と言われました。


しかし、結果として、わたくしは志望校に合格し、言うことを聞かない生徒の人生を破壊しようという美術教師の目論見はここでもうまくいきませんでした。


もし、美術教師の目論見通り、高校に合格できなかったとしても、何か別の人生があったでしょう。わたくしは卑劣な脅迫に屈しなかったのですから。


« February 2023 | Main | April 2023 »