My Photo
March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

2019.02.09

欧米人の名前をカッコイイと思ってしまう人たちへ

欧米人の名前は、その多くが聖書の偉人から取っており、我々異教徒には、意味不明なものが多いです。別にカッコイイからとかいう理由でジョンとかメアリーとかつけているわけではありません。(ちなみにジョンとかメアリーとかもニックネームで本名ではない)それらは、名付けた人がその子供に対する想いを込めたもので、敬意を表すべきものです。カッコイイとかカッコ悪いとかそういった価値観とはかけ離れたところに存在するものです。

翻って、自分の名前を見てほしいのですが、そこにも同じような想いが込められており、同じように敬意を表されるべき存在です。

だから、欧米人の名前を見て「そこに痺れる、憧れる」的反応を示すことはありませんよ。

2018.11.24

京のかたな展

三日月宗近を見に行きました。博物館に入るまで1時間半並び、中でも最前列で見るために並びました。外は寒かったので、結構大変でした。以下に箇条書きで感想を。

1.阪急の梅田と河原町で、特急列車が座席バッタンした。

2.京都の地下鉄に乗ったら、駅のアナウンスで「この電車は奈良行き」とか言っててビビった。

3.京阪七条駅の初見殺し改札のワナをくぐり抜けたが、特急列車のプライムシートのワナに引っかかった。

4.でも、京阪の二階建て車両に乗れて楽しかったよ。地下だったので風景なしだったけどw

5.JR明石駅を発車後、誰かが非常停止ボタンを押したらしく、列車が緊急停止した。

なんか鉄分多めですが、一番よかった鉄は日本刀でしたよ。

2018.11.17

ノルディックウォーキング3

今回は、ノルディックウォーキングについて書きます。

今、ノルディックウォーキングは週に4回のペースを目安にしています。主に通勤をノルディックウォーキングで行なっているのですが、習慣づけるという意味でこれはいい方法かなと思っています。距離は往復で10kmちょいで、4日続けるとさすがに疲労します。

雨の日はできないので、天気予報をにらみながら、週間予定を決めています。

歩いていると、自転車だと気づかないことに気づきますね。例えば、ため池に渡り鳥が飛んできたとか、自転車通学の高校生のファッションとか。

あと、以前は行きはウォーキング、帰りはスロージョギング、だったのですが、これだと身体への影響が大きすぎるので、今は往復共にウォーキングにしています。

ウォーキングに関しては、山本浩司先生の講座を聴きながら行っていて、実はこれが一番大きな要素なんですが、これについて書き出すと長くなるのでまた別の機会に。

2018.08.28

台風19号

8月23日深夜、台風19号が姫路市に上陸しました。我が家も被害を受けました。主に雨漏りで大体10箇所くらい受けました。

当時、家にいたのは、わたくしと子ども二人でした。家が風で大きく揺れたので、子どもが怖がったので、下の子は揺れのない一階にいさせて、テレビで情報収集するように言いつけました。上の子は、積極的に雨漏り受けを手伝ってくれてとても助かりました。

そのうち、停電になり、家の中が真っ暗になりました。この時役に立ったのは、百円ショップで買った手元用ライトです。これで明るくして、ラジオを聞いて情報収集しました。

台風の速度が速く、停電してから1時間くらいで豊岡に抜け、安心したので、みんなで寝ました。

2018.07.22

ノルディックウォーキング2

四月にノルディックウォーキングのポールを買った話を書きました。

その後、大阪城公園で初心者講習を受けました。ここでいろいろ教えてもらったのが良かったです。

買った直後から通勤に使いました。片道5.6kmの道のりを最初は帰りだけ歩いて慣らしていきました。最初は、週に一回でしたが、徐々に回数を増やして慣らしていったあと、往復を歩くようにしました。

そして、梅雨入りと同時に「行きは歩き、帰りはスロージョギング」という形を取り入れています。

目的は身体の基礎づくりです。今の猛暑の中、上記往復をするのはかなりきついです。今の感じだと週に2回くらいがいいですかね。

まぁ、徐々にやっていきます。スロージョギングも歩いたり、走ったりという感じだし、きつかったら、もとに戻して様子を見ながら頑張ります。

2018.07.16

はやく老人になりたい!

わたくしも、すでに波平さんの年となり、外見からも「にいちゃん」ではなくなりました。自分でも、「すでに中年と呼ばれるのも烏滸がましく、老年の域に達しつつある」という自覚はあります。

そんなある日のこと、郵便受けに兵庫県共済のチラシが入っていて、様々な保険の宣伝が書いてありました。その中で目を引いたのが「熟年プラン」というものでした。なんとその「熟年プラン」なるものは、65歳からでないと加入できないとのことで、つまり、この分類によればわたくしが熟年になるには後10年以上かかることになります。

わたくしが子供のころ、波平さんは定年間近で、盆栽を育て、趣味が俳句だったりと枯れた老人キャラでした。それが今や同じ年齢で熟年にすらなれないとは!

さらにイヤな予感として、10年後晴れて熟年になれると思っていたら、人生の先輩方が大量に生き残っていて、「熟年プラン」は75歳からとか、後期高齢者は85歳から、とかになってそうな気がします。

自分が老いていくスピードより、社会が高齢化するスピードが速く、永遠に老人になれず、いつまでたっても若造なんて、イヤです。

はやく老人になりたい!

2018.06.12

たまねぎリレーマラソン

6月3日に淡路島たまねぎリレーマラソンに参加してきました。

ウチのチームは、42キロの部に参加したのですが、わたくしは、1キロづつ6回走りました。最後の一周は思い出づくりの為に馬のかぶり物をかぶって走りました。

馬の被り物は苦しかったですが、たくさんの人が応援してくれて嬉しかったです。

また、機会があれば、参加したいです。

2018.04.18

ノルディックウォーキング

ノルディックウォーキング用のポールを買いました。安い買い物ではないので、ちょっと悩みましたが、こういう投資を躊躇してはいけないと思います。

買った以上は、これを活用していきたいと思います。調べたところでは、結構コツがいるようなので、いろいろやりながらつかんでいきたいと思います。

2018.04.05

パーツを組み合わせて作る

発端はプリティメイズというロックバンドです。若い頃、このバンドが好きでCDを何枚か持っていました。あるとき、プリティメイズのリーダーのインタビューかなにかで曲を作るときの話が載っていました。それによると、彼らが曲を作るとき、最初から最後までまとめて作るのではなく、パーツごとに作っていくのだそうです。そして、パーツを組み合わせて一つの曲にするといったような内容でした。

このパーツごとに作るというやり方、特に漢詩を作るときなど参考にしています。実はこの文章を含むブログに載せる文章もちょこちょこ書いています。1日に文章一個だけとか。「最初から最後まで一気に書こう」と意気込むとかえって重たくなって何もできない性格なので「とりあえず文章一個だけ」と軽い気持ちで取り掛かるようにしています。そうやってはじめてみると、作業興奮が起こることもあります。特にもう少しで終わりそうなときですね。

時々忘れてしまっていることもあるのですが、こんな感じで数ヶ月続いています。

2018.03.27

安藤百福さんと塩

子供の暇つぶしのために図書館からいろんな本を借りてきているのですが、その中で安藤百福さんの伝記を読んでいて、面白いと思ったことがありました。それは、終戦後に塩の密造をしていたという部分です。その本によると、近所の若者を使って、結構大規模なものだったようです。

同じようなことは、本田宗一郎さんもされていたようです。身近なところでは、わたくしの祖父が同じようなことをしていたそうです。父によると、祖父の塩密造は家族経営だったようですが、結構大変だったみたいです。

そんなこともあって、このエピソードに親近感が湧きました。

より以前の記事一覧